私のIDはカンナム美人第6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


私のIDはカンナム美人第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のあらすじネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で私のIDはカンナム美人第5話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私のIDはカンナム美人第6話のあらすじネタバレ!

試香会が終わりミレは帰ろうとするとヘソンに「予定がなければ夕食を一緒にどう?」と誘われます。ミレは驚きながらも「嬉しいです」とヘソンと食事に行くことにします。

ミレたちは開講パーティーで使ったユジンのお店に行きます。2人がお酒を飲んでいるとヘソンに「秀でていることじゃなく、平凡さを羨むのは悲しいことだから」と言われ、ミレは中学生の時のことを思い出しました。

中学生の頃、自殺しようとしていたミレのことを止めてくれたのがへソンだったのです。

そんな話をしているとギョンソクがユジンの店へやってきました。ギョンソクがミレに気付くと、そのテーブルにはヘソンの姿が。

するとギョンソクは「どうしてここに?」と言うと、ユジンに「悪いけど今日は手伝えない」と伝え、帰って行きました。ミレは呆気に取られていると「私の息子なの」と聞かされます。

ギョンソクは帰り道に幼い頃、両親が喧嘩している姿を思い出していました。

翌日、ミレは学校に行くものの前日の出来事もありギョンソクに気まずさを感じていました。するとギョンソクから「ちょっと話そう」と言われます。

2人になると「なぜあの人と?」と聞かれます。ミレは「あの日、香水の試香会で会ったの。ウヨン先輩もきてて学科の先輩だと紹介された」と説明すると「初対面の人と酒を飲むのか?」と問い詰められてしまいます。ミレは「それは…試香会が終わってその場の流れでそうなったの」と説明します。

それを聞いて浮かない表情を見せるギョンソクにミレは「大丈夫?心配してたの」と声をかけます。すると「なぜお前が?関係ないだろ。他人には話すな。口止めしておいて同じ中学だと話しただろ」と言われてしまいます。ミレは「それは私の問題だったし、迷惑もかけてない」と反論するものの「お前も手のひらを返すのか。約束を守らない奴はうんざりなんだ」と言われてしまいました。

週末、ミレはヒョンジョンと買い物をしカフェを訪れていると、ヘソンから電話がかかってきます。「難しい頼みだとわかってる。でもお願いしたいの」と何かをお願いされます。

帰宅しているとミレたちは何者かにつけられていることに気づきます。ミレはその犯人を追いかけました。警察の助けを借り犯人を捕まえると、そのまま警察署に。

警察署に行くとミレは「数日前から誰かに付き纏われてて」と伝えます。すると犯人だった少年は「僕じゃありません。今日初めて見る人です。芸能人みたいだから確かめようと」と言われ、謝られます。

スポンサーリンク


すると、そこにテシクが「どいつだ、出てこい」と怒りながら現れました。その後、テシクは「尾行していたのはお父様だと?」と警察に聞かれると「安全に帰宅するか確認してました」と自白しました。

翌日、ミレはギョンソクを呼び出すと「お酒でも飲まない?」と誘います。

飲みに行くとギョンソクに「ごめん。あの人とのこと、お前に八つ当たりした。怒ってたんだろ?」とと言われると「私は心が広いの」とギョンソクの態度を許しました。

ミレは一気にお酒を飲み干し、気合を入れると「怒らないで聞いて。本当にお母さんと会いたくないの?」と聞きます。その言葉を聞いたギョンソクは「そのために誘ったのか?心が広いってのはお節介ってことか」と不機嫌な態度をとります。

その言葉を聞いたミレは「あなたとは状況が違うけど、私も父に会えてなかったの。父が整形に反対してたのに、語学学校に行くと嘘ついて整形したの」と赤裸々に語り始めました。

私のIDはカンナム美人第6話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

私のIDはカンナム美人第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で私のIDはカンナム美人第6話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば私のIDはカンナム美人を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

私のIDはカンナム美人第6話の感想と考察

ミレはヘソンがギョンソクの母親だと知ってとても驚いていました。自分の命を救ってくれた人が同級生の母親で憧れの人だったというのはかなりの衝撃だったと思います。

ヘソンはギョンソクに久しぶりに会った様でした。サンウォンと離婚してから今までギョンソクと会うことはなかった様でした。なぜ今までヘソンはギョンソクたちと合わなかったのでしょう。理由が気になります。

ミレが何者かにつけられていると思っていた正体はテシクでした。テシクは整形には反対したものの、やはり自分の愛娘としてミレのことが気になっていたのでしょう。きっと綺麗に生まれ変わったことで、さらに心配になったのだと思います。ミレがストーキングされたことを聞いて駆けつけたと言うことは、やっぱり心の中ではミレのことを大切に思っているのでしょう。

そしてウンシムの口座に手術代だといってお金を振り込んでいましたが、ある意味テハクはミレの整形を受け入れたと言うことだと思います。

ミレはギョンソクを呼び出し、本当に母親と会いたくないのか聞きました。これがミレがヘソンから頼まれたことなのだと思います。

ギョンソクはヘソンの話をするのをとても嫌がっている様子でした。少しでもヘソンの話をしようとするとあからさまに不機嫌そうな態度をとっていましたが、ギョンソクとヘソンの間に何があったのでしょうか。そして、ギョンソクとヘソンは再び顔を合わせることがあるのでしょうか。

まとめ

以上、私のIDはカンナム美人第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です