太陽の末裔第5話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第4話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第5話のネタバレ!

デヨンとミョンジュの出会いの話を聞いたモヨンは「ミョンジュの父親はユ大尉を婿候補に?」と聞きます。「はい」と答えるとシジンはボートに乗り込みました。「乗って」と言うシジンに「待って、つまりミョンジュとソ上士、ユ大尉は三角関係?今も?ユ大尉の考えは?」と質問責めをします。「なぜ気になるんです?振ったくせに」と返されるとボートに引き上げられました。

モヨンは「聞いただけ。なんとなくです、別に気になってません」と謝ると、シジンは顔を近づけ「気になるって顔だったけど」と言いました。

その後、モヨンを座らせボートを走らせ、人気のないビーチに向かいました。

ボートを降りると感動するモヨンに「また来る?石を拾っていけばまた来られる。そんな言い伝えが」と言い拾った石を渡しました。

そしてビーチに打ち上げられている錆びた船の中に入るとモヨンは「どうしてここにあるの?」と聞きます。「魅了されて、この美しさの虜になった」と答えられると「虜になったことは?」と聞きます。シジンに「あります。わかるはず」と言われると2人は無言のまま見つめ合います。

沈黙を破るかのようにシジンは「そういえば返事を聞いてな。元気でした?相変わらず手術室でセクシーですか?」と聞くと、モヨンは「私はここに奉仕精神や使命感できたわけじゃない。偉い人が私を引き摺り下ろしたんです。その場所がここ。それからもう手術しません、キャリアにならないから。すぐ帰国するし、帰国したら元の地位に戻らないと。忙しいんです」と伝えました。

2人がキャンプ地に戻ると、子供が倒れているのを目撃します。すぐにモヨンは子供を診察すると「鉛中毒では?」とシジンに言われます。

モヨンは子供が鉛を舐めていたのを思い出すと「解毒治療をするわ」と指示を出しました。

シジンは宿舎に戻ろうとするとモヨンに「助かりました。でも今後は口出ししないで…」と忠告されてしまいます。

「感謝するだけでいいんです。命の尊厳は何より大事なのでは?以前の先生とは違う気がします」と反論すると「栄養失調による貧血や鉛中毒は韓国では少なく…」と言い訳を始めるので「この国では多いんです。どうせなら詳しい医師に来て欲しかった」と厳しい一言をかけました。「そうでしょうが、この世の全ての医師が聖人とは限りません」とモヨンはさらに反論すると「そうですね。だからテレビに?」と言い、シジンは病室を後にしました。

肩を落としながら宿舎に戻るとアラームが鳴りデヨンから「警戒態勢が発令されました」と伝えられます。

「VIP患者が来る。北ウルクを非公式に訪問していたアラブ連盟の議長ムバラトゥです」と聞かされると医療スタッフも集められました。

そこにシジンが現れると「主治医からのカルテです」とカルテをモヨンに渡します。黒く塗りつぶされているカルテを見たモヨンは「どうせVIPのカルテは嘘ばかりよ。私がそうよ。聖人のような医師も必要だけどVIPには特別な医師が要る。病歴は弱点になるから。大統領の健康状態も国家機密なの」と言います。

そこにVIPを乗せた車が到着するとすぐに治療が始まりました。症状を見たモヨンは「腹腔内出血ね。何か隠してる。開腹しないと。手術室の準備を」と言うとボディーガードに「そこまで。手術を許可することはできません。1時間で主治医が到着します」と言い出します。

「1時間も待てません。持ってあと20分です。手術しないと死ぬんですよ」と言うとボーディーガードは銃を向け「離れて。手術できるのはアラブの医師のみ」と言い出します。

するとシジンの無線に「いいか、議長の生死よりも誰が責任を取るかが問題だ。彼らに従え。もし患者が死ねばそれは手術をしなかった医師の責任だ。我が軍は接して介入するな。命令だ」と上司から指示が出ます。

