私の恋したテリウス第19話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


私の恋したテリウス第19話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

18話のあらすじネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第18話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第19話のあらすじネタバレ!

ヨンシルは部下からドウがジヨンとテロの現場にいたと特殊部隊から報告を受けたことを聞かされます。「ドウが犯人を捕まえてテロを防いだ?現場でジヨンに協力したのは間違いなくテリウスだ」と推理をしていました。

ウチョルの元を訪れていたジヨンは「ムンのバッグは確保したのか?」と聞かれ「チンの要求を全て聞き入れれば引き渡すそうです」と答えます。

ヨンテは退院すると、ボンの家で暮らしていました。ボンは「バッグはどこだ?」と聞くものの「何度も言ってるだろ、この身が安全だとわかったら渡すと。俺をわかってないな」と答えてもらえずにいました。

ボンに「追跡されてないか?」と聞かれ「大丈夫だ」と答えるものの、ヨンテの頭の中ではコーナー・ストーンからプレゼントされた腕時計が頭を過ぎっていました。ですがヨンテは「腕時計は捨てたし、ブラザーは俺を通報するはずがない」と答えました。

翌日、ジヨンの通話履歴を受け取ったヨンシルは「主な通話相手はワン・ジョンナムです」と報告を受けます。「何者?」と聞くと「怪しい点が。ワンの住所はキングキャッスル803号室です」と聞かされます。ヨンシルは考え込むとエリンの部屋が804号室だったことを思い出し「コ・エリンの向かいの部屋。キングキャッスルに行く」と言い、キングキャッスルに向かいました。

804号室に押し入るものの、そこには人がいませんでした。「テリウスは逃げた」というものの、部屋にある子供のおもちゃを見て「これは何?」と考え始めます。過去の記憶を思い出し、主婦たちがボンと話していた人物がテリウスだと確信を持ちました。

その頃、外から帰ってきたエリンはボンの家のドアが開いているのに気づきます。怪しいと思ったエリンは部屋を覗くと、そこにはヨンシルたちが。エリンは「なぜここに?」と聞くと「エリンさん。見た目とは違って怖いもの知らずな女ね。キム・ボンを向かいに隠して私には知らないと言った。捕らえて。あなたには取り調べを受けてもらう」というとエリンは連行されてしまいます。

ヨンシルは「ついにテリウスを捕まえられる。彼女を利用して誘き出す」というとジヨンに連絡をし、エリンを捕まえたことを告げました。

ウチョルはヨンシルの部屋を尋ねると「なぜ無実の民間人を連行した」と詰め寄ります。「国際指名手配者をかくまった」と言われたのに対し「証拠はあるのか」と問い詰めるものの「私が証拠よ。私の前で嘘をついた。コ・エリンがジヨンの店で働いてるのは知ってるわよね。連行した理由としてこれなら十分でしょ」と返されてしまいます。「釈放しろ」というものの「ボンの居場所を吐けば釈放する」と言われてしまい、ウチョルは何も言い返すことはできませんでした。

ウチョルからそのことを報告を受けたジヨンはそのことをボンに連絡しました。

ボンは「とにかく方法を考えよう」と言い電話を切ると、ヨンテから「そいつがコーナー・ストーンならコさんの身が危険になる。間違いない」と言われます。

スポンサーリンク


ボンは何も言わずに家を出ると「デス・プロトコルを使いたい」とジヨンに伝えました。「そこまでするの?」とジヨンは止めようとしますが「私のせいでエリンさんたちが危険な目に。これが最善策だ」と言われ「そこまで言うならわかった」と納得しました。

ジヨンはウチョルの元に向かうと「ボンを助けてください、今すぐに」と伝えました。

ボンはウチョルと会うと手錠をかけられ、連行されました。ヨンシルの前に連れて行かれると、ボンと引き換えにエリンは釈放されました。

ヨンシルは何者かに電話をかけると「先ほどテリウスを捕らえました。ご安心を、後始末も私がやります」と告げました。

1人残されたヨンテは「ジヨンと隠れ家に行ってろ。用事を済ませたら行く。ジヨンを煩わせるな」とボンに言われた事を思い出します。

ボンはR3に護送されることになり、護送車へと乗り込みました。

ボンは連行される前、ジヨンとウチョルから「護送車を爆破、これが今回のデス・プロトコル。マンホールの上で停車、私が電話で護送要員を外に出す。そして護送車が爆破。停車してから爆破まで10秒、10秒でマンホール内に逃げて」と作戦内容を聞いていました。

護送車に乗り、記憶した経路を計算していたボンでしたが、予定とは違うところで停車してしまいます。

後ろからついて来ていたジヨンとヨンシルは「なぜ停車を?」と慌てていると、護送車が爆発してしまいました。

私の恋したテリウス第19話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

私の恋したテリウス第19話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で私の恋したテリウス第19話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば私の恋したテリウスを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私の恋したテリウス第19話の感想と考察

ヨンテは中々、バッグのある場所を教えようとしません。あのバッグが証拠として提出されれば、自分の身が危険になる事をわかっているからでしょう。ヨンテはバッグを車のトランクに隠し、どこかの駐車場に車を放置していたようでしたが、車を止めた駐車場はどこなのでしょう。

そして、ヨンテはボンと一緒に生活していく中で本当に信じられる兄弟だと思い始めているようでした。だからこそ、ボンが出て行った後に、食パンにろうそくを刺して無事を祈っていたのでしょう。

ボンはエリンが連行されてしまった事で、ついに自分からNISの前に現れ決意を固めました。自分をかくまったせいでエリンが捕まったと知って、責任を感じたのだと思います。今まで逃げて来た自分の生活を捨ててまでもエリンのことを守りたいと思ったのだと思います。

エリンも釈放されるときに、ボンの手に手錠がしてあるのを見て自分のせいでボンが捕まったと責任を感じていました。エリンもまた、ボンのことを守りたいと言う気持ちがあったからこそそのような気持ちになったのだと思います。

ボンは捕まる前にジヨンたちとデス・プロトコルという作戦を立てていました。ボンはその作戦をしなければならないと思うくらい追い込まれていたのだと思います。

作戦通り護送されていたボンでしたが、予定とは違うところで護送車が爆発してしまいました。ジヨンはボンが死んだと思っているようでしたが、ヨンシルは至って冷静な様子でした。ボンは本当に爆発に巻き込まれて死んでしまったのでしょうか。それとも、どこかに身を隠しているのでしょうか。ボンの安否が気になります。

まとめ

以上、私の恋したテリウス第19話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

20話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です