青春の記録第11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


青春の記録第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

青春の記録第11話のあらすじネタバレ!

へジュンは「チャーリー・チョン氏死亡事件の参考人として事情聴取をしたいのですが」と警察から電話がかかってきます。へジュンは状況が飲み込めないまま、すぐに警察署へと向かいました。

イヨンがへヒョのSNSのコメントをチェックしていると、ヘヒョは葬儀へ行こうとします。イヨンは「へジュンは?」と聞くと「一緒に行く」と聞かされます。

イヨンは「呆れた。マネージャーは誰?ただでさえネットで中傷されてるのに余計に怪しまれるわ」と注意すると「噂に惑わされちゃダメだ、全部嘘だから」と言い返されてしまいます。呆れたイヨンは「友達思いなこと。親友とはいえライバルでもあるのよ。私はあなたのせいで夜も眠れない。新人賞すら取れずお父さんに顔向けできないわ」と嫌味を言うと「話してないことが。へジュンの次回作に僕も出る」と聞かされてしまいます。

「勝手な」と注意しようとすると「僕の自由だろ」と反論されると「大事なことはいつも私が決めてきたわ。キャッチ、も誰のおかげで出られたと?あんな男を相手に交渉したのよ」と言い返します。

それに対し、へヒョも「キャッチにはドハが僕を推したから出演できた。イ・テスは無関係だ」と言い返すと「私が騙されたの?何人もの実業家を紹介してあげたのに」と聞かされます。「なぜ黙ってた?」と聞くと「あなたのためなら私はどんなに嫌なことでもやる。平凡のキャスティングもあなたが選ばれるように手を回した。それにSNSのフォロワーも」とイヨンがしてきたことを聞かされてしまいます。

さらには「自分の力で得たものは何一つないんだから。現実を知りなさい」と言われてしまいます。

へジュンは警察に行き事情聴取を受けてるとミンジェから電話がかかってきます。へジュンは「先生の件で参考人聴取を受けてる」と説明すると「私に相談しないとダメでしょ。ネットの悪質な書き込みは全て先生がらみなのよ。今行くわ」と言われます。

ミンジェはへジュンを迎えに行き、地下駐車場に入るとミンジェは「何を考えてるの?」と怒鳴ります。へジュンは「なぜ怒ってるんだ」と聞くと「ハリウッドからまた打診があったのよ。世界的な監督が会いにくるのよ」と言われます。

「1人の人間がこの世から消えてしまったんだぞ。こんな時まで損得感情をしろと?」とへジュンは意見すると「ええ、そうすべきよ。あなたの破滅を望む人たちがどれだけいるかわかってる?彼らに口実を与えるような真似はしないで」と反論されてしまいます。それに対してへジュンは「破滅を望む人もいるが応援してくれる人もいる。僕は善なる力を信じてる。これまでの過程を見ればわかるだろ?」と反論しました。

その頃、へヒョはジョンハに呼び出されると「あなたにはいつも感謝してる。私、店を構えたでしょ?でもなかなか客がつかない。だから専属を辞める」と言われます。「どうして?」と引き下がるものの「人脈に安住するのはよくないから。単調な男性のメイクより繊細でドラマチックな女性のメイクをしたい」と言われ、受け入れることに。

ジョンハは講義が終わるとへヒョに送ってもらい家に帰ると、へジュンがソファーで寝ていました。2人は久しぶりに再会を果たしました。お茶を飲みながら会話をしているとジョンハは「専属は断る。女性を担当したいの、へヒョにも話した」と伝えました。

それを聞いたへジュンは「仕事ではへヒョが優先か」といじけるとジョンハは「嫉妬する姿勢が好き」と伝えました。2人は笑い合うとへジュンは「僕は君の選択を尊重する。君を疎かにしてごめん」と謝りました。そして2人は短いながらも微笑ましい時間を過ごしました。

スポンサーリンク


その夜、家族会議が行われるとへジュンは「うちの借金は僕が返す。計画はこうだ。借金を返済して、この家を買い、僕の部屋を作る」と宣言しました。

翌日、へジュンはハリウッドの監督と会うと、正式に出演オファーを獲得しました。

その頃、チャーリー・チョンとへジュンが恋愛関係にあったと言う噂がテレビで放送されてしまいました。その噂は一気に広まってしまいました。

そのことを知ったへジュンとミンジェは対策を立てることにします。

翌日、ミンジェはテスと会うと「へジュンに関するデマは代表がキム記者に流したんですか?」と聞きます。ですが「キム記者?誰のことかわからないな」ととぼけられてしまいます。さらには「それを問い詰めてる場合か?へジュンが成長するほど問題も大きくなる。君の力では対処できない。この辺で俺に引き渡せ」と言われてしまいます。

ミンジェは「期待した私がバカでした」と帰ろうとすると「彼女がいるだろ?ヒントをやるよ。それをバラせば少なくとも醜聞は免れる。それにユーチューバーを侮るととんでもないことに。再生数は金だ。告訴しても奴らはびくともしない」とアドバイスをされます。

その後、ミンジェはジョンハの店を訪れメイクをしてもらうと「へジュンに彼女がいることが公になれば収まるかしら」とそれとなく話すと「ミンジェさん、へジュンの力になれるなら私はなんでもします」と言われます。

へジュンはそのことを聞くと「ダメだ、他の方法を。彼女の日常は守ってやりたい。巻き込みたくない」と伝えました。

そして、事務所でへジュンはへヒョと会っているとジアから電話が。「今日ある記事が出るわ」と聞かされます。

「何の話だ?」と聞き返すと、へヒョから「ジアが僕を訪ねてきた」と言われ、2人は睨み合います。

青春の記録第11話の感想と考察

へヒョはイヨンが裏で手を回していたことで仕事をもらえていたことを知ってしまいます。イヨンは勢い余って口を滑らせてしまったようでしたが、へヒョはその言葉にショックを受けたようでした。へヒョの心境が心配です。

さらにへヒョはまだジョンハのことを諦め切れていない様子でした。へジュンと付き合っていることはわかっていながらも、チャンスがあれば奪いたいと思っているように見えました。ヘヒョはこのまま友情ではなく、恋愛をとってしまうのでしょうか。

そしてヘナはジヌとの関係がへヒョとイヨンにバレてしまいました。2人ともそのことを知り怒りに震えていましたが、このままヘナはジヌとの関係を続けることができるのでしょうか。

へジュンはテスの悪巧みでチャーリー・チョンと恋愛関係にあったと言う噂が流れてしまいます。テスは自分の手を離れてスターになったへジュンを陥れたいのでしょう。その思いと記者の出世したい思いが一致してしまい、このデマの噂が流れてしまいました。

同性愛のニュースが流れてしまったへジュンの今後の芸能生活にどんな影響が出てしまうのでしょうか。スター街道一直線だったへジュンはその道から転げ落ちてしまうのでしょうか。へジュンの今後に注目です。

記者はへヒョから紹介を受けジアと会っていましたが、これはどういうことなのでしょうか。へヒョはなぜジアを紹介したのでしょうか。そして、ジアの言っているある記事とはどんな記事なのでしょうか。この記事がこれからのへジュンの運命を握っているのでしょう。

へジュンの今後、そしてへジュンとへヒョの関係がどう変わっていくのか注目です。

さらにジョンハもYouTubeで配信をし、へジュンとの関係を明らかにしようとします。へジュンがジョンハの彼氏というのが世間にバレた時、2人の関係はどうなっていくのでしょうか。

まとめ

以上、青春の記録第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です