サイコだけど大丈夫第15話のあらすじネタバレ&感想考察!

サイコだけど大丈夫,第15話,ネタバレ

スポンサーリンク


サイコだけど大丈夫【第15話】の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画でサイコだけど大丈夫【第15話】を観たい!という人には、NETFLIXで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

サイコだけど大丈夫【第15話】のネタバレ!

兄ムン・サンテはコ・ムニョンの母にコ・ムニョンの家に連れていかれ、睡眠薬で眠らされていた。

コ・ムニョンの母はムン・ガンテにムン・サンテの携帯から電話した。そして「呪われた城にいる」と言った。

ムン・ガンテが「呪われた城」に着くと、コ・ムニョンの母がいた。その横でムン・サンテが横たわっていた。ムン・ガンテは「なぜ苦しめるんだ」と言った。コ・ムニョンの母は「私の傑作をあなたが壊したからよ。私の作品なのよ。私の娘から離れて」と言った。それから「選択肢として私を殺して」と言った。

ムン・ガンテは「諦めろ」と言った。しかし、コ・ムニョンの母はムン・ガンテの母とのことについて話し始めた。

昔ムン・ガンテの母は家政婦としてコ・ムニョンの家で働き始めた。ムン・ガンテの母はコ・ムニョンに話かけたところ、コ・ムニョンは「羽を傷ついた鳥はどうせ飛べない」と言った。その話しをムン・ガンテの母はコ・ムニョンの母に伝えた。その後、コ・ムニョンの母はムン・ガンテの母を殺害した。

ムン・ガンテは「そんな理由で母を殺したのか?」と言った。コ・ムニョンの母は「そうよ、娘を病人扱いしたからよ」と言った。ムン・ガンテはコ・ムニョンの母の首を締めた。しかし、コ・ムニョンの言葉を思い出し、力を弱めたところコ・ムニョンの母が薬の入った注射針をムン・ガンテに刺した。

駆けつけたコ・ムニョンは自分の母を刺そうとしたが、ムン・ガンテが止めに入った。ムン・ガンテは止めに入ったあとに倒れ、そのすきにコ・ムニョンの母がコ・ムニョンをペンで刺そうとした。しかし、ムン・サンテが「僕の弟と妹を傷つけるな!」とコ・ムニョンの母を背後から倒した。

その後コ・ムニョンの母は警察に連れていかれた。警察につれていかれた際に院長のオ・ジワンがコ・ムニョンの母に「入院患者のパクさんはどこだ?」と聞いた。コ・ムニョンの母は「彼女は演技がうまかった。けれど、退場してもらわないといけなかった。別の舞台にたっているかも」と言った。

オ・ジワンはムン・ガンテを診た。ムン・ガンテは安定剤を打たれただけであった。コ・ムニョンはムン・ガンテのそばで見守った。ムン・サンテもオ・ジワンに様子を聞いた。「僕が2人を助けたんだ」と言った。

コ・ムニョンは眠っているムン・ガンテに「ごめんなさい。私と一緒にいると不幸になる」と言った。

交通違反で捕まったイ・サンインはナム・ジェリ達に迎えに来てもらった。そして、ムン・ガンテとコ・ムニョンの無事を確かめた。

ムン・サンテはチョ・ジェスに経緯を8回も話した。チョ・ジェスはムン・サンテを褒めた。

ムン・ガンテは夜中に目を覚ました。ムン・ガンテはコ・ムニョンに「長い悪夢を見ていた」と言った。コ・ムニョンは「夢じゃない。話がある」と言って事件現場の書斎へムン・ガンテを連れて行った。

コ・ムニョンは「数時間前にここで起きたの。母は捕まった。じきに真相も明らかになる。出ていって、私は空き缶ではなく感情があるの。ここで起きた悲劇が忘れられない。」ムン・ガンテは「忘れられなくても、長い夢であったと思うことにしよう」と言った。コ・ムニョンは「あなたはこれから私の前で仮面をかぶって暮らすことになる。そんな姿をみるのは耐えられない」といった。ムン・ガンテは「本心か?」と聞いた。コ・ムニョンは「ええ、ここで一人で暮らすわ」と言った。

翌朝ムン・ガンテは兄のもとへ言った。「傷が痛すぎて辛い」と言って兄に抱きついた。ムン・サンテは状況がまだわかっておらず「なぜ師長さんはあんな悪いことをしたのかな?」と言った。ムン・ガンテは「あの人はいい人ではなく悪い人だったんだ」とだけ伝えた。ムン・サンテは「ドゥーリーのお母さん(大きい恐竜の人形)をくれた人なのに。でも人形は捨てないで。人形は悪くないよ」と言った。ムン・ガンテも「そうだよね、悪いのはあの女だけだ。人形は悪くない」と言った。

ムン・ガンテはコ・ムニョンに朝食を用意した。しかし、コ・ムニョンは食べに来なかった。ムン・ガンテは兄に「ムニョンが家を出てけと言ったらどうする?」と相談した。ムン・サンテは「勝手に言ってろだ」と笑った。「ムニョンが独りになってしまう」とも言った。

