キム秘書はいったいなぜ第22話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


キム秘書はいったいなぜ第22話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

21話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画でキム秘書はいったい、なぜ?第21話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

キム秘書はいったいなぜ第22話のネタバレ!

ソンヨンは真実を聞かされて茫然としたまま歩いていました。

すると不意に子供の頃、ヨンジュンが誘拐された廃墟に連れて行かれ「本当にソンヒョンがここに閉じ込められてたの?僕が置き去りにしたから?僕のせい?」と言っていた記憶を思い出していました。

「違う、そんなはずない」と呟きました。

ソンヨンは家に帰ると「なぜ僕に言ったの?なぜ今更打ち明けたんだよ。最初は僕の過ちだとしても、今は違う。なぜ僕の記憶違いだと教えてくれなかったんだ」とチェ女史を問い詰めます。

チェ女史は謝ることしかできませんでした。

すると「ヨンジュンはきっと腹の中で僕を嘲笑ってた。記憶を失ってなんかない。ヨンジュンは覚えてる」と言われてしまいます。

ヨンジュンは病室に戻ると「大事なお客様をお連れした」と言うとナナハウスをプレゼントしました。喜ぶミソに「これなら君の夫になれるよな?」と聞くと「夫?何の話ですか?」と言われてしまいます。

「覚えてない?ナナハウスを買えるほど金持ちかと尋ねながら俺に結婚を迫った」と聞くものの「私が?覚えてません」と言われるとヨンジュンはショックを受けてしまいました。

ミソは「ご存知ですか?犬のガムの原料は牛の皮です。だから土に埋めると跡形もなく消える。きっとビックバンのガムも消えています。記憶もガムのように消すことができるんです。一緒にあの時の記憶を土に埋めましょう」と伝えました。

するとヨンジュンは後ろからミソを抱きしめました。

翌日、ヨンジュンは精密検査を受けるように言いますがミソは「今日から出社します。仕事が忙しいんです」と反対します。ヨンジュンは「君の責任感と情熱は高く評価してきた。でも今後は違う、俺の彼女だから。だから休め」と伝えると役員会に向かいました。

役員会が終わりオフィスに戻ると、そこにはミソの姿が。

ヨンジュンは驚きながら「休めと言ったろ」と言います。

ですがミソに「大丈夫だと言いました。特別扱いされて休むのは嫌です」と言われると、不機嫌なままオフィスに入って行きました。

ヨンジュンは「またキム秘書が倒れたら俺の寿命は縮む。休ませる方法は?俺の体くらいセクシーな脳よ、何とかアイデアを出してくれ」と考えました。

アイデアが思いついたヨンジュンはホテルのスパに秘書室全員で行くように伝えました。

ミソがスパでマッサージを受けるのを待っているとヨンジュンから「キム秘書、楽しんでるか?」とメッセージが届きます。

「おかげさまで。しっかり観察して良い報告書を書きます」と返事をすると「観察はいい、ゆっくり休め。君を休ませるためだ。1人だけだと特別扱いだが、これなら違う」とまたメッセージが届きます。

そして「感謝します」とハート付きでメッセージを返信しました。ヨンジュンは思わず満面の笑みを浮かべました。

ヨンジュンはユミョンランドの地図と過去の地図を見比べていました。

その後、社員たちがスパから帰ってきたのを確認すると「今日はゆっくり休んでくれ」と伝え、ミソだけを残し他の社員たちを帰らせました。

ヨンジュンは「出かけようと」ミソに言うと行き先を告げずに車を走らせました。

2人はユミョンランドを訪れました。ミソは「なぜ急にここへ?」と聞くとヨンジュンは「見せたかった」と言いメリーゴーランドの前で立ち止まりました。

「ここだった。あの家、監禁されてた場所。急に思い立って航空写真や昔の住宅地図と遊園地の地図を照らし合わせたらここだった。事実を知ってまず思った。良かったと。あの忌まわしい記憶が木馬に乗る人々の幸せな笑顔で覆われるから」と語りました。

