ある春の夜に最終回(第16話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に最終話(第16話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に最終話(第16話)のネタバレ!

ジホとジョンインは薬局のベンチに座ると「ウヌが産まれて僕と目をあわせ始めた頃かな、感情を抑えて生きてた。行き場のない感情を抑え込まないと生きていけなかった」と語り始めました。

「全てを捨てた。それまでの生活や行動だけでなく、話すことも考えることもやめたんだ。生きるために。ウヌの母親のことが頭をよぎることもあった。だけど、もう今は何の感情もない。あの日だけはなぜか感情が抑えきれなかった」と反省します。

それを聞いたジョンインは「それでいい。ずっと辛い思いをして来たんだから」と励まします。

ジョンインはジホの家に行くと、ジホに禁酒誓約書を書かせました。そして「違反したら結婚はしない」と告げました。

その後、ジホは「きっとお父さんも悩んでいるはずだ。ゆっくり説得しよう」とジョンインに提案します。ジョンインは「このままじゃいつまでもジホさんが悪者扱いされるから」と答えます。

ジホ「平気とは言えないけど、それで傷つくことはない。ジョンインさんが認めてくれてるからいい」と伝えると、ジョンインも「その通りね」と納得しました。

テハクはヨングクとギソクと食事をしているとヨングクに「君の娘とギソクを本当に結婚させるつもりか?」と聞かれてしまいます。テハクは「当人同士が決めることです。親が口出しできることには限度があります」と答えます。

ギソクは「せっかくこうしてご一緒できたので宣言します。ジョンインと年内に結婚します」と宣言してしまいます。その言葉に父親2人は呆気に取られてしまいます。

食事を終え、ギソクより先に外に出るとヨングクは「本当にギソクと結婚する気が?私は息子も信用してない。君の娘を信じられるか」と伝えます。テハクは「ギソクに何度も懇願されたからですよ」と答えました。

するとお互いに口論になってしまい、ギソクとヨングクの運転手に止められてしまいます。

ギソクはテハクを家まで送ると、ヒョンソンに「娘さんと結婚します。彼女のためです。ジホとはダメです。彼には少し悪質なところがありまして」とジホから写真のことで脅迫を受けたと伝えました。

翌日、ジホはジョンインから「母がジホさんに会いたいと」と聞かされます。ジホは承諾すると「ウヌを連れていきたい。いつかは紹介しないと」と提案します。ジョンインもその案を承諾しました。

ジホは実家に帰りそのことを伝えるとスクヒに「初めてお目にかかるのに大丈夫かしら?」と心配されます。ナムスにも「お前に会いたいとおっしゃってるんだ。早すぎじゃないか?」と言われてしまいます。ですが、ジホは「ありのままを見て欲しい。これからはどんなことも一緒に乗り越えていくつもりだ」と宣言しました。

次の日、ジホはウヌを連れてヒョンソンたちとの食事へと向かいました。食事が終わりジェインがウヌを外へ連れ出すと、ソインは「未婚の親として先輩の話を聞きたくて。心が折れそうな時はありませんでしたか?」と質問をします。

ジホは「息子を守ってやれるのは僕しかいないと気持ちを奮い立たせました。彼女もそうです。僕を信じて来てくれたから何があっても守ります」と伝えます。するとヒョンソンたちは泣き出してしまいました。

ヒョンソンは「正直に言うと、子供を連れてくると聞いて最初は戸惑った。でも立派なお父さんだと感心したわ」と伝えました。

そして「察してると思うけど、父親は手強いわよ」と伝えると、ジョンインが「心配しないで必ず成し遂げるから。父さんが許してくれるまで待つ。この先も前途多難かもしれないし、後悔することもあるかも。でもきっと大丈夫。私にはジホさんがいるから」と答えました。

そのまま仲睦まじい雰囲気のまま食事会は終わりました。

帰りの車中、ウヌに「先生と結婚するの?先生が僕のお母さんになるの?」と聞かれたジョンインは「先生がウヌのお母さんになるのよ」と笑顔で答えました。ジホは「幸せにする」と言うとジョンインは「いいえ。3人で幸せになりましょう」と答えました。

その頃、1人で飲みに出たギソクはシフンを発見します。ギソクが「どうして昼から深酒を?」と聞くと「離婚したから。離婚した原因の5割がお前のせいだ。ジョンインと結婚していれば離婚せずに済んだ」と聞かされます。

ギソクは「それはお兄さんでしょう。口では力になるとか任せとけとか、そう言っておきながら何もしてくれなかった」と反論し口喧嘩になってしまいます。

スポンサーリンク


その後、一緒にお酒を飲んでいたシフンは「いいことを思いついた。離婚したことをソインの親に言うんだ。そうすればお前らまで破談にはしたくないから結婚を急かすはずだろ。その間に俺たちはヨリを戻す」と提案します。ですがギソクは「それぞれ頑張りましょう」と伝えると店を後にしました。

