ロマンスは別冊付録最終回(第16話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ロマンスは別冊付録最終回(第16話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ロマンスは別冊付録最終回(第16話)のネタバレ!

ダニは初出勤を迎えると、キョル出版の社員たちから大歓迎を受けました。ウノも隠れたところから、指ハートを送るなど歓迎しました。

そんな中、ジユルは自分が発見したカン・ビョンジュン先生の「英雄たち」が横取りされたと思い、ジホンにバラしてしまいました。それを聞いたジホンはすぐにヘリンに「原稿を見せろ」と問い詰めると、その事実が会社中に知れ渡ってしまいました。

原稿のコピーを受け取ったジェミンはウノから絶筆宣言書を受け取った時に「僕が息子になると約束したんです。家と看護人が必要なのに頼める人がいないんです。僕を信じて助けてください」と言われたのを思い出していました。

その頃、ウノはソジュンに会うと「頼みたい本がある」というと英雄たちの原稿を渡しました。

ソジュンは「カン先生が書いたんですか?」と尋ねると「そう見えるけど僕は違うと思います。カン先生に会いたいのは単にファンだからですか?長編小説まで書きましたよね。パク先生」とウノに聞き返されてしまいます。

ソジュンは開き直り「なぜ僕だと分かったんですか?」と聞くと、ウノは「教えましょうか。カン先生の最後の小説、4月23日の秘密を」といい4月23日の原稿を手渡しました。

そして「なぜ題名が変わったのか気になっていました。内容とは無関係なのに4月23日でいいのかと。僕が初めて編集をした本なんです。だから悩みました。もう一つ疑問があります。先生の日記にこんな文が」というと1枚のメモを手渡しました。

そこには「息子が訪ねてきた」と書かれていました。

ウノは「天涯孤独のはずなのに息子とは誰だろう。疑問でした。不思議だらけでしたが、題名変更の理由がわかりそうです。息子と4月23日とあなたの誕生日。理由をご存知てすよね?答えてください」と聞きました。そしてウノは「ここに真実が詰まってます」とビョンジュンの日記とメモの入った袋をソジュンに渡しました。

ソジュンは家に帰り、日記やメモを読みアルツハイマー病だったこと、絶筆宣言をした理由を知ると自然と涙が溢れていました。

翌日、ウノは加平から電話を受けビョンジュンが危篤であることを聞かされると、ソジュンとともに加平へ向かいました。

家に着き、ビョンジュンが寝ている部屋に入るとすでにビョンジュンは亡くなってしまっていました。ウノはソジュンの手を取りビョンジュンの手を握らせると「どうか安らかに。必ず再会しましょう」と語りかけ涙を流しました。

ソジュンは言葉も発せないくらい号泣してしまいました。

後日、葬儀で再会した2人は湖のほとりで2人きりになりました。するとソジュンは「証明するためでした。認めてくれなくても僕はあなたの血を引いてると。英雄たちの投稿が僕にとっては父を呼ぶ方法でした」と語りました、

ウノは「成功しましたね。英雄たちを書いたから先生の死に目にも会えた。先生もあなたをずっと待っていたはずです。4月23日が証拠です。あなたに伝えたかったのでしょう。お前のことを忘れないと」と励ましました。

ソジュンは「感謝します。おかげで答えが出ました。父を支えてくれたおかげで。ありがとうございます」と感謝を伝えました。

そこに医者が現れると、ビョンジュンが預けていた遺書を渡されました。

そこには「認知症の老人として人の記憶に残るのが嫌だった、いっそ失踪扱いにしろとお前に頼んでしまった私は実に愚かだった。だが、これも私の人生の一部なので受け入れるべきなのだとようやく分かった。ウノ、私の人生を皆に知ってもらえるよう本に載せる私の年譜を書いてくれないだろうか」と書かれていました。

ウノはその遺書に残されていた通り、ビョンジュンの年譜を書くとそれを載せた「4月23日」の復刻版を発売し、世間にビョンジュンがアルツハイマーだったことを公表しました。

