青春の記録第12話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


青春の記録第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

青春の記録第12話のあらすじネタバレ!

ヘヒョと顔を合わせたへジュンは「ジアが僕を訪ねてきた」と聞かされます。

電話をしていたジアに「話が見えない」と聞くと「この私があなたのために自己犠牲を選んだの」と聞かされますが、へジュンは「まずヘヒョから聞く」と言い電話を切ります。

電話を切るとへジュンは「ジアはともかくお前は事前に話すべきだろ」と問い詰めます。へヒョも「怒ってるのか?お前を助けたかった。だからジアに協力したんだ。悪いか?」と反論すると「ジアの助けは借りるべきじゃない」と言われます。

「変わったな。以前のお前ならまず他人の善意に感謝したはず」と嫌味を言うと「感謝してるから腹立たしいんだ。世間に弁明なんかしたくない。ほとぼりが冷めるのを待てばいい」と言われ、口論になってしまいます。

口論は激しくなり「その弁明を僕が代わりにしてやる。逆の立場ならそうしたはず。以前のお前なら」とヘヒョが言うと、へジュンは「なぜ以前と比べる?お前こそ変わったよ。以前なら相談してくれた」と反論します。すると「お前にそんな時間あるか?仕事とジョンハのことで忙しいだろ。ジヌはヘナと付き合ってるしめちゃくちゃだ」と言われます。

へヒョがジヌとヘナの関係を知ったことに動揺しながら「2人のこといつ知ったんだ?」と聞くと「お前は知ってたのか。なんて奴らだ。騙してたのか」と吐かれてしまいます。へジュンは説明しようとするものの、へヒョは去っていってしまいました。

その一途始終を見ていたミンジェは「とにかくジアにお礼を言うのよ。彼女が出てきてくれて私あありがたい」と話しました。

ヘヒョはへジュンと会う前、ジアと会うと「へジュンを守りたい。付き合ってた頃、あらゆる形で彼を試したけど、彼は最高の男。それが結論よ。今は他人のものだから尚更欲しくなる。自分はどうなの?彼女が手に入る希望もない。でも私がへジュンとうまくいったらどう?早く記者にアポを取って」と言われ、記者にアポを取ったていたのです。

ジアは取材を終えると、へジュンの事務所を訪ねました。2人きりになるとへジュンは「もう君には僕の人生に登場して欲しくない」と伝えました。すると「嫌がることをするのが私でしょ?そうして愛を試してた」とジアに言われます。

「気付くまで随分かかったよ。常に試されるのはキツかった」と伝えると「もう気楽に接して。男女の関係には戻れないことも、友達になれないことも受け入れたから。ブレークしたあなたを私の手で守りたかった。傷つけていいのは私だけ。サ・へジュンは女を愛する男だと証明した。満足してる。これで借りは返した」と言われ、へジュンは感謝を伝えました。

その夜、へジュンはジヌを誘い食事に行くとジアの記事の件でヘヒョにキレたことを伝えます。すると「あのインタビューをジョンハが見たら?」と言われてしまい、ハッとしてしまいます。

ジョンハはライブ配信をしているとへジュンから電話がかかってきます。電話に出ると「ごめん。詳しくは会って話すけど記事が出たんだ。早く言うべきだったけどインタビュー後に知って」と言われます。ジョンハが「誰のどんなインタビュー記事?」と聞くと…。

へジュンはヘヒョとの待ち合わせ場所に向かう途中、ジヌに「ヘヒョじゃなくジョンハに会わないと」と言われます。それに対し、へジュンは「何て言うか相手への愛が大きいほど恥ずかしい。僕の噂や中傷を知られること。恥ずかしいよ、丸裸になった気分だ。前は外でどんな目にあっても家族にバレなかった。でも今は僕が言う前にバレる、心配かける。なぜかプライドが傷つく。へヒョに対しては恥ずかしくない。同じ立場だから」と答えます。

へジュンはジヌを置いて、ジョンハの家へと向かいました。喋っているとへジュンは「インタビューは?」と聞きます。すると「見た。嫌だった。聞かれる前に言ったのよ。どうしてこういう問題が起きた時、相談しないの?なぜ私1人で悩ませるの?」と言われます。