翌日、テハクはヨングクに呼び出されると「退任したら君を理事に任命しようかと。どう思う?」と提案されます。ですがテハクは「とてもありがたいお話ですが、少し考える時間を頂けますか?」と保留にしてしまいます。

テハクから電話を受けたジョンインは「私は贅沢に暮らす姿よりも、幸せに暮らす姿を父さんに見せたいの。彼と結婚させるのが今は不安かもしれないけど見守ってて欲しい」と伝えます。

ヨングクはギソクに電話をかけると「もう十分だ」と伝えます。その言葉で諦めのついたギソクはジョンインに「悪かった」と謝罪のメッセージを送りました。

その夜、ジホはジョンインとの約束を破り、ヒョンスとヨンジェと飲み会をしました。ですが、ヨンジェにそのことを伝えられてしまいます。

翌日、ジョンインは内緒でジホの家を訪れると、そこには酔い潰れて寝てしまっていたジホの姿が。目を覚ましたジホは正座させられ「私と結婚したくないようね。書いたでしょ、結婚したくないならそう言えばいい」と怒られてしまいます。

「反省してる。もう飲まない」と空返事をするものの「お酒を飲んだことじゃない。ウソをついたことよ。友達が飲んでるのに、もう帰ったから寝る、と言うなんて。愛してる、とまで。なぜウソを?」とさらに怒られてしまいます。

ですが「今回は許して」と笑顔でいうジホに折れたジョンインは「わかったわ」と許してしまいます。

その後、2人はジホの実家を訪れました。夜、ナムスはジョンインを誘い2人でお酒を飲むことに。ジョンインは「酔う前にお話します。ご不安は承知してますが心配なさらないでください。思いやりを忘れずに暮らします。ウヌのためにできることは何でもするつもりです」とナムスとスクヒに伝えました。

酔い潰れて寝てしまったジョンインはウヌの部屋で寝てしまっていました。ジホは反省するジョンインに「ユ・ジホと必ず結婚すること」と言う誓約書を書かせました。

次の日、ジホは「出会えてよかった」とメッセージを送りました。ジョンインも「春がジホさんを連れて来てくれたのよ」と感謝のメッセージを送ります。

退勤すると、ジョンインは薬局を訪れ「二日酔いの薬をください」と言い出します。初めて会った時を思い出したジホは「輪ゴムも?」と返します。2人は笑い合うと裏に行きキスをしました。

ある春の夜に最終話(第16話)の感想と考察

前途多難な道のりでしたが、ジホとジョンインは見事結婚を果たすことができました。ハッピーエンドに終わり非常に良かったと思います。

最終的にはお互いの家族、友人からも認められての結婚となったので、全員にとっていい終わりではなかったかなと思います。あれだけ否定していたテハクでしたが、結果的に自分の立場を捨ててジョンインの幸せを選びました。やはり娘を思う気持ちは強かったんだな、と思いました。

2人がうまくいったのはウヌの存在も大きかったと思います。ウヌがいたことで2人は何度も会うことができたので、まさにキューピットというような感じです。

ウヌが最初にジョンインに会ったときに言った「お母さん?」と言う言葉は間違いではなかったです。ウヌにはジョンインが母親になる将来が見えていたかもしれません。

ギソクもあれだけ執着していましたが、最終的にはジョンインのことを諦めました。シフンの離婚した姿を見て、かなりショックを感じたようにも見えました。そんなところにヨングクからきた「もう十分だ」と言う言葉で、ジョンインのことを諦める決心がついたのでしょう。

ギソクはジョンインのことを諦めてすぐに、議員の娘と会い新しい恋を初めていました。立ち直りの早さはあっぱれです。

シフンも離婚に素直に応じることにしました。未練はまだありそうでしたが、犯罪者になるよりはマシだと考えたのでしょう。これでソインもシフンから解放され、不安なく生きて行けるでしょう。

ドラマ全体を通して、自分を犠牲にしてでも相手のことを思う気持ちの大切さが描かれていたように感じました。どれだけ地位が高くお金を持っていても、相手を思いやる気持ちがないと恋愛はうまくいかないということを感じました。

また、主人公のジホがシングルファザーとして描かれていることで、シングルファザーやシングルマザーが新しい恋愛に踏み出す勇気を与えるドラマの内容だと思いました。メッセージ性もあるドラマだと思います。

非常に面白いドラマでした。

まとめ

以上、ある春の夜に最終話(第16話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です