ある春の夜に第5話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第5話のネタバレ!

「何も望まないから顔を見てもいいかな。君にバレないようにするから」と言うジホに驚きを隠せないジョンインは「ダメよ。当然でしょ」と拒否してしまいます。それでも引き下がらないジホに「バレなきゃ関係ないでしょ。私が気づかないんだから。問題は私よ。あなたは勝手に私を見守ればいい。問題は私よ、私も隠れてあなたを追いかけ回す?私の気持ちも考えてよ」と伝えます。

ジホは「もうやめよう。このままいくと君は一瞬にして多くを失うことに」と伝え、今の関係を終わらせようとします。

翌日、ジョンインは母のヒョンソンに会いにいきます。ジョンインはソインが自分に結婚を強制するな父親に楯突いたと言うことを聞かされます。

それを聞いたジョンインは「結婚はどんな人とするべき?」と聞いてしまいます。

ソインは考え抜いた結果、大きな仕事を断ってしまいます。上司に本当の理由を言えと怒られてしまうものの、はぐらかします。

夜、ギソクと食事に出かけたジョンインはテフンと3人で食事にと誘われますが「結構よ。何しに会うの?融資の件はそれとなく断って」と伝えます。さらにジョンインはテフンとは関わらない方が身のためよ、と忠告します。

その後、すぐに結婚の話をしてくるギソクに「最近あなたに会うのか怖い。口を開けばケンカで私の気の強さのせいにされる」とジョンインは不満をぶつけます。

それでも逆ギレしてくるギソクにジョンインはとうとう「今まで黙ってたけど私だって馬鹿じゃない。お父様がどう思ってるか私が知らないとでも?自分の存在を否定される私の気持ちがわかる?本当に私と結婚したいと思ってる?」と激怒し泣き出し、その場を立ち去ります。

次の日、ジホは出勤するもののジョンインのことを思い出してしまい仕事に集中できずにいました。

ジョンインはヨンジュに「ギソクさんと別れる」と唐突に打ち明けました。ジョンインはそれを聞いて驚くヨンジュに「あの薬剤師がそれほど好きなの?これは彼氏への裏切りよ」と言われてしまいます。

ヨンジュは「彼氏があなたを離さないわ。もしバレたら?あの性格で他の男の存在を知ったらどうなると思う?別れてくれないわ」とジョンインのことを心配します。それでも、意思の固いジョンインは「とにかくこれ以上は無理」と言い切ります。

ヨンジュは別れた後ジホとどうするのか聞くと「彼とももう会えない。彼のそばにいる自信がないの」不安を打ち明けられました。

ジホはヒョンスとチキンを食べにいくと「ギソク先輩のあの綺麗な彼女のことだけど、結婚すると言いながらその気はなさそうだ」と言うのを聞かされます。それを聞いたジホは思わず怒ってしまいます。

ヒョンスはヨンジェも誘おうとしますが、ヨンジェはその頃ジェインと食事をしていました。ジェインはテレビに映るソインを見て「彼女どう?」と聞きます。ヨンジェが「僕が理想とする女性だよ」と答えると不機嫌そうに食堂から出て行ってしまいます。

その後、外を歩いていたヨンジェのもとにヒョンスからジホと飲んでいるというメッセージが届くと、ジェインは「そっちに合流しようよ。薬剤師さんに会いたい」と言います。

ジェインがジホに興味があると思ったヨンジェは「ジホを弄ぶのはやめておけ。好きな人がいるから」と忠告します。ジェインがどんな人か聞くと「まだよくわからないけど本気みたいだ。あんなに誰かを思うジホは初めて見た」と聞かされます。

ジョンインが家で食事をしていると帰ってきたジェインから「あの薬剤師彼女がいるって。女に興味がなかったのにベタ惚れらしい」と聞かされてしまいます。

次の日、ジョンインはギソクに話があると呼び出そうとするものの「今日は無理だ」と断られてしまいます。その日の帰り道、ジョンインはジホに電話をかけますが、ジホも電話に出ませんでした。

