太陽の末裔第17話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第17話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第16話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第17話のあらすじネタバレ!

キャンプ地では、警察がお化け村の少女を連れて行こうとしていました。モヨンは「何してるの」と言うと「公務だ。この子は医薬品を盗んで闇取引しようとして疑いがある、共犯者は自白した」と言われます。

モヨンは「それは誤解です、彼女は盗んでない。その薬は私があげたんです。彼女を離して」と説明するものの「本当にそうだとしても闇取引をしようとした容疑は消えない。現場にいた医師とはあなたですか?」と言われると、モヨンも一緒に警察についていくことに。

そこにワクチンが到着すると、すぐにミョンジュたちに投与されました。デヨンは帰ってくるとすぐにミョンジュのもとに駆けつけ、手を握りました。

シジンはモヨンを探すものの見当たらず「カン先生は?姿が見えませんが」と聞くと「そう言えば、昨日警察が来たんです。それでファティマと警察署へ」と聞かされます。それを聞いたシジンはすぐさま車を走らせます。

その道中で少女を発見し、車を降りると少女は脚を打たれてしまいます。

シジンは駆け寄ると、そこに3人の男と人質となったモヨンが現れます。シジンは銃を捨てると、そこにアーガスが現れると「死にたいのか?もしくは女を殺すか?」と聞かれます。状況を把握したシジンは「望みは?」と聞きます。

するとアーガスは「今夜北ウルクに武器が渡る、それが終われば俺は殺される。だが俺は死にたくない。だから取引が終わったと同時に出国させて欲しい。俺の退路を確保してくれ。以前のように俺を助けてくれよ。今夜2時だ。それより早くても遅くてもダメだ。協力しないとお前の女を売るぞ」とシジンに伝えます。

シジンは「お前を殺す。名誉に懸けて。必ずこの手で殺す」というとアーガスはモヨンを連れて去って行きました。

シジンは無線機から「こちらビッグボス、先生よく聞いて。僕が必ず助け出します、できる男ですからすぐに行きます。だから怖がらずに。少し待ってて」とモヨンにメッセージを伝えました。

そのまま本部に向かい、説明するものの「人質救出?今は特戦司じゃなく派兵軍人だぞ。平和再建のために来た工兵だ」と言われてしまいます。

それでも「でも行きます」と伝えるものの「さっきから鳴ってるのがわかるか?2番は司令官で3番は青瓦台だ」と電話を取ると「外交保安主席です。単刀直入に聞きます、拉致ですか?」と聞かれます。シジンは「拉致です。相手は武装した15名ほど」と答えると「詳細は米軍から聞きます。釘を刺すため電話を。確認が済むまで機密を維持し待機してください」と言われてしまいます。

「時間がありません。有事時の指針に従い救出作戦を開始します」と勝手に行動しようとすると「何だと?待機しろと言ったでしょう。ユ大尉、VIPの手術の件もそうだが勝手な行動ばかりだ。私の言葉を甘く見るな。君は祖国を守るべき軍人だ、個人の死に構っている場合か。国家レベルの問題だぞ」と怒られてしまいます。

我慢の限界に達したシジンは「個人の死を何とも思わない国家か、それがあんたの祖国?僕は自分の祖国を守る」と告げると車で向かおうとしますが、ゲートで止められてしまいます。

シジンが無理やりゲートを突破しようとすると、そこに司令官から電話がかかってくると「3時間だ、君は行方をくらます。その間はアルファチームでもモウル中隊長でも韓国陸軍の大尉でもない、異議は?」と言われます。

基地に戻ったシジンはデヨンに「少し外出してきます」と告げると、アーガスの元へ向かいました。

デヨンはそれっきり連絡が途絶えてしまったシジンを探していました。すると隊員から「中隊長は17時半に正門を出ました。カン先生は昨日警察署に行ったきり戻りません」と聞かされます。

アーガスの元へ向かうシジンは、以前助けたムバラトゥのボディーガードに連絡すると「残りの名刺を使います。ヘリを借りたい」とお願いします。

デヨンは意識を取り戻したミョンジュの元へ向かうと「カン先生とビッグボスに連絡が取れない。おそらくカン先生は拉致されてビッグボスは単独作戦を始めてる。届いたプレゼントを今開けてもいいか?」というとミョンジュの額にキスをしドッグタグを握らせました。

