賢い医師生活第3話のあらすじネタバレ&感想考察!

賢い医師生活,第3話,ネタバレ

スポンサーリンク


賢い医師生活第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

賢い医師生活第3話のネタバレ!

ジョンウォンは腹痛を訴える小児患者を診ていた。子供が泣き止まないため、母親とあやしていたが、何故か最終的にはジョンウォンが悪者扱いされる。

一方ジュンワンは感染性心内膜炎の患者を診ていた。即入院して手術したほうが良いと勧めるが、患者は3日後に娘の結婚式を控えており、手術は来週以降にしてほしいという。しかし、ジュンワンは「駄目です。死にたくなければ。結婚式は写真撮って後でみればいいでしょう」と冷たく言い放つ。付き添いの娘は看護師に「失礼な先生ですね」というと、看護師は「すみません、そうなんです」と言った。

ソンファも部下を連れて回診、イクジュンはギョウルに誰の手術に付き合うか選んでもらっていた。

ジュンワンはPICUでまだ3キロしかない赤ちゃんの患者をみていた。ジェハクが連れていた実習生に先天性の心臓病でTGAの手術で心臓が腫れて閉じられなかった患者の処置を見せていた。しかし患者は熱があり、手術ができない状態であった。ジュンワンは保護者に手術の延期について説明した。保護者はあっさり承諾したためジェハクがあれこれ言う。ジュワンは喋りすぎを注意する。

ソンファのオフィスでソンファとジョンウォン、イクジュン、ジュンワン、ソッキョンの5人で集まって休憩していた。そこで専門医試験のあと1ヶ月ハワイにいた時の話が出る。イクジュンが話しの途中でもウロウロするためソンファが怒る。

ギョウルがいつもイクジュンの手術に付きそうため、周りはイクジュンのことが好きなのか聞いてくる。ギョウルは悪気もなく、好きだと答える。

ソンファのオフィスで引き続き5人は昔話を続ける。ソッキョンがイクジュンの歌が好きだというので、イクジュンはカラオケにみんなを誘うが、みんな忙しいと断る。

イクジュンは息子のウジュとカラオケ店の前に立ち、青春を振り返る。昔そこでよく歌っていたのだ。5人でカラオケに行っていた学生時代が蘇る。

週末、ジョンウォンはマラソン大会に参加する。ソンファはキャンプに行く。しかし、部下のソクミンから連絡を受け、退散する。ジュンワンは接待ゴルフに行く。

ソッキョンはカフェで女医達に囲まれる。しかし、居づらくなってすぐ退散する。女医達の一部にはソッキョンは好感を持たれていた。

イクジュンは急患患者のため、週末でも病院へ駆けつける。しかし、患者はイクジュンの顔をみて治ったと言った。イクジュンがオフィスに行くとゴルフに行っているはずのジュンワンが寝ていた。お互いの患者の話をいたが、イクジュンの妹の話しが出て来る。

マラソン大会に出場していたジュンウォンも戻ってきた。その時イクジュンの奥さんから電話がかかってくる。ジョンウォンもジュンワンもイクジュンの妻の悪口をいう。

イクジュンとギョウルはジョンウォンの写真をみていた。ギョウルはジョンウォンが好きなのだ。ジョンウォンの写真を引き換えにギョウルはイクジュンの手術に付き合ったりしていたのだ。イクジュンはジョンウォンが神父になりたがっていることをギョウルに伝える。

そこへジョンウォンが来てイクジュンとギョウルの仲を疑う。イクジュンはジョンウォンにギョウルをどう思うか聞くがジョンウォンは顔をしかめる。

ジュンワンの患者の手術が始まる。患者に付きそう娘が不安げに手術についてジュンワンに問う。ジュンワンは「(手術が成功するか)断言はできません。急変もあります。最善を尽くします」と言って、手術室に入っていった。ジェハクはその後を追い、ジュンワンに「今日は娘さんの結婚式なんですよ、成功すると声かけてあげればいいじゃないですか。感情がない」と言った。しかし、ジュンワンは「感情が手術に役立つか?あと、患者に絶対言うなよ、”簡単な手術です””絶対に成功します”とか」と言って手術の準備を始めた。

