太陽の末裔第11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第10話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第11話のネタバレ!

キャンプ地に戻ったシジンとデヨンが食糧の心配をしていると、シジンたちの行きつけのバーの店員がやってきます。すると、100人分の食事を準備して持ってきてくれたのです。

食事を配ると、食事をしている隊員たちを前にシジンは「2日間ご苦労。家族たちには無事を伝えてある。明日も現場に投入される。食事が済んだらすぐに就寝しろ。今日のことやこの状況について深く考えずに頭を空にしろ。お前たちは命令に従えばいい、私が常に正しい命令を下す」と伝えました。

デヨンが顔を洗っていると、そこにミョンジュが。ミョンジュはデヨンの顔をタオルで拭くと「ここに来たのは自分の意思?それとも父の命令?」と聞きます。デヨンが「指揮官は危険な現場に有能な兵力を送ります」と答えると「何のために父の肩を持つのよ。不愉快です」と伝えました。

デヨンが「連絡してください。ご心配のはず」と心配していることを伝えると「あなたは?私に何かあればどうなってた?」と聞きました。

「お前から逃げたことを後悔したはず」と答えたデヨンに「突っ立ってる気?」と言うとデヨンはミョンジュを抱きしめました。ミョンジュは嬉しさのあまり涙を流しました。

その夜、モヨンは事故現場を訪れると生前のコ班長のことを思い出し号泣していました。シジンはその姿を見守ることしかできませんでした。

シジンがモヨンを見つけていると、部下に肩を負傷していることを言われます。シジンが傷口を見せると「縫わないと。医師を」と言われます。「いや、自分で行く」とシジンは言うと、そこに来たモヨンが「こちらへ」とシジンを呼びます。

モヨンが傷の処置をしているとシジンは「カン先生がこの場にいて何よりです。一緒に闘ってくれて感謝してます」と感謝を伝えました。そして「中途半端な慰めは撤回します。だけど先生には元気でいて欲しい、本心です」と気持ちを伝えました。

モヨンが「じゃあ中途半端な慰めより得意技を見せて。冗談を言うこと。今一番必要なのは冗談に思えて」と頼むと「今すごく美人だ。ずっと美人だから」と冗談を言います。

そしてシジンは「すごく会いたかった。何をしても頭に浮かんだ。体を酷使して気を引き締めて酒も飲んでみたけどやっぱり会いたかった。考えもつかなかった?じゃあ考えてみて、今のは本音です」と伝えるとシジンは本部へ向かおうとします。するとモヨンは「電話は通じます?連絡したい人が」と言いシジンについて行くことに。

モヨンは本部に行くと、コ班長の家に電話をかけ「最期の瞬間一緒にいたんです。奥様への遺言を預かったのでご連絡しました。年金やその他のお金の手続きはご親戚に任せるようにと。それからいつまでも1人でいるなと」と伝えました。

モヨンは遺言を伝えた後、外に出ると1人で泣いていました。それを見たシジンは「今日はよく頑張りました」と励まします。それでも何も言わないモヨンに「黙ってたら涙も拭いてやれない。僕を見て」と言うと夜空を指差しました。

スポンサーリンク


モヨンは星空を見ると「輝いちゃって何よ。こっちは大変なのに」と呟きます。シジンが「慰めるはずが」と言おうとすると「十分慰めてもらいました、大尉に。戻ってきてくれてありがとう。大尉がいなかったら私は逃げてたかも」と感謝を伝えました。シジンが「逃げるときは誘って。逃避行は男女が一緒でないと」と冗談を言うと、モヨンは笑顔を取り戻しました。

翌日も事故現場では捜索作業が行われました。チフンは生存者を見つけ、救出しようとするものの余震が起きてしまいます。チフンは救出を諦め、外に出ると軍人に生存者がいることを伝えました。

それを聞いたデヨンは救出に向かいました。その後、現場に到着したシジンもデヨンの後を追い、建物の中に。

先に到着したデヨンは掘削機を使い救出を試みます。

シジンが建物の中に入る準備をしていると、モヨンは「バイタルを無線で教えてください。どうぞ」と言い医療キッドを渡しました。

太陽の末裔第11話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第11話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第11話の感想と考察

デヨンはとうとう気持ちが溢れ出し、ミョンジュを抱きしめました。やはり、デヨンはまだミョンジュのことが好きでミョンジュの父に言われて諦めたことを後悔しているようでした。

ミョンジュも父親のせいでデヨンが諦めていて、本当に嫌われたわけじゃないことがわかり安心したように感じました。

お互いにまだ気持ちがある2人はミョンジュの父に反抗し、復縁するのか注目です。

モヨンは生存者のどちらかを選んで救出しないといけない状況で、コ班長を見捨ててしまったことにまだ罪悪感を感じているようでした。モヨンの一生忘れることのできない記憶になったと思います。

コ班長へのせめてもの罪償いのために、コ班長の妻に電話をかけ遺言を伝えたのだと思います。この一連の出来事でモヨンは医者として精神的に大きく成長したように思います。

シジンはモヨンに「すごく会いたかった。何をしても頭に浮かんだ。体を酷使して気を引き締めて酒も飲んでみたけどやっぱり会いたかった」と帰国していた時の気持ちをしっかりと伝えました。モヨンはその時に返事ができませんでしたが、内心とても嬉しかったと思います。

モヨンはシジンのこの告白にどんな答えを出すのでしょう。

シジンとデヨンはモウルに戻ってきたことでお互いに好きな相手に気持ちを伝えることができ、すっきりしているように感じました。

そんな中、生存者の救助に向かったシジンとデヨンですが、いつ崩れてもおかしくない状況で無事に助け出すことができるのでしょうか。そして危険な場所へ2人が入っていったモヨンとミョンジュの心情はどのようなものなのでしょう。

まとめ

以上、太陽の末裔第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です