私の恋したテリウス第7話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


私の恋したテリウス第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第6話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第7話のネタバレ!

エリンは双子が1億ウォンのバッグを汚してしまったことを同じマンションの主婦たちに打ち明けるとウナは「バッグのブランドを突き止めて、番号についても聞いてね」とバッグを探し始めました。

その後、会社に戻るとヨンテに「ミラノ行きの航空券を予約しろ」と言われます。エリンは「会社にお戻りになられますか?」と聞くと「とりあえず待ってろ」と指示されます。

ボンはベビーシッターに戻ると、ジュンスはお漏らしをしてしまいます。ボンはジュンスをお風呂に入れ、パンツを洗濯し干してあげました。

その夜、会社に戻って来たヨンテにエリンは「航空券の予約確認書を机に置いておきました」と報告すると「私が不在の時は会社に来なくていい」と言われます。

そう告げ、オフィスに戻ろうとするヨンテをエリンは呼び止めると「代表。家を売ってバッグの代金を弁償します」と伝えました。すると「弁償しなくてもいい。その代わり違う形で代償を払え。だが今は考える余裕がない、帰国後に話そう」と言われます。

エリンは家に帰ると「なぜお金を受け取らないの?1億なんてはした金なのかしら。まさか代わりに臓器を差し出せとか?」と想像していました。ふと横に目をやるとボンが干した洗濯物が。それを見たエリンは「洗濯させちゃってごめんなさい」とボンにメッセージを送りました。

ボンはそのメッセージにどう返事をしようか悩んでいるうちに、間違って怒っているスタンプを送ってしまいます。それを受け取ったエリンは「どうしよう。やっぱり怒ってるみたい。お漏らしの洗濯までさせられたら頭に来るわよね」と考えると「こんな夜分にメールなんか送ってすいません」と送るとルームを退出してしまいました。

エリンは「疲れてるのにイライラさせちゃったかも」と落ち込んでしまいました。

翌朝、ランニングに出かけたボンはジヨンと会うと「会社を調べたか?」と聞きます。「バッグの輸入会社よ、表向きは至ってまとも」と聞いたボンはさらに「代表は?」と聞きます。ジヨンは「チン・ヨンテ35歳。アメリカ生まれ。書類上はいわゆるエリートになってる」と言うと国家情報院対外秘の資料をボンに送りました。

その後、エリン、ボン、主婦たちが集まり朝食を食べているとバッグに関する話が始まりました。ウナは「友人から報告が。エリンの会社は怪しい。バッグを作っていたのは小さな会社で、有名な職人の手作りなんて嘘。つまり安物ってわけ。私の勘だとエリンの会社は詐欺会社ね」と話しました。

その話を聞いたエリンは「つまりあの代表が私を騙したってこと?私は毎日眠れないほど悩んでたって言うのに?惨めな私を見て笑ってたのね」と怒り出しました。

ヨンテがミラノに行ってるのをチャンスと思ったエリンは秘密の部屋の暗証番号を割り出し、ドアのロックを解除しました。部屋に忍び込むと、そこには何個ものバッグが並べられていました。さらにはバッグの下には不思議なネームプレートが付けられていました。

1つのバッグを手にとり、開けてみるとそこにはエリンが汚してしまったバッグと違う番号が書かれたバッグが。疑問に思ったエリンは全てのバッグの写真を撮り、パソコンに打ち込みました。

その頃、予定より早く帰国したヨンテは新任の国家安保室長チョン・インテクとの面会に向かいました。

ヨンテはバッグを差し出すと「1億の振り込みでご承諾と理解します」と告げました。インテクは「振り込みは気が進まない」と渋るものの「室長は我が社のバッグを購入し代金を払っただけです。後に10億と元金の1億、合計11億をお渡しします」と交渉されると、インテクは頷きました。

インテクの動向を見張っていたボンとジヨンは、ヨンテもインテクと同じお店に入っていくのを見かけます。ボンは慌てて車を飛び出し、ヨンテの手に握られているショッピングバッグを目にすると「軍需不正を代行する会社だったんだ」と感づきました。