スポンサーリンク


ミソも「そうですね。ここはもう苦しさではなく、楽しさでいっぱいです」と言うと2人はメリーゴーランドを眺めました。

「もう1つ見せたい場所がある」と言うと、噴水の前に連れて行き「自分の家がどこか気にしてたよな。ここだ」と教えました。

するとミソは「本当に?私の家だったなんて不思議。お化け屋敷やトイレじゃなくて良かった」と笑みを浮かべました。

そんなミソにヨンジュンは「わからないだろ。あの時のことをこうして話せることにどれほど意味があるか」と感慨深そうな顔で語ると、ミソはヨンジュンを見つめそっと手を握り「私たちは幸せになれる。ずっと一緒だから」と伝えました。

その言葉にヨンジュンも微笑みました。

家に送ってもらったミソは帰ろうとするとヨンジュンは「キム秘書。良い夜風だ、散歩したいだろ?願いを叶えてやる」と散歩に誘いました。

ベンチに座るとヨンジュンは「今夜はうちに来い。1人にしたくないんだ。俺は事件の後遺症で長く苦しんだ。眠れなかったり、寝ても悪夢にうなされた。君もそうなるかと思うと心配だ。だから今夜は1人にしたくない」と誘いました。

ですが「感謝します。でも大丈夫です。あの時のことはよく覚えてません、幼かったので。ただ、死体をクモだと思ったことをぼんやり覚えているだけ。その程度なので平気です。本当に辛い時はきちんと話します。その時はまた守ってくれますか?」と断られました。

ヨンジュンは「もちろんだ、守ってやる。怖くなったらすぐ連絡しろ。一晩中待ってる」と答えました。

ヨンジュンは家に帰るとミソの愛読書「すべての瞬間が君だった」を手に取ると、それを読みながらミソとの思い出を思い返していました。

ミソも寝る準備をしているとチャイムがなりました。すると玄関にヨンジュンが立っていました。「なぜここに?」と聞くと「いやなんだろ?うちが嫌なら俺がここで寝る。一緒に寝よう」と言います。

キム秘書はいったい、なぜ?第22話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

キム秘書はいったい、なぜ?第22話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でキム秘書はいったい、なぜ?第22話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばキム秘書はいったい、なぜ?を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

キム秘書はいったいなぜ第22話の感想と考察

ソンヨンは自分の記憶が違ったことにとてもショックを覚えているようでした。さらにヨンジュンが記憶をなくしていないことにもショックを受けていたようです。「ヨンジュンは自分のことを嘲笑っていたんだ」と被害妄想をしているようでした。

ソンヨンにとってそれほどヨンジュンは憎い存在のようです。こんな状態で2人が和解することはできるのでしょうか。

さらにチェ女史もヨンジュンが記憶をなくしていないことを聞き、ショックを受けていたようです。ヨンジュンは家族にも記憶が残っていることを打ち明けていなかったのでしょう。ヨンジュンに記憶が残ってると知った今、どのような対応を取るのでしょうか。

ミソはいくら彼女だからと言えど、仕事の面では特別扱いをして欲しくないようです。公私混同しないようにしっかりと線を引いているのは良いことだと思います。それでも特別扱いしようとするヨンジュンとのせめぎ合いは、ある意味微笑ましい状況だと思います。

ミソは他の社員たちにヨンジュンの性格を悪く言われますが、言い返せずにいました。まだ、付き合っていることを周りに教えたくないようです。

いつになったら付き合っていることを明らかにするのでしょうか。

ヨンジュンはミソを誘拐された場所に連れて行きました。2人にとって、誘拐事件は辛い出来事でしたが、今となってはお互いに共有できる大切な思い出になっているようでした。

その夜、ヨンジュンはミソの家を訪ね一緒に寝ようと誘いましたが、初めて2人で過ごす夜はどうなってしまうのでしょうか。

まとめ

以上、キム秘書はいったいなぜ第22話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

23話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です