スタートアップ(韓国ドラマ)第1話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


スタートアップ夢の扉第1話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

スタートアップ(韓国ドラマ)第1話のあらすじネタバレ!

ダルミはサンドボックスのスタートアップリレー講演に参加しました。

質疑応答の時間になると、ダルミは他の男性のマイクを奪い「こんにちは。ソ・ダルミです」と言います。すると壇上にいたインジェとジピョンは驚いてしまいます。

ダルミは「賢明な選択をされてきたようですが、利己的な選択をしたことはありませんか?ソ・インジェさん」と質問をすると、周りは「ウォンだろ?」とどよめいてしまいます。

そんな中、インジェは「あります、人間だから。利己的でしたが私には切実な選択でした。ところで私の名前はウォン・インジェです」と答えました。

15年前、姉妹だったダルミとインジェは両親が離婚することになってしまい、2人は別れ離れになってしまっていたのです。

ダルミは怯むことなく「あの時の選択を後悔してます?」と質問すると「後悔?しましたよ。気になります。私とは違う選択をした人が後悔していないか。選択には後悔が伴う」と答えられます。それに「例外も。率直な回答に感謝します、ソ…いや、ウォンさん」と伝えました。

その会話を聞いていたジピョンは「過去に縁のあった人と意外な場所で再会します」とAIスピーカーに言われたことを思い出します。

15年前、親がいなかったジピョンは自立支援金をもらったものの住むところもなく困り果てていました。そんな時にホットドッグ屋を営んでいたダルミの祖母ウォンドクに「店に泊まりなさい」と言われ、最初は拒否するものの店に泊まることに。

翌日、ウォンドクに「借りを返して」と言われたジピョンは銀行口座を作成をしてあげることに。さらに株式投資の口座も作成しました。

後日、ウォンドクは「私の孫を見た?あの子に手紙を書いて。同年代の子を装って友達になりたいと」とジピョンに頼みました。ジピョンは「なぜ?」と聞くと「唯一の友達の姉と離れ離れになった。架空の友達でも作ってやりたい」と言われ、嫌々ながら引き受け、ナム・ドサンとして手紙を書くことに。

1年たった頃、ダルミはインジェから「母さんが再婚した。今日新しい父親とアメリカへ発つ。お金持ちなの」と聞かされます。「父さんは?一緒に暮らすために頑張ってる」と言うものの「そこが嫌なの。あくせくしすぎよ。新しい父親は私が欲しいものを簡単に与えてくれる。父さんの手土産のチキンをご馳走のように食べるのはウンザリしない?私は嫌。選択を誤ったわね」と言われてしまいました。

講演後、ダルミはインジェと会うと「講演に来たってことは起業するつもり?パートナーはおばあちゃん?」とばかにされてしまいます。それに対し、ダルミは「いえ、他に協力者がいるの。有能で将来有望な人よ」と答えると「誰?名前を教えて」と聞かされしまいます。

ダルミは咄嗟に「ナム・ドサンよ」と嘘を答えると「あの文通相手?会った?まさかまだプラトニック?」と、またバカにされてしまいます。そんなインジェに「バカにしないで。男女の仲だし、ビジネスパートナーでもある。昨日も会った。数学オリンピックで最年少で金賞を取った」と答えました。

スポンサーリンク


外に出ると、インジェは「来週の金曜は暇?我が社で交流会がある。起業するなら人脈作りに役立つ。ドサンさんと一緒に来て。あなたの男友達なら姉として挨拶しなきゃ」と聞きます。それにダルミが「気持ちだけ伝えておくわ」と答えると「ありがとう、いつも疑ってた。私の選択を。でももう大丈夫。ボロボロの靴を履き、嘘を重ねてるあなたを見て暮らしぶりがわかった。祖母宅に居候して会社でムダ働をしながら薄給で暮らしてるんでしょ?ありがとう確信が持てた。もう自分の選択を疑わずに済むわ」と言い、インジェは車に乗り込み帰ろうとします。

ダルミは車の前に飛び出し、車を止めると「その交流会の詳細を教えて。ドサンと行く」と告げました。

その後、ダルミはウォンドクのアメリカンドッグ屋に行くとウォンドクに「今日はなぜかドサンに会いたい。今日だけでも」と言いました。

ダルミを尾行していたジピョンはアメリカンドッグ屋を見て、ソウルに行く直前にウォンドクから「成功したり、金持ちになったりしたら連絡しないで。腹が立つから。その代わり、辛ければ連絡を。雨の日に行く当てがなければ来なさい」と言われ、涙ながらに別れたことを思い出していました。

夜、ダルミはドサンに向けての手紙を書き、翌日その手紙を文通をやっていた時と同じように鳥の巣箱に入れ、ナム・ドサンを捜し出さないと、と決意を固めました。

ジピョンはウォンドクの元へ向かうと、涙ながらにウォンドクと再会を果たしました。

その頃、サムサンテックという会社を立ち上げていたナム・ドサンは新しいプログラムの開発に成功していました。

スタートアップ(韓国ドラマ)第1話の感想と考察

ダルミとインジェは両親の離婚で離れ離れになってしまっていましたが、突然再会してしまいました。元々は仲の良かった姉妹だったようでしたが、母親がお金持ちと再婚したことで、だんだんと2人の間にも距離感ができているように見えました。

2人は再会を果たすものの、お互いにお互いを牽制し合っているようでした。今はお互いいがみ合っているようでしたが、これから幼い時のように仲直りすることはできるのでしょうか。

ジピョンも急にダルミと再会したことに驚きを隠せずにいました。ダルミはジピョンのことを知らないながらも、ジピョンは大人になったダルミを見て、感動しているようでした。さらに、高校生の頃お世話になっていたウォンドクと再会することができ喜んでいました。親がいなかったジピョンにとってこの2人は特別な存在だったのかもしれません。

ジピョンがこれからどのような行動をとっていくのかが気になります。

インジェが立ち上げた会社はブランコをロゴに使い、砂を意味するサンドを会社名に入れていました。ダルミがブランコが好きなことや、砂を敷いてと言っていたことが描かれていましたが、そのことと関連があるのでしょうか。インジェはそのことを覚えており、ダルミたちに見つけてもらうためにそのようにしたのかもしれません。

今後、サンドボックスの社名の由来やロゴの意味が明かされて欲しいです。

ドサンは新しいプログラムを開発していたようでしたが、本物のドサンとダルミは会うことができるのでしょうか。それともドサンだと思っていたジピョンがダルミの救世主となるのでしょうか。これからの展開に期待です。

まとめ

以上、スタートアップ夢の扉第1話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です