スポンサーリンク


ジヨンにヨンテの説明をしていると、エリンが秘密の部屋に忍び込むと言っていたことを思い出します。ボンは「会社と代表を再調査しろ。じゃあな」と告げるとエリンの元へ向かいました。

エリンはパソコンを調べていると、ボンから電話が。「今すぐ会社を出てください。ロビーで会いましょう」と伝えると「今忙しいんです。ここまで来るなんて問題でも?」と聞かれてしまいます。理由を言えないボンは「それは、会いたいから。会いたいのですぐにロビーに来てください」と告白し、電話を切りました。

エリンはボンのいうことを聞かず、資料をUSBにコピーしてから会社を出ました。

会社を出ると、男性にぶつかってしまいます。その時、以前にソンスともぶつかったことを思い出し「あの人、会社で見た人だったんだわ」と気づきました。

エリンはボンに電話をかけると「用事ができたので着いたら待っててください」と伝えます。ボンは「何もせずに出てきてください」と静止しようとするものの、エリンは「会社からは出ました。後で話しますから」と告げると、病院へ向かってしまいました。

病院に行き、ソンスのことを聞いたエリンはボンに電話をかけると「大発見をしました。うちの会社違法行為をしてるみたい。葬儀場で確認したんですが、会社で見た人物はムン安保室長だったんです。でも、奇妙なことに彼は夫と同じ日に死んだんです」と報告します。ボンは「他に情報は?」と聞くと「バッグのリストを入手しました」と言われます。ボンは「近くに不審者がいないか確認を。タクシーですぐここへ。今の話は口外しないでください」とエリンに指示を出しました。

なかなか来ないエリンに痺れを切らしたボンは電話をすると「ちょっと待って、なんなの」とエリンの叫び声が聞こえてきます。エリンは黒い車に乗った何者かに誘拐されてしまいました。

私の恋したテリウス第7話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

私の恋したテリウス第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第7話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば私の恋したテリウスを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第7話の感想と考察

ボンはジヨンと会っていたのをマンションの住人に見られてしまい、それをエリンたちの前で言われてしまいます。その帰り、ボンはエリンに「さっきの恋人の話ですが」と説明しようとしましたが「祝福します」と言われてしまいました。その時のボンの表情を見ると、ボンはエリンに好意を抱いている様でした。好意を持っている人にそう声をかけられてしまいショックを受けたのだと思います。

また、主婦たちはエリンが汚してしまったバッグが安物という情報を手に入れ、ヨンテの会社が怪しい会社ということまで調べあげていました。主婦たちの情報網はすごいです。それを知ったエリンは頭にきてしまった様でした。家を売る覚悟をしていただけに怒っても仕方ないと思います。

手を組むことになったボンとジヨンは情報を共有し合い、徐々に事件の全貌が明らかになってきます。2人でインテクのことを尾行していたおかげで、ヨンテの会社が軍需不正を代行する会社だったということに気づきました。ここまで知ったボンはこれからどんな行動を取るのでしょうか。

エリンはヨンテがいない間に秘密の部屋に忍び込むと、バッグの情報などを写真に収めました。さらにはパソコンに入っているデータもUSBに移し、事件解決の鍵となる情報を全て持ち出しました。全ての情報を見たエリンはボンたちよりも先に事件の真相に気付いてしまいそうでした。

エリンからの電話でそのことを聞いたボンはその情報を受け取ろうと会社に呼び戻しますが、エリンは何者かによって誘拐されてしまいました。エリンを誘拐したのは一体誰なのでしょうか。ヨンテなのかケイなのか、それともヨンシルなのか。非常に気になります。

エリンが誘拐されたことを知ったボンは、武装し助けに向かおうとしていましたが、エリンの居場所を突き止めることができるのでしょうか。

まとめ

以上、私の恋したテリウス第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です