太陽の末裔第3話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第2話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第3話のネタバレ!

映画館に着くとシジンは「さっき僕にキレましたよね?何歳ですか?僕の年はカルテに」と聞きました。「さっきのはお兄さんが怒らせたからでしょ」と答えると「僕が年上か」と納得します。

それを見たモヨンは「嘘よ。私が年上」とからかうと、シジンがムキになり「それはない、IDを。未成年か心配だ」と言いました。モヨンは笑ってしまいました。

するとシジンに召集の電話がかかってきてしまいます。「行かないと、すいません」と謝ると「またすっぽかすの?」と怒られてしまいます。「申し訳ない、次の機会に観ましょう」と伝えるとモヨンは寂しげな表情を浮かべてしまいます。その表情をみたシジンは「電話します」といい走り去っていきました。

シジンが出て行った後、ため息をついているとモヨンの元にも電話がかかってきてウンジが教授に選ばれたと聞くと、外科長のところで向かいました。

外科長の前に立つと「今回は私だとおっしゃいましたよね。もう3度目です。最初は歳が若くてだめ、次は論文を手伝った先輩が選ばれました」と文句を言います。

外科長に「何を言う。君は私の上司か?」と返されると「そう言われたら何も言えません。コネも実力のうちですよね。次に選ばれるのは長官の婿か院長の甥ですか?1度くらいは実力で選ぶべきです」と嫌味を並べます。

そんな話をしているとそこにウンジが入ってきます。外科長は「話は済んだ。番組の件を話したらパク教授の部屋へ。車で一緒に行こう」と言うと部屋から出て行ってしまいました。

モヨンは追いかけようとするとウンジに止められ「明日代わりに番組に出て。今から教授たちと夕食で。教授の命令には従わなきゃ。生放送だから失敗しないで。お金をかけた宣伝なの」と台本を渡されます。

モヨンは台本を投げ捨てると「断ったら?明日ならあんたが出なさいよ。あんた最低ね。恥ずかしくないの?」と聞きます。「恥ずかしい。でも私は教授になって恥ずかしい思いはあなただけ」と答えられたモヨンは「性悪女。患者に同情するわ」と言い怒ると2人は掴み合いの喧嘩になってしまいます。

その声を聞いた他の医者たちに止められると、モヨンは廊下に座り涙ながらに台本を覚え始めました。

その頃、任務を終え帰還したシジンたちは部隊長から「多くの作戦に投入され大変だったろう。部隊長の権限で次の8ヶ月の休暇はお前たちに与える。ウルクのテベク部隊。2週間後の招集までに恋人や家族に会ってこい」と言われます。

一般部隊になるということで喜ぶ部下たちをよそに、シジンとデヨンは神妙な表情を浮かべます。

後日、シジンは病院に向かい「モヨン先生は手術中ですか?電話に出なくて」と聞くと「カン先生はあちらです」と言われテレビを指差されます。

シジンが見るとモヨンはテレビに教授として出演していました。

モヨンが帰宅すると、そこにはシジンが待っていました。2人はそのままカフェに行くことに。

シジンは「あの日はすいません。置き去りにして」と誤ると「私が聞きたいのは謝罪より説明です。今回はどこに?またヘリで?」と聞かれてしまいます。「いえ、近くでした。規定上、詳しい話は…」と説明するものの「そうですか。辛い1日だったけど、ふとした時にあなたを思い出した。機になる彼はどこへ行ったのか。何をしてるのかって。だけどこうして会えても話を聞けないんですね。規定上。特殊部隊とかそんな感じ?穴掘りが任務では?」と悲しい表情を浮かべながら問い詰めるものの、シジンは何も答えませんでした。

スポンサーリンク


モヨンは「銃創があったのは撃たれたからで、ということは打つこともあるのね。つまり誰かを殺すか自分が殺されかねない。そんな仕事をしているんですね」と聞くと、シジンは「私は軍人です。軍人は命じられて動きます。時に善だと信じる任務が他人には悪だとしても力を尽くして遂行します。これまでに3人の戦友を失いました。我々の任務は誰かがすべきことです。この地の自由と平和を守るためです」と説明しました。

それを聞くと「命の尊厳よりも大事な理念はないと思ってます。悪いけど期待とは違ってました」と言いモヨンは去っていきました。

シジンたちがウルクのテベク部隊に派遣されてから8ヶ月後、モヨンは教授となっていました。モヨンは屋上に行くとシジンのことを思い出していました。

そんな中、ウルクに病院のグループが発電所を建てており医療奉仕で医者が送られる話を聞きます。そんな話をしていると理事長に「今夜、僕と食事をしよう」と誘われます。

その夜、理事長の家に行くと理事長の誘いを断り殴ってしまいます。次の日、会議に出席するとモヨンは理事長にウルクに派遣するチーム長に任命されてしまいます。

モヨンたちがウルク空港で迎えを待っていると、輸送機が到着します。モヨンが輸送機に目をやると、そこから降りてきたのはシジンたちでした。

モヨンは突然の再会に驚いてしまいます。

太陽の末裔第3話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第3話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第3話の感想と考察

いい雰囲気だったシジンとモヨンでしたが、お互いの価値観が合わず喧嘩別れのようになってしまいました。安全を守るためには人を殺すことも厭わない軍人と、命を守る仕事である医者が恋愛をするとそうなってしまうのは仕方ないような気がします。

価値観の違いで別れてしまった2人でしたが、お互いにまだ未練が残っているように見えました。職業毎の道徳観のせいで別れてしまうのは少し可哀想にも感じました。

モヨンはウンジに教授の座を取られてしまい、涙していました。あの涙には教授になれなかったことの悔しさと共に、デートするはずだったシジンが軍から呼び出され、置き去りにされてしまった虚しさの気持ちもあったと思います。

ですが、8ヶ月後モヨンは教授の座についていました。代理で出演した時に高い評価を得たのでしょう。3度目の正直で教授になることができてよかったと思います。

シジンもウルクでの生活を楽しんでいました。デヨンも不良少年を気に入りウルクへ連れてきていました。不良だったデヨンは少年とどこか心通じ合うところがあったのでしょう。少年も軍に入り更正したようで良かったです。

理事長をフったことでウルクに飛ばされ、再会したモヨンとシジン。一度は価値観の違いで別れた2人でしたが、久しぶりに再会した今、2人の恋がまた始まることはあるのでしょうか。これからウルクを舞台にどんな展開になっていくのか楽しみです。

まとめ

以上、太陽の末裔第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です