太陽の末裔第6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第5話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第6話のネタバレ!

シジンに「今日は勇敢でしたね」と褒められたモヨンは泣き出してしまいます。

泣きながらも「そこで耐えられる?必要なものは?」と聞くと「C4かRDXを。爆弾です。急にドアを破壊して出たくなりました。おかげで」と言われます。「こんな時に冗談?」を呆れると「困難なことも、やり遂げるんです。僕はね」と言われ、少し笑顔を取り戻しました。

時間になるとモヨンは蚊取り線香をシジンに渡し、病室へ戻って行きました。

病室に戻りVIPの患者は意識を取り戻したことを確認すると、モヨンを始めとする医療チームは安堵しました。その後、VIP患者はヘリに乗り、キャンプ地を去って行きました。

デヨンは空港で韓国に戻る輸送機に乗ろうと待っていると輸送機から降りてきたミョンジュと鉢合わせしてしまいます。

ミョンジュはデヨンに近づくと「追いかけてきたのにここで会うなんて。どこへ?またですか?また逃げるんですか?」と問い詰めます。デヨンは「上士ソ・デヨン、本国復帰を…」と報告するとミョンジュにビンタされてしまいます。

ミョンジュは泣きそうになりながら「作戦よね?待ってろと言って必ず戻ってくると言ってよ」と言うものの「蚊が多いです、暑くても戦闘服の着用を」と言いデヨンは輸送機に乗り込もうとします。

ミョンジュがデヨンの腕を掴むと、デヨンはミョンジュを抱き寄せ「お体に気をつけて」と伝えました。ミョンジュは突然のことに驚くと号泣してしまいました。

その頃、司令部は首席室から連絡を受けると「アラブ連盟からVIPの手術に関し非公式の要請が来ました。そんな手術は初めからなかった、メディキューブにも行ってない。一切の記録は残すなとのこと。我が政府は協力を約束しました。ユ大尉の処遇は懲戒でも表彰でも軍の判断を尊重します」と言われます。

司令官は「手術の記録は消し、ユ・シジンを出せ。懲戒処分する」と命令しました。

シジンが備品室から出たことを聞いたモヨンは食堂を訪れました。ですが、食事中だったので「また後で、食べてください」と気を使って帰ろうとすると「いや、今にしよう」とシジンはモヨンと一緒に外に出ました。

モヨンは「素直に感謝すべきよね。信じてくれてありがとう」と伝えるとシジンから「怖かった?」と聞かれます。「正直に言うと…そうね。あなたもよね」と正直な気持ちを伝えると「僕は比較的慣れてるから。それとずっと気になってました。テレビの話は本心じゃなかった、忘れて欲しい」と言われました。「本当のことだし」と言うものの「銃で脅されても患者を救った医者なのに?」と言われたモヨンは「なら違うことにしとくわ」と言い笑いました。

するとそこにムバラトゥのボディーガードたちが現れます。彼らに連れて行かれると、そこにはムバラドゥが。ムバラドゥから感謝の気持ちとアラブで見せればどんな助けでも受けられるという名刺を受け取ります。

するとシジンは「貸して、確かめてみる」というとボディーガードにその名刺を見せ、車を借りることに成功しました。

シジンは「野心はないの?私たちは命の恩人よ。なんでもくれたずだわ」というモヨンに「2時間半残ってる。30分で戻れるから2時間先生とデートします。お茶を飲もう」というと車を走らせました。

カフェでデートを楽しんでいるとシジンの元に電話が入り呼び出しがかかります。「悪いけど…」と言おうとすると「また?また行くの?いつも中断ね、韓国でもここでも。行き先は?規定上秘密?私も行っちゃダメ?」と聞かれます。

「ダメではないけど、僕が不利になる。僕たちの関係に不利に働く」と答えるものの「それでもいきたいなら?」と聞かれ渋々ながら連れて行くことに。

そこでは国連のメンバー2人の追悼式が行われていました。モヨンはフェンスの外で待つことに。

その後、用事を済ませた2人がキャンプ地に帰るとモヨンは「仲間だったの?追悼式の彼」と聞きます。「聞くのをずっと我慢してたの?戦友でした。平和を守るためです」と答えられます。「ということは、つまりユ大尉も…」とモヨンが言葉を詰まらせていると「ということで話は終わり。ほら不利になった。ゆっくり休んで」と言われ、シジンは帰って行きました。

