ある春の夜に第6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第6話のネタバレ!

ジョンインはジホの目の前で「私たち別れましょう」とギソクに告げます。

その会話を聞いたジホは思わず部屋から出てしまいます。

衝撃を受けたギソクは思わず「別れられる?理由はなんだ?親のせいにはするなよ」と問いかけます。それに対しジョンインは「ただ別れたくなったのよ。話はそれだけ」と告げ電話を切ります。

電話を切ると玄関の外で待っていたジホを迎えに行き「何も聞かないで」と伝え、家の中に迎え入れます。

話を聞いていたジホは「何故だかわからないけど、恋人と別れると聞いても手放しには喜べない」と複雑な心境を伝えます。それを聞いたジョンインは「いつから別れを意識し始めたのかわからない。でも別れようとはせず、気づかないフリをしていた。感謝してるわ」とジホが現れたことで踏ん切りを付けれたことに感謝します。

ジェインとヨンジェが戻ってきてお酒を飲んでいると酔っぱらったジェインは「好きな人がいるって?どこに魅力が?」とジホに聞いてしまいます。質問されたジホは「バカみたいなところかな」と答えます。

するとギソクが家を訪ねてきます。ジョンインは「話なんかない」と告げて家の中に戻ろうとするものの腕を掴まれてしまいます。

ジェインは様子を見に行き、家に招き入れようとしますがジョンインは部屋の中に返します。話が終わるとジホとヨンジェは足早に家から帰って行きました。

セフンはソインの家を訪れると「離婚はしない。有能なアナウンサーのイメージが崩れていいのか?」と離婚届を破り捨て、ソインを脅します。

セフンから「ジョンインとギソクを家に招待した」と聞かされたソインは「妹まで利用したら絶対に許さない」と伝えます。

ソインは次の日、退職願いを上司に提出しました。

その頃、ジョンインはヒョンソンに呼び出されていました。話は何かと聞くとヒョンソンは「あなたの結婚のことよ。定年退職後の職場を理事長が推薦してくれると」聞かされます。それを聞いたジョンインは「だから?私に犠牲になれと?姉さんの時と同じね」と怒り出します。

ジホはヒョンスの会社を訪れ、荷物を届けました。2人で飲みに行こうとするとそこにギソクが。ギソクは一度は誘いを断るものの、ジホの履いている靴がジョンインの家で見たものと一緒なことに気づき一緒に飲みに行くことに。

席についてもずっと見つめてくるギソクを不思議がるジホは「僕に何か?」と質問します。ギソクは重い口を開き「勘違いだとは思うんだけど、確かめたくて。数日前に…」と喋り始めると、ジホは遮るように「僕です。深刻な話をしていたようなので見なかったことに」と答えます。

ギソクは「彼女の機嫌が悪かったから会いに行ったら来客中だと。偶然靴を見た。ジェインが呼んだそうだが男の靴だったんだ。それで嫌な予感がした。まさかこいつらだったとは」と笑い出し勘違いしていたことを打ち明けました。

それを聞いたジホは「何もかもありのままに喋ればよかった」と伝えます。

ジホたちが家にいたことがバレたことはヨンジェとジェインにも伝わりました。ちょうど帰宅してきたジョンインを見つけたジェインは「薬剤師さんが今ギソクさんといるって」と伝えます。

ジェインはジョンインに遅れて家に帰ってくると「正直にいって。どういう関係なの?相手は姉さんでしょ?」と問い詰めます。そして「好きなのか?」と聞かれるとジョンインは素直に「好きよ」と答えます。

ジョンインはジホに電話をかけようとするものの、ジェインに言われギソクに電話をすることに。

ギソクは電話を切ると、ジョンインの元へ向かおうとします。ですがジホは「いてください。来てもらっては?」と言い出します。ですが、ギソクはジョンインの元へ向かってしまいました。

スポンサーリンク


ジョンインの家に着いたギソクは「ジホたちなら心配いらないだろ。疑わなくて済んだのに」と話し出します。どうして?と聞くジェインにギソクはジホがシングルファザーであることを教えます。

ジェインが誤解が解けたことを確認するとギソクは「ジホなら僕の相手にはならないだろ?相手が後輩なら浮気の心配はない」と言ってしまいます。そしてギソクはジョンインの手を握り「結婚するんだ。助けてくれよ」とジェインに言い放ちます。

ジョンインがギソクを送ろうと外に出るとギソクはジョンインに抱きつき「わかったんだ。愛してると。ずっと一緒にいよう」と言い出しました。

ジョンインは部屋に戻ると「がっかりした?」とジェインに聞きます。ジェインは「すごくね。ギソクさんに。ジホさんが可哀想だから慰めてあげて。私は姉さんの意見を尊重する」と伝えハグをしました。

翌日、ジョンインはジホに電話をしました。ジョンインは「好きになってごめんなさい」と伝えました。

その頃、ギソクはヨングクとお茶をしていると「融資を求めてくる知り合いは相手にするなよ。親しい仲ほど線を引くべきだ」と釘を打たれてしまいます。そして「まだ付き合ってるなら連れてこい」とジョンインを連れてこいと言われてしまいます。

週末、バスケが終わるとジホはギソクとともに打ち上げ会場に向かうことに。ギソクは「好きな女がいると?」と質問します。ジホが何も答えないでいると「夢中になるのは最初のうちだけだろ。そのあとは不満がなければ現状を維持するだけだ」とと言い出します。

恋愛の極意を語り出すギソクにジホは「もし気が変わったら?」と質問すると「僕は浮気はしないけど、彼女にされたら別れるかな」と答えました。

そんな会話をしているとジホの元にジョンインから電話がかかってきます。ギソクと一緒だと聞くと電話を切ろうとするジョンインにジホは「切らないで」と伝えます。

ある春の夜に第6話の感想と考察

とうとうジョンインはギソクとの関係に終止符を打とうとし、行動に移し始めました。ジョンインは別れる気なのに対し、ギソクは長く付き合っていて別れるとプライドが傷つくからと中々別れようとしません。

今までは時間がないと言って合う時間を作らなかったのに、急にジョンインの家を訪ねたりと、別れ話をされた途端に結婚したい気持ちを前面に押し出してきました。

ギソクはジホに「彼女に浮気されたら別れる」と言っていましたが、ジホとジョンインの関係を知ったらどのような行動を取るのでしょうか。非常に気になります。

ジホはジョンインとギソクの喧嘩を見て、ギソクに対し怒りを感じ出しているように思いました。だからこそ、ヒョンスとギソクと一緒に飲みに行った時もギソクに対し、高圧的な態度をとったのでしょう。

さらには週末バスケ帰り、ヒョンスの誘いを断りギソクの車で移動することにしたジホでしたが、その真意とは一体どんなものだったのでしょう。

ジホとジョンインは徐々に恋人同士のような関係になってきているように思います。特にウヌとジョンインが電話で話している時には、きっとジョンインが母親になった時の姿を想像して微笑んでいたような気がします。

その時から一気にジョンインへの気持ちが増して、へジョンへ恋愛相談をしたのだと思います。

終盤、ジホはギソクが横にいながらもジョンインとの電話を続けようとしましたが、なぜ「切らないで」と言ったのでしょうか。

ソインもセフンとの離婚のために動き出しましたが、暴力をふるわれてしまい返り討ちにあってしまいます。そんな状況でアナウンサーの仕事を辞めましたが、ソインにはまだ何か手が残されているのでしょうか。無事に離婚できるのか注目です。

様々な人間関係に変化が生じてきましたが、今後どのようなストーリーとなっていくのでしょうか。

まとめ

以上、ある春の夜に第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です