サイコだけど大丈夫第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

サイコだけど大丈夫【第13話】の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画でサイコだけど大丈夫【第13話】を観たい!という人には、NETFLIXで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

サイコだけど大丈夫【第13話】のネタバレ!

車の中でムン・ガンテはコ・ムニョンの母が書いたであろう「もうすぐ行くから」というメモを見ていた。その後、眠るコ・ムニョンの横に座り、コ・ムニョンの顔を撫でながら、今後どうするかを考えていた。

翌朝、コ・ムニョンは家族写真を撮るスタジオの住所メモを残し、ムン・サンテと先にスタジオに向った。ムン・ガンテは家族写真を撮るようのスーツを開いてみた。その中にマンテ人形とコ・ムニョンからの手紙が入っていた。「マンテのおかげでよく寝れるようになった。家族ができて嬉しい」と書いてあった。そのメモを読んだムン・ガンテはスーツに着替えた。そして、写真撮影のスタジオへ向った。

スタジオに現れたムン・ガンテをみたコ・ムニョンとムン・サンテは驚き、そして笑顔になった。コ・ムニョンは「(来なかったら)合成写真にしようかと思ってた」と言った。カメラマンに「楽しく撮りましょう」と言われ3人は笑顔で写真を撮った。

一方、ナム・ジュリとイ・サンインとの間は少しすれ違いが生じていた。イ・サンインが見合いをしたことをナム・ジェリは気にしていたが素直に気にしていると言えないでいた。

スンジェとコ・ムニョンが絵本美術館で待ち合わせしていたので、家族写真撮影後3人で美術館へ行った。スンジェがムン・ガンテのスーツ姿を褒めたので、コ・ムニョンは「スーツは変だから着ないで、保護士の格好をして」と言った。ムン・ガンテもコ・ムニョンに「おしゃれをするな、変だから」と返した。

絵本を読むムン・ガンテにコ・ムニョンはチョ・ジェスに言われた忠告について話した。ムン・ガンテは「今まで誰かを守ることに疲れ果てていた。けど、家族を守ることは格好いいことだ。誰にも手出しはさせない」と言った。コ・ムニョンは「その家族に私も入っている?」と聞くと「家族だ」とムン・ガンテがコ・ムニョンの手を握って答えた。

イ・サンインのもとにナム・ジェリの母スンドクが夕食を運んだ。「なんで夕食を抜くの?」と聞かれるとイ・サンインは「仕事があったので」と言った。その後、ナム・ジェリに見合いのことを話して失敗したことを話した。ナム・ジェリの母スンドクはナム・ジェリが父親を頼りにしていた話をした。

外出から帰ってきた3人。コ・ムニョンは早速家族写真を飾る場所について話した。しかし、ムン・ガンテは「別の場所で暮らさないか}と言った。「蝶が現れるから?」とコ・ムニョンが言ったがムン・ガンテは「違うんだ」とコ・ムニョンを抱きしめた。

兄のいる部屋へ戻ったムン・ガンテはムン・サンテより、「なんで顔が赤いのか?」と聞かれる。「喧嘩するより全然いいけどね」と言われ、2人でアニメのテレビをみた。

翌日、ムン・サンテは病院の壁に描いている絵の仕上げを進めていた。入院患者と話ながらいつ”蝶”の絵が書けるようになるか話をしていた。

一方ムン・ガンテは卜・ヒジェが残していったであろう、メモを院長に見せた。院長は「院内の誰も信じないほうがいい。私も含めて。お兄さんもコ・ムニョンも1人にしないほうがよい」とムン・ガンテに忠告する。ムン・ガンテはコ・ムニョンにも電話し、誰かと一緒ではないかと確認の連絡を入れた。その際に横から入院患者のユ・ソンへがムン・ガンテに話かけた。ユ・ソンへは幼いころ母に虐待され乖離性人格障害であった。

コ・ムニョンの父もいよいよ命が危なくなってきた。ムン・ガンテはその事実をコ・ムニョンに伝えなければならなかった。

コ・ムニョンはムン・サンテが描いた挿絵にダメ出しをしていた。「なぜキャラクターに表情がないのだ?」とコ・ムニョンはムン・サンテに問うた。ムン・サンテは「表情が描けないんだ」と言った。コ・ムニョンは表情を描けるように勉強するようムン・サンテに宿題を出した。

仕事から帰ってきたムン・ガンテはコ・ムニョンに絵本の作成進み具合を聞いた。そして、コ・ムニョンの父が危篤状態であることを伝えた。コ・ムニョンは「わかっている」と答えた。ムン・ガンテは父親と話すことをコ・ムニョンに勧める。コ・ムニョンは自分が辛い幼少期を過ごしているときそれを傍観していた父を恨んでいたことをムン・ガンテに話した。