スポンサーリンク


シジンは「この患者を救えますか?難しい話はいいから答えてください医師として」と聞きます。

モヨンが「救えます」と答えるとシジンは無線を切り「なら救って」といいボディーガードたちに銃を向けました。

そして「医療陣と患者の保護を最優先する。全員銃口の前に整列。これ以降安全を脅かす者には発砲を許可する」と部下たちに独断で指示を出します。

ボディーガードは「一体なんの真似だ」「各自の任務だ。医者は患者を助け、我々は守る。守るべきものを」と言うと患者を手術室に運ばせました。

指示に従わないシジンに怒り心頭の上司は「手術を中断させてVIPを引き渡さねば、抗命罪でお前ら全員を撃つぞ」と伝えます。

手術が終わると司令官から連絡が入り「ユ・シジン大尉を命令不服従で解任し兵営内に拘禁しろ。承知だ、お前たちを誇りに思う。ご苦労。だか命令は変わらん。従え」と言われます。

これを聞いたデヨンが戸惑っているとシジンはデヨンに銃を渡しました。デヨンは「ユ・シジン大尉、中隊長の職務を解き営内に拘禁します」と伝えます。シジンは「あとはよろしく頼みます」とデヨンに伝えました。

デヨンは指示通り、シジンを拘禁しているとそこに上官が現れます。

上官はデヨンを外に出すと「この野郎。指揮官が営倉行きとはなんてザマだ。何人の首が飛ぶと思ってる。問題さえ起こさなければ出世確実なやつが己の首を絞めるとはな」と言われてしまいます。

「悔いはありません。すべて私の決定です、全責任を負います」と伝えました。

その後、上官はモヨンと会うと「ユ・シジンは終わりだ。十数年の経歴を無駄にし、出世の道は絶たれVIPに何かあれば再起不能だ。先生の合理的な選択のせいで。回復すれば、あなたと私は無事で済む、頼みます」と伝え、帰って行きました。

そんな中、デヨンはシジンに帰国の挨拶をするとモヨンの元に向かい「10分だけどうぞ」と話をする許可を与えました。

モヨンは備品庫の前に座ると「どうしてなの?あの時手術をするなと命令してれば解任にはならなかった」と話します。それに対しシジンが「言ったでしょう、美人とお年寄りと子供は守るって。美人とお年寄り。2人もいたら守らないと。今日は勇敢でしたね」と伝えると、モヨンは泣き出してしまいました。

太陽の末裔第5話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第5話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第5話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第5話の感想と考察

シジンはモヨンをビーチに連れて行きました。きっとモヨンが街へ向かう途中で看板を見て行きたがっていたから連れて行ったのでしょう。そんなサプライズをするなんて、シジンは本当にモヨンのことが好きなようです。

ですが、その後シジンの考えが変わってしまっていたことで軽い口論になってしまいました。その時のモヨンの意見を聞いたシジンはモヨンに幻滅してしまっているようでした。

モヨンは教授になりVIP担当の医者になったことで考えが変わってしまっていたのでしょう。モヨンもシジンに厳しい意見を言われたことで、初心を思い出したように見えました。

そんな中でVIPの患者が訪れてきました。シジンに救えるのか尋ねられた時に「救えます」と言った時のモヨンの表情は決意に満ち溢れてカッコ良かったです。

ボディーガードたちに銃を向けて、患者と医療班を守ろうとしたシジンたちの行動もあっぱれでした。それだけ8ヶ月前にモヨンに言われた言葉が、シジンの胸に突き刺さっていたのでしょう。自分の立場がなくなることをわかっていながら、あの行動を取れるのはすごいことだと思います。

命令に背いて中隊長を解任され拘禁されてしまったシジンですが、今後どうなってしまうのでしょうか。そして患者の意識は無事戻るのでしょうか。今後の展開に注目です。

まとめ

以上、太陽の末裔第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です