翌日、テベク本部でシジンの懲戒委員会が行われていました。懲戒委員会でシジンは3か月の減俸と少領昇級審査の対象から除外の処分を受けます。

スポンサーリンク


その後、帰ろうとするとミョンジュと会います。ミョンジュと話していると、なぜかそこにモヨンが来ているのを目撃します。シジンは話を切り上げると本部のテントに向かいました。

モヨンは「私のせいで起きたことです。ユ大尉は何も悪くありません。私も責任を取ります」と伝えると「先生いいですか?懲戒と裁判とは違います。ユ・シジンは減封され昇級対象からも外された。責任取れますか?」と口論になります。するとシジンが現れ「すいません、出よう」とモヨンを連れ出しました。

人気のない高台に移動すると「余計なことを。出会った日に見せた銃創を覚えていますか?特殊戦司令部に赴任した日先輩に言われた、軍人は常に死に装束をまとう、戦地で祖国のために死ぬ時その場が墓となり、軍服は死装束となる。そういう覚悟でいろ。覚悟して軍服を着たなら常に誇り高くあれ。命の恩人でした。あの銃創は当時のものです。僕が下す決定には戦友たちの名誉や栄光が懸ってる。先日も同様です。全てを懸けて下した決定に後悔はありません。とはいえ、軍法違反は事実だ。これは軍の問題です。だからカン先生は関わらないで」と伝えます。

モヨンは涙を流しながら「私の心配は迷惑だったのね。ごめんなさい」というとシジンを置いて車で帰って行きました。

その後、シジンは部下に迎えに来てもらい宿舎に帰りキッチンにいると水を飲みに来たモヨンと鉢合わせしてしまいます。モヨンは気まずい雰囲気を感じ帰ろうとすると「一緒にいたいです、何度も言ってる。いかないでこちらに」とモヨンを呼び寄せます。

「水よりワインはどうですか?」とシジンはモヨンにワインを手渡すと、モヨンはラッパのみします。そして「さっきは出しゃばってすいません」と謝りました。

その後、モヨンは「お酒は好き?」と聞くと「あの日、映画を見て一緒に飲みたかった」と言われます。「そしたら完璧なデートだった」と答えると「映画は観た?」と聞かれるので「いいえ、2人で観るはずだったから。それで考えたの。今度男と観るなら人気作は避けようって。毎日記事を目にするはめになる。あの映画はユ・シジンを思い出させたから」とモヨンは答えました。

シジンがモヨンを見つめているとモヨンに「飲みたそう」と言われます。するとシジンは「飲む方法はある」というとモヨンにキスをしました。

太陽の末裔第6話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第6話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第6話の感想と考察

シジンは拘禁されていましたが、アラブ側の要望により解放されました。そのおかげでシジンは任務に戻ることができて良かったと思います。さらには、手術が成功したことによってモヨンとともにムバラドゥから感謝をされるなど、全てがいい方向に進んで良かったと思います。

シジンとモヨンは意見がぶつかり合いながらも、徐々にお互いのことを受け入れるようになっているように見えます。シジンはモヨンに「余計なことを」と言いましたが、医者が軍の本部に1人で出向き意見することはそう簡単にできることではないと思います。それだけモヨンもシジンのことを思って行動したのだと思います。

喧嘩と仲直りを繰り返している2人は今後うまく行くのでしょうか。気になります。

その一方でデヨンとミョンジュは空港ですれ違いになってしまいます。去り際にデヨンがミョンジュを抱き寄せたのを見ると、デヨンもまだミョンジュのことが好きなようでした。好きでありながらも上官からの命令で、その気持ちを伝えることのできないデヨンはとてももどかしそうです。

ミョンジュも冷たい態度を取られていたはずが、抱きしめられてしまいデヨンの気持ちがわからなくなってしまいます。すれ違ってしまう2人はよりを戻すことはできるのでしょうか。

そんな中でシジンは突然モヨンにキスをしましたが、なぜあのタイミングでキスをしてしまったのでしょうか。昔のデートのことを思い出し、気持ちを抑えることができなくなってしまったように思います。

突然キスされてしまったモヨンはどんな気持ちなのでしょうか。モヨンの心の中が知りたいです。

付き合ってもいないのにキスをしてしまった2人はどうなって行くのでしょうか。デヨンとミョンジュの恋愛の模様と合わせて注目していきたいです。

まとめ

以上、太陽の末裔第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です