青春の記録第15話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


青春の記録第15話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

青春の記録第15話のあらすじネタバレ!

キム記者と会ったジョンハは「へジュンさんとはいつから?あなたの家から出てくる写真が」と聞かれます。それに「これは正式な取材ですか?なら録音は基本ですよね。後でとぼけたりしないように」と聞き、録音をし始めると「へジュンさんは私の大切なお客様の1人です。同い年で友達のように感じていたのは確かです」と語り始めました。

すると、ジョンハがライブ配信した動画を見せられ「自分が彼女だと告白するつもりが、ジアさんに先を越され言えなくなった。私はあなたの味方です。ブレークしてへジュンさんが変わったのでは?」と言われます。それにジョンハは「それは誤解です。私を捨てられた女に仕立てたい理由は?」と聞き返すと「ジアさんはまだ彼に未練があるみたいです。顔や実名まで出して取材を受けるほどだもの。あの2人は身の丈も合ってる。ヨリを戻せば世間は大歓迎します」と言われてしまいます。

その頃、ミンジェはテスから連絡を受け「へジュンの記事を見た。なぜ反論しない。ここに連れてくるまではちゃんとケアしてくれ」と言われます。ミンジェはすぐに反論するものの「口に出して言ってこそ不可能も可能になると言うじゃないか。とにかく反論記事を、少しでも早い方がいい」と言われます。それに対しても「本人に確認を」と言うと「そしたら公表すると言うだろ。キム記者が目を光らせてるぞ。甘く見るな」と注意されてしまいます。

それを言われたミンジェは即座に反論記事を出してしまいます。そのことを耳にしたへジュンはすぐに事務所に向かいました。

事務所に着くとすぐに「なぜ勝手に反論記事を?僕はいいとして、ジョンはには事前に知らせたのか?」と聞きます。ミンジェは「ジョンハならわかってくれるはず」と言うものの「彼女に負担をかけたくない」と言われてしまいます。すぐにミンジェは「わかってる。だけど私としてはあなたを守るのが先なの」と意見するもののへジュンに「気持ちはわかるけど、僕としては彼女を守るのが先だ」と言われてしまいます。

翌朝、へジュンはジョンハに電話をかけると「外に出てみて」と伝えます。言われた通り、外に出ようとすると母親がへジュンが置いて行ったプレゼントを勝手に開けており「やるじゃない。別れてもタダじゃ別れないわね」と言われてしまいます。

その行動をみたジョンハは呆れて「一つも変わってないわね。卑強いったらない」と言うと「お金を貸して。娘にそこまで言われたらおしまいだわ。こうなったら開き直るしか」と言われ、呆れかえってしまいます。

その頃、ミンジェは撮影所に向かい、へジュンと食事をしていると「公開しましょ。例のメールを。形勢を覆せるわ」と提案します。ですが「まだ耐えられる」と言われ、さらに「今の仕事を終えたら休む」と言われてしまいます。

ジョンハは今までのへジュンとの写真を見て、過去を振り返っていました。そして、家に帰るとミンジェに電話をかけ「へジュンの都合のいい日は?話があります」と伝えます。

後日、事務所でへジュンと会うとジョンハは「愛してる。別れよう」と伝えました。へジュンは思わず「どうして?」と聞くとジョンハは「覚えてる?絶対に謝ったりしないと私に言ったよね。私と付き合いながら何度謝ったと思う?あなたが謝る度にこう思った。余程辛いんだろうなって、あなたは自分が言ったことを守る人だから。あなたの感情まで背負うのはもうやめる。あなたを愛する前に戻るわ」と伝え、帰って行きました。

ミンジェは止まらないスキャンダルに対する憶測に悩んだ結果チャーリー・チョンとへジュンのメールの文面をチェ記者に送りました。

スポンサーリンク


その頃、へジュンの記事で告訴されていたキム記者はジアと会うと「なぜへジュンに敵対心を?」と聞かれます。それに「小賢しい人が嫌いなの。イ・テス代表を裏切って独立したでしょ」と答えると「全くの誤解ですよ。イ代表がへジュンのギャラをせしめてきたんです。口では払うと言いながらです。あなたを注視してますが、バッシングを続けると、より重い処罰を受けることに。判決が下れば会社はあなたを解雇するはず」と言われます。

それを聞いたキム記者はテスを呼び出すと「なぜ嘘を?サ・へジュンが裏切ったなんて。あなた有名みたいね、ギャラをくすねるって」と伝えます。テスは「裏切られたんじゃなく、奪われたと言ったはずだ。自分の都合のいいように解釈して俺を責めないでくれ」としらばっくれると「加害者のくせに被害者のふりをするなんて最低。私がエージュンを潰してやる」と怒鳴り、去って行きました。

ミンジェはへジュンの家に行くと「やらかしちゃった。反対されるとわかってたから私の独断で公開したの」とチャーリー・チョンとのメールを公開したことを伝えました。へジュンは「同じことの繰り返しだ。反論すれば他の問題を取り上げられる。だから待とうと」と言うと、ミンジェに「私はこれが最善だと思った。再契約はまだよ。あなたがどんな選択をしても受け入れる」と言われます。

後日、裁判の結果を待っているとジアから「キム・スマン記者から示談にしたいと連絡が」「どうすればいい?」「示談に応じるべきかと。キム記者は悪い人じゃない。あなたを誤解してたせいであんな記事を」と言われ、応じることに。

へジュンはそのまま帰ろうとするとジアに「別件で話が」と言われます。2人きりになると「ジョンハさんに会った。素敵な人ね。彼女と友達になりたいわ」と言われます。

帰り道、へジュンはジョンハとの記憶と言われた言葉を思い出したへジュンは1人号泣しました。

そしてその夜、ジョンハのサロンに行くと「別れられない」と告げました。

青春の記録第15話の感想と考察

へジュンはジョンハともミンジェとも微妙な距離感ができ始めていました。

ジョンハは謝らないと言っていたへジュンがたくさん謝っていることに気づき、これ以上へジュンの気持ちも背負えないと感じていたようでした。それ以外にも、キム記者と話したりミンジェから言われたことを考えて出した結論だと思いました。本心は好きな気持ちはあるけど、最善の策は分かれるしかないという苦渋の決断だったと思います。

ミンジェともスキャンダルに対する対応で意見が割れてしまい、お互いにストレスを感じているようでした。そして、ミンジェは収まらない憶測を止めるために勝手にメールを公開するという行動を起こしました。それをしてしまったことでさらに2人の関係性は崩れ始めているようでした。

再契約が迫る中、へジュンはミンジェと契約するのか。それとも、契約を見送るのか。へジュンの選択に注目です。

キム記者はジアから話を聞き、テスから言われていたことが嘘だったことに気づきました。今までずっとへジュンを叩いていた記者がいなくなったことで、へジュンのイメージが好転することはあるのでしょうか。

へジュンはやはりジョンハとの別れを受け止めることができず、直接会いに行き「別れられない」と告げました。一度は別れを告げたジョンハはどんな決断を下すのでしょうか。気になります。

まだ結論がついてない話がたくさんある中で、最終回でどんな展開になり、どんな結末になるのか楽しみです。

まとめ

以上、青春の記録第15話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です