ある春の夜に第2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第2話のネタバレ!

バスケの試合が終わったギソクたちはジョンインとジェインを誘い打ち上げに行くことになります。普段は打ち上げの参加を断るジホもジョンインが参加することを知り、この日は参加することに。

ジホとジョンインはトイレの前で鉢合わせします。2人で中に戻ろうとするとジホは「先に入って。怪しまれるから」とジョンインを先に入らせます。

中に戻るとジホとジョンインはお互いに面識のないフリをすることにします。

その頃、ソインは徐々に離婚のために準備を進めていました。そこに母のヒョンソンが訪ねてきます。ヒョンソンは「ジョンインとジェインは嫁に出したくない」と愚痴を溢します。それを聞いたソインは「独身に戻ろうかな」と離婚をほのめかせます。

その夜、ヒョンソンは「娘たちに干渉するのはやめて」と言うもののテハクは聞く耳を持たず、挙げ句の果てには「ジェインも卒業したら結婚させるからな」と言い放ちます。我慢の限界に達したヒョンソンは「校長だからって家でも偉そうにしないで」怒りをぶつけます。

2次会でカラオケに行ったジョンインたちが気持ち良く歌っているとジホの携帯に電話が。電話を終えたジホが戻ってくると友人に耳打ちしすぐに帰ってしまいます。

気になったジョンインはすぐに曲を止め「何かあったんですか?」と聞きます。ですが「ジホは急用で帰りました」とだけ聞かされます。

ジホは息子のウヌが病院に運ばれたことを聞き、急いで駆けつけます。ウヌが目を覚ますとジホは「痛い時は我慢ぜずに言わないと」と優しく注意します。そして「そばにいるから、もう心配しなくてもいい」と約束します。

2次会も終了し家に帰るとジョンインはジェインに「怒ってる?カラオケの途中から機嫌が悪いでしょ」とジホが帰ってから明らかに態度が変わったことを言われてしまいます。

ソインは上司に「旦那さんが来てる。会っていくか?」と無理やりスタジオに連れて行かれてしまいます。気まずい状況にすぐにスタジオを飛び出したソインでしたが追いかけてきたシフンに「話があるから家で待ってろ」と言われてしまいます。

ジホの母・スクヒはジホのことを心配し出勤するようにと伝えます。それでも休めるからと語るジホに「その若さでシングルファザーなんて。出会いはあるの?いい人はいない?」と心配をします。ジホが今はいない、と答えると「まだ出会ってないだけよ」と慰めました。

その頃ギソクは後輩からジホに子供がおりシングルファザーをしていることを聞かされます。それを聞いたギソクは気の毒に感じます。

その日の夜、ジョンインはジホの様子が気になり薬局へ寄るもののジホの姿はありませんでした。すると、後ろからジホが現れます。

ジョンインは慌てて薬局の中に入ると「退院はできるの?」と話している声が聞こえてきました。ジホがお店から出て行ってしまったので慌てて追いかけようとするとジホから「外で待ってる」とメッセージが届きます。

ジョンインがジホを見つけると「僕に会いに?何か用?」と聞かれます。ジョンインがあの日なぜ帰ったか聞こうとすると「別の場所で話しませんか?」と誘われカフェで話すことに。

カフェに着くとジホは「子供が入院したんです」と素直に打ち明けます。ジホは自分のことを気にかけてくれていたジョンインに「君のことはもう諦めたから心配しないで」と伝えます。

スポンサーリンク


それを聞いたジョンインは「諦めたのなら友達になれますよね」と打診します。それでも、うん、と答えてくれないジホに「ひねくれているわね。友達にはなれない?」と呆れてしまいます。

それでもなんとか説得しようとするジョンインに折れたジホは「友達になりましょう」と微笑みながら答えます。答えを聞いたジョンインも自然と笑顔に。

ジョンインが家に帰るとセジョンは「薬剤師さんだけといい人そうよ。誘ってみようか。薬剤師が婿なら父親も満足するはず」と言い出すので驚いてしまいます。

翌日、ジョンインはギソクから父親と会うことになったと聞かされます。無理に結婚させようと言う魂胆を感じたジョンインは怒り、ギソクに「結婚したくないのか?それとも僕が嫌なのか?」と言う言葉に「私は当人同士の気持ちが大事だと思うの。交際期間が長いからって結婚の理由にはならないわ」と本当の気持ちを伝えます。

その夜、ギソクはジョンインの家を訪ねます。ジョンインの態度が気になったギソクは「急にどうした?」と聞きます。何度もしつこく聞いていくるギソクにジョンインは「時間をちょうだい。結婚が目的ならこんなに長く付き合ってない」と告げます。

ギソクはショックを受けたもののジョンインの気持ちを受け入れ、抱きしめました。

翌日、ジョンインが図書館で働いていることを知ったジホはウヌを連れて図書館へと向かいました。それを聞いたジョンインもウヌのために恐竜の本を探し準備をします。

図書館でウヌを見つけたジョンインが「あなたがウヌね」と話しかけます。自分を知っていることに驚くウヌに「誰かしら、当ててみて?」と続けて質問するとウヌは「お母さん?」と答えます。2人は驚き固まってしまいます。

ある春の夜に第2話の感想と考察

ジョンインとジホはだんだんとお互いに心を開き始めたように感じました。

最初は友達になることを断っていたジホでしたが、とうとう友達になることを受け入れます。ジホはジョンインと友達になると、ジョンインに彼氏がいるのを知っていてもジョンインのことが好きになってしまいそうだったから断っていたのでしょう。

ジョンインも気になる存在だったジホと友達になれなかったことを引きずっていたように感じました。それでもやっと友達になれたと言う気持ちがあり自然と笑顔になったのだと思います。ジョンインは既にギソクからジホに気持ちが動き始めているように感じます。

ジョンインはギソクとの関係にも大きな変化がありました。テハクが急いで結婚させようとする行動が逆効果になってしまい2人は距離を置くことになってしまいます。

結婚を急ごうとしていたギソクでしたが、なぜ距離を置こうと言われた時に反対しなかったのでしょうか。その理由も気になります。そしてこの2人の関係は元に戻ることはあるのでしょうか。

ジホはウヌが病院に運ばれたことによって両親との同居などを考えるようになります。さらには母親からも出会いがないのか心配をされてしまいます。

きっとジホはいつも他の人のことを一番に考える性格をしているため、周りから恋愛などの心配をされるのだと思います。

また、ジホの大学時代の彼女についても語られていましたが、なぜその彼女は突然妊娠8ヶ月で姿を現し、出産後姿を消してしまったのでしょうか。ジホとその彼女の間に一体何があったのか気になります。

人間関係に様々な進展があった第2話でしたが、3話では一体どんな展開が待ち受けているでしょうか。

まとめ

以上、ある春の夜に第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です