スポンサーリンク


ムン・ガンテは病院に辞表を出した。オ・ジワンは自分も引退することを話した。ムン・ガンテは「最後に面談をしてもらっていいか?」と話した。

コ・ムニョンが起きてきたのでムン・サンテは心配して大丈夫か聞いた。そして「宿題をみて」とコ・ムニョンに話した。コ・ムニョンは「もうその宿題はしなくていい。絵本は出さない。今日出ていって」と言った。ムン・サンテは「勝手に言ってろ。腹刺されても出ていかないぞ」と言った。

ムン・ガンテはオ・ジワンに自分の身に起きたことを改めて話し、辛さを語った。オ・ジワンは「離れても辛いなら一緒にいなさい。」と言った。

コ・ムニョンは書斎を片付けた。駆けつけたイ・サンイン達に「もう絶筆する。書きたいものがない。この家も売るわ。代表もソウルに帰って」と言った。イ・サンインは「執筆はムニョンにとって生きるすべだった。執筆しないことは死ぬのと一緒だ」と言った。

コ・ムニョンはベットで母との間で起きたことにうなされていた。その手にムン・ガンテはマンテ人形を握らせた。コ・ムニョンは起きて「早く出ていって。私にはマンテ人形だけでいい。ガンテはいらない。私は隔離されるべき人間なの。ひとりで生きていく」と言った。ムン・ガンテは「ひとりではもう生きていけない。愛情に飢えている子だってこと分かっているから。」そして昔話を語り始めた。仲のいい兄弟は一緒に暮らせば無駄足を踏まないという教訓の話しだった。「話しをしよう」と言ったあと「意地を張るな!」と怒鳴ってしまった。怒鳴ったことにコ・ムニョンは逆ギレした。

ムン・ガンテは兄のもとに戻り、昔話をしたことが逆効果であったことを話した。ムン・サンテは「お前の話し方が悪い。ムン・ガンテは面白くない男だ」と言った。

コ・ムニョンはまた「いつ出ていくつもりだ?」とムン・ガンテに言った。ムン・ガンテは「水道管が破裂したから当分出ていかない」と嘘をついた。

ナム・ジェリはコ・ムニョンに電話し「母が体調不良だから様子を見に行ってほしい」と言った。コ・ムニョンは断ったが結局ナム・ジェリの家に行った。ナム・ジェリの母はコ・ムニョンのためにおかゆを作った。ナム・ジェリの母は「何も食べてないと聞いたわよ。みんなで考えた作戦なのよ。食べなさい」と言った。コ・ムニョンはおかゆを食べはじめた。ナム・ジェリの母はムン・ガンテがコ・ムニョンに食事を食べさせてほしいと頼んできたことを打ち明けた。ナム・ジェリの母は「みんなあなたの食べる可愛い顔が見たいのよ」と暖かく見守った。

ムン・ガンテとムン・サンテは木にこないだコ・ムニョンと撮った家族写真をかけて「お母さんの木」にした。ムン・ガンテは「お母さん。聞いたでしょ。兄が弟を守ってくれるって」と話しかけた。

コ・ムニョンが家に帰ると、ムン・サンテが階段で寝て待っていた。コ・ムニョンに「宿題をみてほしい。僕はこれからも絵を描いていくのだから」と言った。コ・ムニョンは絵をチェックした。そこには幸せそうに寝ているガンテの寝顔が描いてあった。その絵を見てコ・ムニョンは泣き始めた。「あまりにもかわいくて泣いてしまった。この絵ちょうだい」とムン・サンテから絵をもらった。ムン・サンテはOK精神病院に母の木があり、そこに家族写真を飾ったことをコ・ムニョンに伝えた。

コ・ムニョンは母の木を見に行った。そこへムン・ガンテが来た。ムン・ガンテは「僕が必ず乗り越えて受け止めるから一緒にいよう」とコ・ムニョンに伝えた。去ろうとするコ・ムニョンにムン・ガンテは「愛している」と叫んだ。「愛している、コ・ムニョン」。しかし、コ・ムニョンは去る。

家に帰ってムン・ガンテはコ・ムニョンに迫った。強引なムン・ガンテにコ・ムニョンは驚いたが、、、

サイコだけど大丈夫【第15話】の最新話を含めNETFLIXをすぐに視聴する

サイコだけど大丈夫【第15話】のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でサイコだけど大丈夫【第15話】を観たいですよね!

NETFLIXを使えばサイコだけど大丈夫を今すぐ視聴可能です。

サイコだけど大丈夫【第15話】のネタバレ感想と考察

母親の影に苦しむコ・ムニョン

コ・ムニョンは自分の側ではムン・ガンテもサンテも苦しむため突き放そうとする。自身もまた母に暴行を受けて苦しむ。早く幸せになって欲しいばかりだ。

強引なムン・ガンテ

今まではコ・ムニョンがムン・ガンテを追いかけ回していたはずなのに今回は立場逆転。いつしか見たような「愛している!」のシーンも今度はムン・ガンテがコ・ムニョンに告白する。ムン・ガンテの必死な姿も見ていて可愛い。

次回も期待!

まとめ

以上、サイコだけど大丈夫【第15話】のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です