「君には良いものだけを見せて聞かせたい」と伝えると「私はあなたの子供?それは親は子供に言うことよ」と返されてしまいます。それでもへジュンは「中傷記事やコメント自体は何とも思わない。でも家族と君には知られたくない。愛する人が僕の中傷を知るなんてやりきれないんだ」と気持ちを伝えると「あなたの愛する人たちはあなたの痛みを共有したいの。隠されると寂しいのよ」と言われてしまいます。

スポンサーリンク


納得したへジュンはジョンハの手を握り「君が思うよりずっと僕は君を愛してる」と伝えました。

翌日、ヨンナムに呼び出されたミンジェは家を訪ねました。そのことを知らないへジュンが起きてくるとミンジェがいることに驚きます。ヨンナムに話があると呼び出されたと聞いたへジュンはヨンナムを別室へ呼びます。

そこで「父さん、心配するのはわかるけど僕に任せて。大切な人なんだ。常に僕を信じて支えてくれるマネージャーだ。話があるなら僕を通して。傷つけたくない」と伝えました。

その後、ドラマ撮影中にミンジェはジョンハと話していると記者から電話がかかってきます。すると「へジュンさんはメイクさんと交際を?」と聞かれてしまいます。ミンジェは動揺しながらも「まさか何の話です?チャーリー・チョンのガセネタを流したり、元恋人の記事で収捨したり。放っておいてくれます?記事にしたら黙ってませんからね」と伝えるものの「お互い自分の仕事をしましょう」と言われてしまいます。

電話を切ると慌てた様子でジョンハに「あなたたちの熱愛記事を出すって。どうしよう、へジュンのイメージが。元恋人の次は今の恋人?これはよくないわ」と伝えます。その言葉を聞いたジョンハは考え込んでしまいます。

翌日、ジョンハはなかなか会えないへジュンに心の距離を感じてしまうようになってしまっていました。その日、地方出張が終わったものの大雨が降ってきてしまい、バス停で途方にくれているとそこにへヒョが現れます。

ジョンハはへヒョに家まで送ってもらうと、ヘヒョを家の中へと招き入れました。

青春の記録第12話の感想と考察

へヒョはジアのへジュンを守りたいという思いと、ジョンハが手に入るかもという可能性を感じて、ジアを記者に合わせていたのでした。元々は紹介する気はなかったようでしたが、自分へのメリットもあるということに目が眩んだようでした。友達思いの行動にも見えますが、ジョンハを手に入れる最後のチャンスだと思い、恋のために行動したように思います。

へジュンはそのことでへヒョと口論になってしまいました。お互いに今までと立場が変わったことで、少しずつながらストレスを抱えていたのでしょう。それが一気に爆発してしまったようにも思いました。

このまま仲違いしてしまうかと思いきや、2人はその後何事もなかったかのように接していました。親友だからこそ、お互いに文句を言い合っても今までの仲を保つことができるのでしょう。2人は本当に親友なんだなと感じました。

へジュンは色々な噂話に翻弄され始めていました。その中でも今はうまく仕事をこなしていますが、これ以上スキャンダルが出たらへジュンはどうなるのでしょうか。このまま仕事を続けることができるのか心配です。

イヨンはへヒョのSNSのフォロワーを業者を通して増やしていることをテスに気づかれてしまいました。お互いに牽制しあっている様子でしたが、これからどんな行動を起こすのでしょうか。2人が手を組んでへジュンを潰しにかかってくる可能性もあると思います。2人のこれからの動向から目が離せません。

ミンジェは突然記者からへジュンとジョンハの熱愛記事が出ることを聞かされます。記者は2人の写真を持っているようでしたが、一体誰がリークしたのでしょう。イヨンかテスのどちらかだと思いますが、どんな思惑がありリークしたのか気になります。

ジョンハは徐々にへジュンと会える時間が少なくなり、距離感を感じ始めていました。そんな矢先にミンジェから熱愛記事が出ると聞かされ、へジュンとの関係性を考え直しているようでした。ジョンハは言葉にしないものの、へジュンと会えないのが寂しいのだと思います。

そんな中で、よく会うようになったへヒョへ心変わりし始めているようでした。へジュンがそばにいてくれない分、そばにいてくれるヘヒョに少しずつ恋心を抱いているのでしょう。このままジョンハはへヒョに乗り換えてしまうのでしょうか。それともへジュンのことを信じて待つのでしょうか。

そしてやっと家に入れてもらったへヒョはジョンハに思いを伝えるのでしょうか。3人の関係性の変化に注目です。

まとめ

以上、青春の記録第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です