スポンサーリンク


ジュンワンがカフェに行くと実習生が声をかけてきた。カフェで実習生がジュンワンになぜ胸部外科を専門に選んだのか聞く。ジュンワンは先輩に誘われたからとあっさり理由を答えた。

ジュンワンはPICUで乳児の状態を診ていた。ジュンワンは看護師に保護者を呼ぶように言うが、乳児の両親は帰宅しており、その祖母達が残っていた。ジュンワンは祖母達に手術の詳細については両親に話したいと言ったが祖母達は2人は未熟だから自分達に話して欲しいという。ジュンワンは両親に話すと言って譲らなかった。

ソンファは厳しく部下の指導にあたっていた。急患がきたので手術の段取りをミーティングし、その後皆で歩いていると庭の造花が替えられていた。皆、ソンファが行く週末のキャンプについて行きたいと言い出す。

ジュンワンはジェハクにスーツを借りて、患者の娘の結婚式へ参加していた。ジュンワンの患者は無事手術が成功しており、結婚式を終えた娘達は父に会うことができた。

イクジュンは久々に会った妻から離婚を言い渡されていた。イクジュンは妻のドイツ転勤についていくと言ったが、妻から断られたため、息子のウジュと韓国に残り、病院勤務していた。しかし、妻は「もう夫婦でいる意味を考えられなくなった。」と離婚を譲らなかった。

ソンファはチホンと話していた。ソンファはチホンに「自分は年250件以上手術をこなしている。チホン、気を抜かないで欲しい。患者や手術に対して。仕事はすぐ慣れてしまうけど、この仕事は慣れが禁物なの」と話す。そして自分についてきて欲しいと言った。

ジュンワンはPICUの乳児の様子を帰りがけに診に行った際、乳児の母親に遭遇する。今まで冷淡であった母親は一変して泣き始め、今まで泣くのを我慢していたことをジュンワンに話す。ジュンワンは母親に「最善を尽くす」と約束した。手術は無事成功し、乳児の心臓は力強く動いた。ジュワンは手術を見学していた実習生に乳児の鼓動を感じさせる。実習生は感動し、「胸部外科を目指します」と言う。実はジュンワンも弱った心臓が手術によって回復した感動がきっかけで胸部外科を目指したのであった。

手術を終えたジュンワンは真っ先に乳児の両親へ手術の成功を伝えた。

イクジュンは息子が妻とご飯を食べに行った後、ピーナツアレルギーを起こしたと連絡を受ける。その店に食べた内容を聞くため連絡すると、他に男が一緒だったことが発覚する。更にイクジュンが手術して退院した患者が事故にあい脳死状態となって再び病院に戻ってくる事態が起きていた。患者は脳死状態のため臓器提供される手続きがとられていた。イクジュンは患者の家族を思い、「今日はこどもの日だ。あと10分心臓の摘出を遅らせて、12時に心臓摘出を行いたい」と申し出た。

ジュンワンは急患のため、病院へ駆けつける。そこにはイクジュンの妹イクスンが事故にあい、ベットでもがいていた。

ソンファは雨の中でもキャンプへ行った。誰も来ないと思っていたが、チホンが来た。そして、チホンは「僕が贈った靴履いてますね。」と靴を誕生日にソンファへ贈ったのは自分であることを告げた。

賢い医師生活第3話の感想と考察

散々なイクジュン

妻には離婚を言い渡され、しかも男の気配がある。そして救った患者は脳死の状態で戻ってくる。散々なイクジュンだが、それでも患者の心臓摘出をこどもの日にはさせないなど、他人を思いやる気持ちで周囲を和ませるイクジュン。やっぱり素敵!

ジュンワンとイクスンの出会い

ジュンワンは以前からイクジュンの妹の名前は聞いていたが、実際に会ったことはなかった。交通事故により、突然の出会いとなる。今後この2人はいかに!?

次回に期待!

まとめ

以上、賢い医師生活第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です