太陽の末裔第10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


太陽の末裔第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第9話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第10話のネタバレ!

シジンは「無事を祈ってた。後悔してました。顔を見ずに発ったこと。そばにいられないので気をつけて」とモヨンに伝えると任務に戻りました。

翌日も救助活動が続けられました。生存者信号を確認するとシジンたちは救助をすることに。

救助を開始しようとデヨンと救助方法を考えます。エアバックに水を入れる救助方法を思いつくと、すぐに作戦を開始します。

エアバックで隙間を開けるとシジンたちは倒壊した建物の中に入っていきます。

モヨンは他の患者の手術をしているとシジンに「医師が必要です。急いで」とヘルメットを渡されます。

急いで倒壊した建物内に向かうと、そこには瓦礫に挟まれたコ班長が。コ班長の様子を確認したモヨンは「いつ瓦礫を取り除けます?」と聞きます。すると「診てもらう患者がもう1人います」と言われます。

もう1人の患者の様子を診にいくと、その患者は胸に鉄骨が刺さっていたのです。モヨンは点滴を打つと「鉄骨を切断してこのまま搬送します」とシジンに伝えると「その前に話をしましょう、2人きりで」と呼ばれます。

2人きりになるとシジンは「2つの状況は繋がっています。コンクリートを持ち上げれば、鉄骨が曲がって一方の体が切断される。鉄骨を切れば中央の構造物が重心を失いコンクリートに荷重がかかる」と伝えます。モヨンは状況を理解し「一方を助ければもう一方が死ぬってこと?」と聞くと「救助規則に従うしかない。医師の判断で助かる方を優先する」と言われます。「つまり私に選べと?どちらを助けるか」と確認をすると「ええ、それがカン先生の務めです。あと10分で両方とも準備が整います」と言われ悩んでしまいます。

モヨンはコ班長に付き添っていると「子供が3人だ、息子1人に娘2人。バユの話だ。事情はわからんが1人しか助からないんだろ」と言われます。

モヨンが絶句しているとコ班長は「砂漠に高速道路を作る頃から外国で30年やってきた。勘が働くんだ、見当はつくさ。仕事をせずに寝転んで空を見てるのもいいもんだな。俺は幸せものだ。外貨を稼いで子供たちを大学まで出してやれた」と語りました。それを聞いたモヨンは涙してしまいました。

その後、シジンは現場に戻ってくると「準備はできました。決めましたか?」とモヨンに聞きます。モヨンは「コ班長は足の筋肉が壊死していてコンクリートを除けば命に危険が。現地人の作業員は鉄骨で止血されている状態です、手術室に運んでも過多出血は魔免れません。こんな時大尉ならどちらを?」と質問を返してしまいます。

スポンサーリンク


シジンは「なぜ僕に?診断を下したなら告げればいい」というものの「だけど私より経験豊富な大尉なら最善の決定を」と決定を出そうとしません。

「最善?僕の行為は最善だと?最善などありません。目の前の問題を解決するのみです。混乱しながらでも治療するか何もせず死なせるか。2つに1つ。愚痴る時間はない。先生に望むのは完璧な案ではありません。風邪すらまともに治せないような医師、その程度の医師の下す診断が必要なのです。答えてください。医師として」と愚痴るモヨンを問い詰めます。

モヨンは悩んだ結果、バユを選びました。救助されたバユはすぐにメディキューブに運ばれるとすぐに手術が行われました。

その後、交代要員が発電所の事故現場に到着するとシジンたちはキャンプ地へ戻ることに。

太陽の末裔第10話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

太陽の末裔第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で太陽の末裔第10話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば太陽の末裔を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

太陽の末裔第10話の感想と考察

モヨンはどちらかの患者を助け、どちらかの患者を見捨てないといけない選択を迫られました。とても難しかった選択だったと思います。ですが、シジンの言葉やコ班長の言葉を聞いて、バユを選択しました。

モヨンとしてはどうにかしてでも両方の患者を救いたかったという気持ちがあるからこそ、泣いてしまったのでしょう。モヨンはこのことをずっと忘れないことでしょう。

自分が死ぬかもしれないという状況で相手のことを気遣ったコ班長はとても精神的に強いのだと思いました。自分も家族がいる中で、子供が3人いるバユを救って欲しいとは中々言えることではないと思います。

シジンもコ班長の勇敢さを感じたからこそ、遺体安置所に行き、コ班長の手に家族写真を握らせたのでしょう。シジンなりの敬意を表したのだと思います。

緊急事態の中で、ダニエルも応援に駆けつけました。自分たちも被害がある中で、すぐに医者として応援に駆けつける選択をしたダニエルは素晴らしいと思います。

まさに事故現場では、各自自分のできる仕事を全うするために動いているようでした。ミョンジュもデヨンが落下してしまったと聞いても、動揺せずに医者としての仕事を全うする姿はまさにプロフェッショナルというような感じでした。

甚大な被害を受けたモウルですが、今後彼らはどうなっていくのでしょうか。

まとめ

以上、太陽の末裔第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です