スポンサーリンク


ヘリンは会社を抜けだずとお弁当を持ってソジュンの元へ向かっていました。そのお弁当をみたソジュンは「まさか手作りですか?」と尋ねると「母のおかずを一緒に食べようと思っただけ」と答えられました。

ソジュンは「娘がおかずを持ち出すのは、恋をしている証拠だと聞いたことがあるから」と伝えました。ヘリンは動揺しながらも「私が恋を?誰に?」ととぼけました。

食事中、ソジュンは「先日、うちの前にいてくれたとか。ありがとう」と感謝を伝えました。ヘリンは「何というか、一緒に仕事をするうちに友達みたいに思えて、親しい友達」と照れながら答えました。

翌日、ヘリンとソジュンはブックカバーのデザインで揉めてしまっていました。そんな時、ヘリンの元に母親から電話がかかってきました。

「早く帰るわ」と言ったのを聞いたソジュンは「一緒に夕食をと思ってたのに」と伝えました。

ヘリンは「今日は用事があるの。お見合い。母おの友達の息子と会うの」と伝えると、ソジュンは「そんなやつと会うな」と怒鳴ってしまいます。

そしてソジュンは「父が言ってたんだ。本みたいな人間になれって。僕が君の本になってあげたい。ロマンス小説」と告白しました。

その頃、ダニは不動産サイトで引越し先を探していました。そこにウノがやってくると一緒に内見に行くことに。

後日、内見に行くとダニは気に入り「契約しようかな」とウノに相談すると「でも2人で暮らすには不便だ。僕も住むんですがそれだと狭い。彼女は気に入ったんですが、すいません」と勝手に断ってしまいました。

部屋から出るとウノは「引っ越すなら僕も連れて行けよ。一人にするな。つまりダニさんの家が僕の家ってこと」と伝えました。

食事会を終えたキョル出版の社員たちは歩いて帰っていました。するとウノは急にダニの手を握り、前に立ち付き合っていることを明らかにしました。するとジェミンもユソンの手を握りました。

ウノとダニは走り出すと、2人きりに。

ダニは「どうするの。バレたわよ」と心配すると、ウノは「バレたって構わない。カン・ダニが好きだと言いふらしたい」と言いキスをしました。

ロマンスは別冊付録最終回(第16話)の感想と考察

ソジュンはビョンジュンの息子で、ずっとビョンジュンの居場所を探していたからあれだけたくさんのビョンジュンに関する資料を持っていたのでしょう。

死に目という悲しい瞬間でしたが、ギリギリでも再会できたのはソジュンにとって、とても嬉しかったことだと思います。ソジュンが手を握り、号泣してしまったシーンはとても心打たれました。

ウノとソジュンも出会った頃はお互いに嫌っていたものの、最後には真実を知り和解できてよかったと思います。

ヘリンもアプローチの末、ソジュンと付き合うことになりました。仕事をしていく中で、お互いに性格が似ていて心地良い存在だということに気づいたのでしょう。今まで恋愛がうまくいっていなかっただけに、ヘリンには恋愛を頑張ってもらいたいです。

ソジュンが父親の遺書に書かれた文章を引用して告白するのは予想外でした。ダニに振られてからの切り替えの速さにも驚きました。

キョルにもブラインド採用をするという大きな変化がありました。これはダニの活躍があったからでしょう。会社に変化をもたらす活躍をしたダニは本当に才能の溢れていると思います。

ウノとダニも結婚するのではないかというくらいの関係になりました。子供が帰ってくることを心配するダニにかけた「その時になったら考えればいい」という言葉にウノの男らしさを感じました。

さらには社員たちにも付き合っていることを公開しました。ウノはもう黙っていることができなかったのでしょう。そしてダニは自分のものだとアピールしたかったのだと思います。

紆余曲折あったものの、最後は全てがハッピーエンドに終わりよかったと思います。コメディー要素あり、感動する場面あり、ロマンスありの様々なストーリーが組み合わさった、とても面白いドラマだと思いました。

まとめ

以上、ロマンスは別冊付録最終回(第16話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です