私の恋したテリウス第11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


私の恋したテリウス第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第10話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第11話のネタバレ!

NIS内に情報が流出していることを聞かされたボンは「ムン室長を暗殺した組織の指示伝達サイトだ。牡羊座に魔術師が出ると、あの殺し屋が現れ誰かが死ぬ」とゴールド・クローバーのサイトをジヨンたちに教えました。ジヨンに「このサイトはどこで?」と聞かれると、ボンは過去のことを語り始めました。

3年前、ケイを追い詰めたボンは背後から何者かに撃たれてしまった直後、ケイのスーツのボタンを引きちぎって手に持っていました。

R3に連れて行かれたボンはヨンシルから「白状しなさい。キャンディが渡そうとした最後の資料をどこに隠した?キャンディが死んだ後、現場を離れた理由は?誰の指示を受けた?キャンディを撃ったのは誰?」と尋問を受けました。

ボンはヨンシルの服のボタンとケイのボタンが一致していることに気づくと「クォン次長の服にも同じものが付いていた。キャンディ狙撃犯の物だ。次長が暗殺に関与しているのでは」と感づきました。

それでも自白を迫るヨンシルにボンは「どかないと怪我するぞ」と告げるとヨンシルに頭突きをし、脱出をしたのです。

R3を脱出した後、ボンはポーランドへ事件の手がかりを探しに向かいました。手がかりを探して歩いているとゴールド・クローバーの店を見つけます。

店の中を覗くと、そこにはヨンギョンを尾行していた男がいたのです。それを見たボンは「キャンディを監視してたのは北朝鮮じゃなかった。第3の組織がある。南北の和平を望まない私欲にまみれた首謀者とその手下たちだ」と気づいたのです。

その話を聞いたドウは「新しいカードの意味は?」とボンに聞くと、ボンは「何かを企んでるんだ。気になるのは座標の位置だ。何を意味してるのかわからない。さらにチン・ヨンテまでここに現れた」と答えました。さらにドウは「女教皇だから殺し屋が女とか?もしくは標的が女?」と推理を話すと「確実な情報はないが、ここで何か起きるのは確かだ」とボンは言いました。

ボンのことを調べさせていたヨンテは運転手からボンの経歴表を受け取ると、エリンを呼び出しました。

エリンは「重要な話じゃなかったら、無駄にした時間を補償してもらうわ」と告げると「そうはならない。ワン・ジョンナム40歳、窃盗前科6犯。コ秘書の隣人、子守をしてる男がワン・ジョンナムだ」と聞かされます。

「彼の名前はキム・ボンですよ」と聞き返すものの「他人のことに興味はないが今回は特別に調べてやった。確認しろ」と賃貸契約書を見せられると、そこにはワン・ジョンナムという名前が。

エリンはそのことにショックを受けながら帰宅しました。すると、ボンから「就職祝いです」とバッグを渡されました。そのバッグはドウは「泥棒に盗まれました」と言っていたバッグだったのです。

ボンが帰ろうとするとエリンは「ワン・ジョンナムさん」と呼び止めてしまいます。ボンは驚くと「エリンさん…」と説明しようとすると、ボンの携帯にジヨンから電話がかかってきてしまいます。

エリンはその電話に出ると「早く来て。エリンさんは早く帰ったわ」と言うのを聞いてしまいます。驚きを隠せないエリンは「社長と知り合いなの?あなたは誰?何者なの?」とボンに聞きます。

ボンは「私の話を聞いてください。その前に謝ります、騙す気はなかった。事情があります。でもそれは話せない。ですが、キム・ボンが本名です。信じてください」と弁明しようとしますが、「弁明がましい説明を信じるべきか判断がつかない。とにかく今日は帰って」と言われてしまいます。

スポンサーリンク


その後、ボンはジヨンの元に行くと「真実を話せないのがもどかしい。エリンさんが私の偽名を知ってた。前科のことまで知ってた。信じさせて裏切ったみたいで、なおさら心が痛む」と嘆きました。

それを聞いたジヨンは「ポーランドの件を忘れた?深入りしないで。私情を挟むと作戦もおなたも共倒れに。だから、子守を止めるのね。手を引くのが賢明よ」と警告しました。

家に帰ったボンは部屋に置かれた子供たちのおもちゃを見て子供たちとの思い出を思い出し、悩み込んでいました。

翌日、エリンはウナに新しいベビーシッターを紹介して欲しいと頼み、仕事へ向かいました。

エリンはお店に出勤するとジヨンに座る様に促されます。ジヨンは「騙すつもりはなかったから不愉快に思わないで」とエリンに謝りました。するとエリンは「社長のご友人とのことです。キム・ボンとワン・ジョンナムどちらが本当の名前ですか?」と質問します。ジヨンはその質問に「ワン・ジョンナム」と嘘を教えてしまいました。

その答えを聞き、気持ちが混乱しているとジヨンは「事実を知ったから辞めますよね?」と問い詰めました。

ジヨンはウチョルと会うとヨンシルにエリンの情報が渡ったと聞かされます。その後、報告を求められると「Jインターナショナルというロビー会社を。新任の安保室長にロビー活動でバッグを渡した。ムン室長のバッグも見つけ出します」と伝えました。

私の恋したテリウス第11話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

私の恋したテリウス第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第11話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば私の恋したテリウスを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第11話の感想と考察

ボンは3年前にあったことと、ゴールド・クローバーという第3の組織が絡んでいてヨンシルがその組織と関わっているということをジヨンたちに明らかにしました。同じボタンがヨンシルの服にも付いていたということは、ヨンシルがヨンギョン殺害の首謀者なのでしょうか。

ヨンシルがボンのことを追っている理由は、そのことに気付かれたと察したからなのでしょうか。それともヨンギョンのUSBを手に入れないといけない理由があるからなのでしょうか。だんだんと黒幕の正体が誰なのかわからなくなってきました。

ボンはヨンテによってエリンにワン・ジョンナムという偽名を使っていることがバレてしまいます。しかもエリンはジョンナムという名前本名だと信じている様でした。ヨンテはどうやってそのことを調べ上げたのでしょうか。

なぜボンは前科があるワン・ジョンナムという名前を使ったのでしょうか。その名前を使わざるを得ない理由でもあったのでしょうか。そしてボンはなぜその偽名を使って家を借りているのでしょうか。理由が気になります。

ジヨンはボンに私情を挟むなと注意しながら、ジヨン自身がボンとエリンの関係に私情を挟んでしまいました。ジヨンは昔から一緒にいる自分に振り向いてくれないボンをどうにかして振り向かせたいのでしょう。だからこそ、ボンが思いを寄せ始めているエリンのことを排除したかったのだと思います。

ジヨンはボンの本当の名前を聞いてきたエリンに嘘を教えてしまったことで、エリンの心の中はさらにごちゃごちゃになってしまいました。ボンを信じたい気持ちと信じられない気持ちで揺れているエリンは最終的にどんな決断を下すのでしょうか。本当にボンをクビにしてしまうのでしょうか。

まとめ

以上、私の恋したテリウス第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です