ある春の夜に第7話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第7話のネタバレ!

ジョンインがジホの横にギソクがいることを知り電話を切ろうとしますが「切らないで」と止めてしまいます。

すると電話からジホが「先輩、車を止めてください」と言うのが聞こえてきます。それを聞いたジョンインは思わず電話を切ってしまいます。ジホは信号で止まると車から降り、走り出します。

ジョンインもじっとしていられず家を飛び出します。

ジホがジョンインのマンションのエントランスに着くと、そこにはジョンインの姿が。

2人は公園に移動し、ベンチに座ります。ジョンインは「後ろめたくないなら、私からだと言って代わればよかったのに」と言います。

そう言われたジホは「無理だよ。臆病者で何もできないバカだから。吹っ切れるように協力してと言っただろ」と反論します。

打ち上げに来ていたヒョンスはギソクに外に呼び出されます。ギソクは「お前の友人たちだが、僕の彼女の家に行くなんて非常識だろ。特にジホは相手がいるんだろ?理由はどうであれ他の女の家に上がり込むか?」とヒョンスに注意を受けます。ヒョンスが反論しようとすると「僕と飲んだ日、ジスがムキになってた。もしかして僕の彼女に気が?」と言われてしまいます。

屁理屈をつけてくることに腹を立てたヒョンスは「ジホに言い寄られてると彼女から聞いたんですか?正直気分が悪いです」と言い返します。

ジホは「君が好きだ。日に日にどんどん君のことが好きになっていく。先輩に別れを告げた時、本当は自分の心配をしてた。何もしてやれないのにどうしようって」とジョンインに伝えます。

ジョンインは「それでも心の内では望んでいる。お互いの思いに温度差なく、1人で傷つかずに済む恋を。今すぐあなたとどうこうしようとは思っていない」を答えました。

その思いを聞いたジホは「ずっと先になっても今の気持ちのままなら、僕のところへ」と伝えました。

ジョンインを家に送り帰ろうとするとジョンインから電話が。「振り向かないで。本当にずっと先になってあなたの元へ行っても受け入れてくれる?誰とも付き合わないで」と言われます。

ジホは思わず振り向くとジョンインの姿が。ジョンインが「自分勝手なのはわかってる。私を恨んだって構わない。だからお願い。その代わり約束するわ。誰にもあなたのことをとやかく言わせない。だから待ってて」と伝えるとジホは「待ってるから」と抱きしめました。

次の日、ジホはヒョンスとヨンジェを自宅に呼びます。ヒョンスは「よりによってなんで先輩の彼女なんだ?」と聞き出します。ジホは「実を言うと、前から知ってたんだ。僕が先に告白して彼氏がいると聞いて、友達に」と答えます。今でも友達なのか、と聞かれると「いいや、異性として好きだ。向こうも同じ気持ちさ」と答え2人を驚かせました。

ジョンインはギソクを別れ話をするために呼び出していましたが、仕事のせいといい次の日にしようと言われてしまいます。

腹を立てたジョンインは「これが愛なの?もうたくさんだわ。その恩着せがましい態度が許せない。来ても同じよ、話というのは…」と話を切り出そうとするものの「別れる気はない」と言われてしまいます。

ジョンインがヨンジェの家に行くと、ジホたちと鉢合わせしてしまいます。気を使ったヒョンスとヨンジェが先に帰り2人でご飯を食べにいくことに。

ヒョンスたちとすれ違ったことを気にするジョンインが「友達たちには?」と聞くと、ジホは「話したよ。君より僕に驚いたと思う」と答えます。

その頃、ソインの元を訪れていたヒョンソンは「私に何か隠してる?」とソインを問い詰めます。ソインは「離婚するわ。離婚に同意してくれなくて、今は別居しているの」と事実を伝えます。さらには退職願を出してきたことも明らかにしました。

スポンサーリンク


そんな話をしていると別居中のセフンが家を訪ねてきました。ヒョンソンはソインを中に残し、セフンに「別居中ならマナーをまきまえないと。失望したわ。ソインとやり直す気はあるの?これじゃ私が反対するわ。私が2人を離婚させる」と注意し、帰らせました。

次の日、ジョンインはギソクと会うことに。席に着くとギソクは「僕が無神経すぎた。別れようなんて考えたこともない。努力してみてダメなら受け入れる。父さんが会いたいと」と伝えます。それを聞いたジョンインはギソクの父親と2人で会うことにします。

その夜、ジェインはヨンジェの元を訪れますが「勉強に集中したい」と言われ追い返されてしまいます。家に帰るとジェインは「ヨンジェに振られた」とジョンインから報告されます。

それを聞いたジョンインはジホに「私のせいかもしれない」と相談します。ジホは「そんな風には思ってないよ。気にしないで」と伝えます。

ジホも「母さんに好きな人がいると話した。驚きすぎて泣いてた」と伝えます。ジョンインは「本当に今まで大変だったのね」と心配します。そして「2人で一緒に乗り越えていきましょう」とジホに伝えました。

ジョンインはヨングクとの約束に向かいました。ヨングクは「理由があって1人で来たのでは?」とさっそくジョンインの話を聞こうとします。

「正式に4年間交際していました。私がお気に召さないのはわかっています。ただ結婚前提の交際ではなかったので我慢していました」と正直な意見を伝えます。

ヨングクに「ギソクは結婚を考えてるようだが、話し合ったのかい?」と聞かれるとジョンインは「話はしました。すいません、私は結婚するつもりはありません」とストレートに答えます。

ある春の夜に第7話の感想と考察

ジョンインとジホはだんだんと2人の関係を周りに話すようになってきました。特にジホはヒョンスやヨンジェ、さらには母親のスクヒにまで好きな人がいることを明らかにしました。

これだけ親しい人たちに伝えるということは、ジホにとってもそれだけ本気の恋愛なのだなと感じます。

スクヒはジホから好きな人がいると聞き泣いてしまいましたが、それだけジホに長い間浮いた話がなかったのでしょう。母としての安堵感から泣いてしまったのだと思います。

さらにはジホとジョンインの2人は今はまだ恋人同士ではないものの、徐々に行動や言葉が恋人同士のようになってきたように感じました。

ギソクはヒョンスにジホとヨンジェのことを注意しましたが、いつも可愛がっている後輩に反論されるとは思っていなかったように感じました。ジホがどんな性格なのか知っているからこそ、ヒョンスは先輩と言えどギソクに反論したのだと思います。ヒョンスの友達思いの一面が見えたように思います。

それと同時にギソクは人望がない性格のように見えました。

ソインはとうとうヒョンスンに離婚するつもりだと言うことを白状しました。ヒョンスンが離婚を聞いて「今まで頑張ったわね」と言ったのは無理やり結婚させられたソインへの思いやりだと感じました。

また、ヒョンスンはセフンのソインへの暴力も知っていたからこそ、セフンが家を訪ねてきた時にソインを守り追い返したのだと思います。母親の子を思う気持ちの強さを感じました。

第7話の最後、ジョンインはヨングクに結婚する気はないと告げました。その一方で結婚指輪を購入したギソク。この2人は本当に別れることはできるのでしょうか。そしてヨングクはどのような意見を持つのでしょうか。

第8話も楽しみです。

まとめ

以上、ある春の夜に第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です