入院患者のユ・ソンへのもとへその父親が自分に肝臓を分けてほしいと頼みにきた。ユ・ソンへは昔、自分の母からの虐待を傍観し、自分を捨てた父を責めた。ユ・ソンへの父は去ってしまった。

ムン・サンテはコ・ムニョンから言われたとおり、人の顔の表情を書く練習をしていた。練習台はチョ・ジェスにしてもらった。そこへスンジェも来たので、”愛らしい顔”を作ってもらった。その顔をみたチョ・ジェスは「かわいい」と言った。

コ・ムニョンはナム・ジェリを家に招いて一緒に飲んだ。コ・ムニョンは「もし、私達の両親が反対だったらどうだったかな?」と話した。ナム・ジェリは「多分あなたは生意気だから母から殴られていたはず」と返して2人で笑った。

コ・ムニョンはナム・ジェリに「私は母が怖かった、ある少年と一緒に逃げようとしたが母がいてできなかった。父は一度だけ童話を読んでくれただけ。でもその一度読んでくれた記憶が消えないの」と言った。

コ・ムニョンの父コ・デファンは朦朧としながら「自分は罪を犯したが許しを請う人がいない、私は妻を殺した。妻は人を殺しても鼻歌を歌っていた」と言った。

ムン・ガンテの母は昔コ・ムニョンの家の家政婦として働いていた。しかし、何か気に食わないことがあったのかコ・ムニョンの母はムン・ガンテの母を殺害した。そのことを知ったコ・ムニョンの父コ・デファンはコ・ムニョンの母を階段から突き落とした。そのすべてを幼いコ・ムニョンは見てしまっていた。母の頭からは血が滴り落ちていた。父は母を別の場所へ運んだ。コ・デファンは「ムニョンはすべて知っている。あの子は何も悪くない。悪いのはすべて私なんだ」と話した。

夜勤を終えたムン・ガンテが家に帰るとコ・ムニョンがソファに寝そべっていた。寝ているコ・ムニョンの手をとりムン・ガンテはコ・ムニョンの顔を見つめる。

コ・ムニョンの父コ・デファンは旅立った。

コ・ムニョンとムン・ガンテ、ムン・サンテはコ・デファンの遺骨安置場に行った。コ・ムニョンは昔父が童話を読んでくれたことを思い返す。

ムン・ガンテはおかずを分けてもらうためナム・ジェリの母のもとへ行った。ナム・ジェリの母は「これからいっぱい幸せになりなさい」とムン・ガンテを勇気づけた。

コ・ムニョンは家族写真を飾り、それを見つめながら「キャンピングカー買ってこれから3人でいっぱい遊ぼう」と言った。そして「あなたが一番欲しいものは何?」と聞いた。ムン・ガンテは「僕は学校に通いたい、夜間でもいい」と言った。コ・ムニョンは「女が寄ってくるから通信制の学校にしなさい」と言った。ムン・ガンテは「君はなぜ童話作家になったの?」と聞いた。コ・ムニョンは

翌日病院へ3人で行くと、ムン・サンテが進めていた壁画に蝶が描かれていた。ムン・サンテは「なんで”あの蝶”が描かれているんだ。僕の母さんを殺したおばさんがつけていた蝶だ」と言った。母がつけていた蝶のブローチだと気づいたコ・ムニョンはムン・ガンテに「違うと言ってよ!」と叫び去ってしまった。

ラストシーン車で海岸沿いを走る蝶のブローチをつけた女性が登場。コ・ムニョンの母なのか、、、

サイコだけど大丈夫【第13話】の最新話を含めNETFLIXをすぐに視聴する

サイコだけど大丈夫【第13話】のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でサイコだけど大丈夫【第13話】を観たいですよね!

NETFLIXを使えばサイコだけど大丈夫を今すぐ視聴可能です。

サイコだけど大丈夫【第13話】のネタバレ感想と考察

家族になると決めた3人

過去、お互いの母についての事実を知ったムン・ガンテ。それでもコ・ムニョンを思う気持ちが強く、一緒にいることを決意。コ・ムニョンもムン・サンテを大切に思い、本当の家族の形が見えてきた。お互いの過去を知り、絆もより一層深まった感じだった。

最後に出てきた母の問題

ラストシーンにまた出てきた母の問題。もう、出てこないで〜と言いたくなるところだが、コ・ムニョンの母はムニョンにつきまとう。自分の母がしでかした事実を知ってしまったコ・ムニョン。これからどうなるのか?

次回に期待!

まとめ

以上、サイコだけど大丈夫【第13話】のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です