青春の記録第10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


青春の記録第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

青春の記録第10話のあらすじネタバレ!

へヒョが部屋にいると父親が入ってきて「話がある」と言われます。

ソファーへ座ると「そろそろ中間決済をするべきだ。これまでのお前の活動を分析した」と言われます。へヒョは嫌味のように「僕に興味を持つとは」と言うと「お前の人生にだ。私の人生に関わるからな。兵役は?分析したところ今入隊すべきだ」と言われてしまいます。

「考え中だ」と答えるものの「考える脳みそはあるんだな。それだけ信頼していない。操り人形か?結局母さんの言いなりじゃないか」と嫌味を言われてしまいます。「それは喧嘩を避けるためだよ」と言い訳を言うものの「なりたいのはスターか?俳優か?なぜキャッチに出た、パク・ドハの添え物だろ。お前はいつも口先だけだな。なぜこうなった、これまでは静観してきたがそろそろ成果を見せなさい。できないならやめろ」と告げられてしまいます。

その後、イヨンに呼ばれると「もっと攻めの姿勢でいて、恵まれてるせいか根性がないわ。へジュンは刺激にならない?まだ大した人気ではないけど勢いがあるは上り調子でしょ」と言われてしまいます。へヒョは「僕は下り調子か?母さんは味方してくれると思った」と反論するものの「散々私を避けてきたくせに。自分でやるからと」と言われます。「自分でやってきた」と返しても「そうかしら。きつく言うのは今が大事な時期だからよ。決めなさい、今入隊するか延ばすか」と問われてしまい「延ばす、まだ結果を出してない」と告げました。

その頃、ジョンハは店長に退職願を提出すると「引き止めはしないわ。辞める準備ができたら教えて」と言われます。するとジョンハは「開店前にジンジュ先生と話しても?」と聞きます。

店長の許しを得てジンジュと食事に向かうもののジンジュは「付き合いきれない」と帰ろうとします。すると、ジョンハは過去にジンジュに叩かれそうになった時の映像を見せます。そして「次の3つから選んでください。1、私がみんなにこの動画を送る。2、みんなを集めて動画を流す。3、私に謝る。謝ったら消します」と脅しました。

その後、へヒョと撮影へと向かったジョンハは撮影帰りのエレベーターの中で「最悪な気分の一日だったけど楽しく終えたい。一緒に食べる気は?」とヘヒョから誘われます。「帰らないと」と伝えるものの「僕への借りを今日返せ」と言われます。

「今日は本当に無理なの。代わりに今度2倍にして返すから」と断ると「ヘジュンが待ってるから?」と言われてしまいます。ジョンハは気まずそうに「うん」と答えるとエレベーターを降りました。

そのまま帰ろうとするとヘヒョに腕を掴まれ「僕も行く、へジュンに会いたい」と言われます。ジョンハ「本当にごめん。外で会うならいいけど家でしょ?」と断りました。

その夜、ヘヒョはジヌを誘い飲みに行くと「ムカつくんだ、へジュンと比べられるのが。なぜ最近は気になるんだろう」と愚痴をこぼしました。ジヌに「へジュンと形勢が逆転したから」と事実を言われてしまい、ショックを受けてしまいます。

スポンサーリンク


ジョンハは家に帰り、待っていたへジュンを食事をしていると「私ね、お店を辞めるの。自分のお店を持つ。それからこの家は売らないことにした、父の援助を受ける」と伝えました。

翌日、へジュンはジョンハの家にいるとミンジェから電話がかかってきます。電話に出ると「年末の演技大賞の司会引き受けたからね。あなた最優秀演技賞の候補よ」と聞かされます。

演技大賞当日、へジュンは最優秀演技賞に選ばれました。それに対し、ヘヒョは新人賞を取り逃してしまいました。

へジュンは授賞式を終え、ジョンハに電話をするものの出ませんでした。ジョンハは帰ろうとしたところをヘヒョに「今日返して」と言われ、一緒に食事へと向かい、その後ドライブへと向かいました。

2人で夜景を眺めていると「新人賞取りたかった。他の賞と違って取れるのは一度きりだろ。へジュンと比べられたくない」とへヒョは愚痴をこぼしました。

翌日、へジュンは事務所に向かっていると1本の電話がかかってきます。「江南署捜査課の刑事、イ・ジニョンです。サ・へジュンさん?チャーリー・チョン氏死亡事件の参考人として事情聴取をしたいのですが」と聞かされます。

青春の記録第10話の感想と考察

ヘヒョは両親や周りからへジュンと比べられることに相当なストレスを感じているようでした。自分よりもへジュンの方が売れ始めたことで、周りからの評価を気にする様になってしまったのでしょう。ある意味、ヘヒョはずっとへジュンを自分より下に見てきていたのだと思います。

さらにヘヒョは自分で全てやってきたはずが、イヨンに「そうかしら」と一蹴りされてしまいました。もしかしたらヘヒョはそろそろイヨンのお陰で仕事にありつけていたことを知ってしまうかもしれません。それを知ったらヘヒョはどうするのでしょうか。

ジョンハはついにサロンに退職願を提出しました。店長が引き止めることなく、快く快諾してくれていた様でした。さらにジンジュとの遺恨も、スビンが送ってくれた動画のお陰で解決することができました。後腐れなくサロンを辞めることができたのはジョンハにとって大きいことだと思います。

へジュンは新しいドラマもヒットし、最優秀演技賞を獲得して俳優として軌道に乗り始めました。人気もヘヒョやドハよりも高くなったことで、スターへと成り上がりました。そのお陰で周りからの評価も変わり始めていました。

あれだけ否定していたヨンナムやキョンジュンも文句を言わなくなり、キョンジュンに至ってはネットに書かれているへジュンの悪口から守ろうとする様になっていました。家族からの評価も変わり、全てがいい方向に向かっていました。

ですが、そんな中でチャーリー・チョンがなくなってしまいます。それによってへジュンは警察の事情聴取を受けることになってしまいます。この死をきっかけに何かへジュンの環境にも変化が起こってくる様な気がします。

へジュンは何があっても、このままスター街道を歩み続けることはできるのでしょうか。

まとめ

以上、青春の記録第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です