いてもたってもいられないジョンインはジホの家まで直接訪ねてきました。

スポンサーリンク


チャイムを鳴らし出てきたジホを目の前に「なんで電話に出てくれないの?」と問い詰めます。マナーモードにして気づかなかったと言うジホに「あなたは私と違って平気なのね。私のことが面倒?」と聞くと「ああ、来るべきじゃなかった。忘れてくれよ。僕にどうしろと…」と続けようとするジホの口を塞ぐとジョンインは感情が溢れ出し泣き出してしまいます。

心配になったジホは「ご飯食べにいく?」と誘い、食事に行くことに。

食べながら会話をしていると「この前行ったカフェはまだ開いてるかな?」とジョンインに聞かれます。ジホは咄嗟に「帰らないの?」と聞くと「泊めてくれる?」と聞き返されてしまいます。

カフェに移動するとジョンインは「本当に私のことが迷惑?」と質問します。「感情のままに動いてしまうと、僕の方が抑えられなくなる。そしたら、君の方が何倍も苦しむことに」と答えられてしまいます。

ジホはジョンインに前言われたように「友達でいよう。君がそう言ったろ。たまに食事したり、お茶を飲んだり、それくらいなら構わないだろ」と言うと、ジョンインに「今度は私が無理。冷たいのね」と答えられます。

それを聞いたジホが「必死に感情を抑えてるんだ。吹っ切れるように協力してくれ。君は僕にはもったいない」と伝えると、ジョンインは泣きそうに。

ジョンインがエレベータを待っているとジェインが現れます。ジェインはヨンジェとジホを家に招待すると言い出します。慌てたジョンインは3人より先に部屋に戻ると、急いで部屋を片付けます。

部屋に着くものの、お酒がないことに気づいたジェインとヨンジェが買い物に行ってしまい、部屋ではジホとジョンインの2人切りに。

そこにギソクから電話がかかってきてしまいます。電話にではジョンインは「私たち別れましょう」と別れを切り出します。

ある春の夜に第5話の感想と考察

第5話はとても感情の動きが激しい内容に思いました。

最初にはジョンインが友達でいようと伝えジホと一線を引こうとしていたものの、5話の終盤ではジョンインが積極的に行動を始め、友達ではいられない位ジホのことを好きになっていました。

きっとジョンインはギソクと大喧嘩したことと、ジェインから「女に興味がなかったのにベタ惚れらしい」と聞かされたことで、ジホへの思いが一気に強まったのだと思います。

ジホはジョンインに好きでいられるのが迷惑と言われたことへのショックが大きく、仕事も手に付かない状態にまでなってしまっていました。彼女の存在を忘れようと思っていた時に、ジョンインが家を訪ねてきてしまったので「忘れてくれ」と言う言葉が出たのだと思いました。

そして、これ以上自分に深入りしてこようとするジョンインに「君は僕にはもったいない」と伝え、突き放そうとしたのだと思います。

ジョンインを家へ送った後、後悔していたのはジョンインに言った言葉が本心ではなかったからでしょう。

ギソクはジョンインの気持ちとは真逆で、どうにか仲直りしようと動き出しましたが逆効果となってしまいました。そんな中でもセフンの協力のもと無理にでも結婚へこぎつけようとします。ギソクはなぜそこまでジョンインとの結婚にこだわるのでしょうか。

ソインもだんだんとシフンとの離婚へ動き出しました。チャンスだった大きな仕事を断り、シフンの元を訪ね家を売ると言い放ちました。

ソインはシフンの部屋を訪ねる前に、看護師に胃薬を買ってきてくれるように頼んだのはシフンに捕まり暴力を振られてしまう可能性があると思っていたからだと思います。元々セフンはDVをしていたのでしょう。

第5話の最後、ジョンインはとうとうギソクに「別れましょう」と伝えましたが、すんなり別れることはできるのでしょうか。そしてお互いの気持ちを素直に喋りあったジホとジョンインは恋人になるのでしょうか。

第6話も見逃せません。

まとめ

以上、ある春の夜に第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です