スポンサーリンク


ミョンジュは「必ず帰ってきて。いい?」といいデヨンを送り出します。

デヨンはアルファチームを集めると、武装しアーガスの元へ向かいました。

デヨンたちはシジンに合流すると「ご安心を。全員復帰しました」と伝えると状況を飲み込んだシジンは「礼は後でたっぷり述べます。ビッグボスより作戦命令を下す。2人は子供たちを保護し素早く脱出。ウルフとスヌーピーは私と人質救出作戦を続行」と指示を出しました。

約束の時間になると移動を開始したアーガスの前にシジンは現れ「要求どおり退路を確保した。約束は守ったからお前も守れ。人質を放せ」と要求し、「全員射撃待機」とチームに指示を出します。

すると爆弾を着せられたモヨンの姿が。アーガスの手に爆弾のスイッチが握られているのを目にすると「中止だ、射撃中止」と指示を出します。そしてスヌーピーに「人質につけられた爆弾の種類は?」と聞くと「一般的な爆弾ベストに見えますが、奴が手を離せば爆発します。標的を撃てば爆発します」と聞かされ、何もできない状況に。

そんな中、ヘリを見つけたアーガスは「ヘリを下ろせ」と要求しますが「彼女を放せ。さもないと着陸しない」と言われてしまい「俺の安全確保が先だ。応じなければ、この女は死ぬ」と脅します。

するとそこにスヌーピーが現れ、シジンと言葉を交わします。アーガスは「通訳しろ」とモヨンに指示するものの「天気の話よ。今日の天気は最高ね」と適当に言われると「殺すぞ」と銃口を向けます。

シジンはその銃を撃ち落とすと「彼女を脅すな。手も触れず話しかけるな。お前の相手はこの僕だ。僕を人質にしろ」と言うものの、アーガスに拒否されます。

すると、モヨンの左肩に爆弾の発信器があるのを発見します。「待たせたね、そこから動かずにいて。信じて。絶対に動かないで」と言うとモヨンの左肩を撃ち、発信器を破壊します。

それと同時にアルファチームは一斉に射撃を開始し、アーガスたちを制圧しモヨンを救出します。

その後、モヨンの爆弾ベストを脱がすことに成功し一安心していると、アーガスは銃を握りモヨンを撃とうとしました。デヨンからの言葉でそれに気づいたシジンはモヨンを身を挺して守ると、銃を取り出しアーガスを射殺しました。

太陽の末裔第17話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第17話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第17話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第17話の感想と考察

ミョンジュはギリギリのところで届いたワクチンにより一命を取り留めました。デヨンがいち早く駆けつけミョンジュの手を握り締めたシーンは感動的でした。

さらにはシジンの援護に向かう前にはデヨンはミョンジュの額にキスをしました。デヨンはそれだけ援護に向かうことで命の危険があると感じていたのでしょう。ですが、そんな状況になったからこそキスをすることができたのだと思います。

シジンはチームの助けを受けて、モヨンを救出することに成功します。シジンは1人で向かおうとしていましたが、シジン1人では助けられる状況ではなかったと思います。シジンがいなくなったことに気づきアルファチームを集め、シジンの元へ向かったデヨンの好判断だったと思います。

シジンはデヨンたちに感謝してもしきれないくらい感謝しているでしょう。

シジンの銃の腕も見事だと思いました。アーガスの銃やモヨンの肩の発信器など小さいところにも的確に当てるのはさすがはアルファチームの隊長と言える腕前でした。

ここで以前アラブのムバラトゥからもらった名刺を使うとも思いませんでした。退路を確保したフリをするためにヘリを使う考えを思いつくのはすごいと思いました。

最後、シジンはアーガスを撃ちながら涙を流していましたが、その涙は過去にアーガスを救った自分への後悔とアーガスが悪の道に落ちてしまった悔しさの両方があると思います。

モヨンも救出されミョンジュも感染症から回復しましたが、これからはどんなストーリーが進んでいくのでしょうか。

まとめ

以上、太陽の末裔第17話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

18話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です