チュノ(推奴)第21話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


チュノ(推奴)第21話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

20話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画でチュノ(推奴)第21話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

チュノ(推奴)第21話のあらすじネタバレ!

宴の準備が整い、テギルを歓迎してチャッキは宴会を開きます。

宴会の最中、どうしてもオンニョンのことが気になるテギル。

オンニョンを見ているのが辛くなり、皆のところを離れます。

それに気付いたチェ将軍がやって来て「辛いなら休め」と励ましますが、動こうとしないテギル。

そして「ずっと会いたくておかしくなりそうだったが、今は毎日会うのが地獄の苦しみだ」と言います。

辛そうなテギルを見ていられないチェ将軍は「推奴などやめてすべて忘れて楽しく暮らそう」と言いますが、テギルはテハと共に漢陽へと向かうことに。

チョルンへの復讐を果たすという名目で、オンニョンの為テハの力になろうとするテギル。

その頃、決戦の日に向けて訓練を続けていた奴婢団にも変化が訪れます。

オッポクに想いを寄せていたチョボクがなんと嫁に行くことになります。

突然のことに戸惑いつつも、断ることはできず受け入れるしかないチョボク。

オッポクも奴婢団の長から受け入れがたい指示をされます。

決戦の日、逃げ遅れて生け捕りにされた仲間たちを殺すように言われたのです。

「仲間を殺すなんてできない」と反論しますが、「拷問されて口を割られればすべてが無駄になる」と言われ何も言えなくなるオッポク。

一方、仲間たちを失い1人で奮闘していたテハの部下ハンソン。

共に戦ってくれる仲間を集めようと、水原のある屋敷を訪ねます。

しかし、すっかり左議政の手先となったチョ学者により阻止され殺されてしまいます。

同じく水原に向かっていたものの一足間に合わず、ハンソンを助けられなかったテハ。

スポンサーリンク


ハンソンの遺体を前に言葉を失い涙します。

そんなテハを慰めようとするも、思い留まるテギル。

「こんな騒ぎを起こせば追手が来る、もう行くぞ」とだけ告げます。

ハンソンを人気のないところで弔うテハに、チョ学者の仕業だろうと言うテギル。

チョ学者の裏切りを信じられないテハに、テギルは「生きている奴は信じられない」と返します。

相容れない考えを持ちながらもテギルは、次は漢陽を目指すというテハの為馬を借りに行くことに。

しかし、ハンソンの遺体を見つけたチョルンがテハを追ってきていて…。

チュノ(推奴)第21話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

チュノ(推奴)第21話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でチュノ(推奴)第21話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばチュノ(推奴)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

チュノ(推奴)第21話のネタバレ感想と考察

オンニョンを想って苦しむテギルが辛かったですね。

「会いたくておかしくなりそうだったのに、今は地獄だ」という言葉にオンニョンへの愛の深さが現れていました。

オンニョンが婚礼を挙げたと知って一晩中泣いていたテギルを思い出した。

そしてついに、テハとテギルという最強コンビが生まれる展開も面白かったです。

一緒に死刑にされそうになったあたりから、2人は協力するようになるのかな、と思っていましたが、実際そうなるとアクションシーンも本当に見応えがありますね。

話自体はかなり佳境に入ってきて、恋愛要素というより政治的な展開が増えてきました。

チョ学者の裏切りや、ハンソンの死など、テハにとって衝撃的な展開も続いています。

一時のテギルのように自分を見失ってしまわなければ良いのですが…。

まとめ

以上、チュノ(推奴)第21話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

22話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です