ある春の夜に第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第13話のネタバレ!

ジホの家に泊まった翌日、ジョンインが目を覚ますとジホはソファーで寝ていました。不思議に思ったジョンインは「なぜここで?もしかして私がいびきを?」と心配します。するとジホに「寝相が悪すぎるよ。二度と泊まるなよ」と言われてしまいます。

ジョンインは「私の勝手でしょ」と言うとジホに無理やり抱きつきました。

その後、ジョンインがヨンジュの部屋を訪れると「ギソクさんが来るって」と聞かされます。ヨンジュは「自分のものだと思ってるから取り戻す気なのよ。結局彼の思惑通りになりそうで怖いわ。あなたとジホさんを世間は認めないもの」と心配します。

ヨンジュの心配に対しジョンインは「世間にどう思われようと後悔はしない」と言い切ります。

ジョンインはすぐにギソクに電話をすると「両親にジホさんとのことを話すわ。私の外堀から埋めようという魂胆なんでしょ?もう我慢ならない」と伝えます。ギソクもそれに対し「僕の方こそ我慢の限界だよ。ここでやめるなら目をつぶる」と反論します。

部屋に戻ってきたジョンインの不機嫌そうな様子を感じたジホは「どうした?」と心配します。するとジョンインは「なぜ私たちが我慢しなきゃいけないわけ?親に話すわ。反撃しないと」と不満を爆発させます。

その頃、ヒョンソンが家に帰るとテハクは「ジョンインだが好きな人がいるんだろ?一度会わせろ。理解してやるべきなんだろ?」と言い放ち、ヒョンソンは驚いてしまいます。

次の日、ヒョンソンはジョンインの元を訪れました。ヒョンソンは「実は父さんがあなたが好きだと言う人に一度会ってみると。理解することにしたみたい」と伝えます。好きな人の情報を何も言おうとしないジョンインを見たヒョンソンは「覚悟が必要だってことだけはわかってる。言ってみて」と聞き出そうとします。

その言葉を聞いたジョンインは「実はね、彼に子供がいるの。諦めようとした。何度も踏みとどまろうとした。でもね彼のことが本当に好きなの。許して」と涙を流しながら謝りました。

困惑するヒョンソンにジョンインは「彼なしでは生きていけないの。力になって欲しいの」と懇願します。

ヒョンソンが帰ろうとすると呼び止められ「ジホさんに会って欲しいの。良い人よ」と言われます。ヒョンソンが「良い人だから好きになったんでしょ?でも会う必要が?あなた、まさか…」と言うと、ジョンインは無言のまま頷きました。

ジホはジョンインに連絡がつかなくなったことを心配して図書館を訪れていました。すると同僚のハリンから「何かあったみたいです。上映室で泣いていました」と聞かされます。

ジホが駆けつけるとジョンインは「母さんに話したらなぜだか涙が」と聞かされます。ジョンインは「別に理由はないの。ただなんとなく泣けてきたの」と話します。するとジホは「そんな時もあるだろうけど、これからは僕のいない所で泣くな」と伝えます。

ジョンインは「母さんが返事をせずに帰った」と泣いている理由を語りました。それを聞いたジホは「急がなくて良いと何度も言ったのはなぜだかわかる?僕たちの間に確信があるから」と優しく伝えました。

ヒョンソンはソインの家に行くとジェインたちからジホのことを聞き出そうとします。「こういった類いのことは他人事だと思ってた。この問題は余計に先が見えない」と言葉を漏らしました。

するとジェインは「ジョンインは母さんを安心させたいのよ。だからこそ心から望む人を選んだんだと思う」と意見しました。さらにソインも「会ってみたら?後悔しないように。私の結婚を止められなくて後悔してるんでしょ。だから会ってみて」と伝えます。

図書館からの帰り道、ギソクが後ろからついて来ていることに気づいたジホはジョンインを先に部屋へ返すと「ヨリを戻せばいい。僕と彼女が別れたら。その方法なら体裁も保てるし、可能性がなくもない」と告げます。

スポンサーリンク


ギソクは「カッコつけてないでジョンインを呼んでこい」とジホに命令しますが「自分で連れていけ。先輩らしくしろ」と言われてしまいます。するとそこへジョンインが現れました。

ジョンインはギソクの前に立つと「わかったわ。あなたの好きにすれば良いわ。私の家族や友人に会うのも構わない。気が済むまで私に電話したり会いにくれば良い。あなたを傷つけたその報いだと思うことにする。だから好きにして。でも彼を苦しめたらタダじゃおかない」と告げました。

ギソクは実家に行くとヨングクに「イ校長が退任したら、なるべく高いポストに。汚い手を使ってでも勝てば良いんだろ?父さんみたいに」と話します。「私が不正を働いてここまで来たとでも?」と言われてしまいます。

シフンのソインに対するDVを見てしまったジェインは、家に帰るとジョンインに「ジホさんと別れないで。ジョンイン姉さんは愛する人と幸せになって」と気持ちを伝えます。

週末、ジホはウヌを連れてジョンインと公園へデートへ出かけました。

ベンチに座るとジョンインは3人で撮った写真を見せ「ベッドの写真をこれに変えて」とジホに伝えます。反応が薄いジホを見たジョンインはウヌの元に駆け寄り耳打ちをします。

それを聞いたウヌがジホの元にくると「先生がウヌのお母さんになってもいい?だって」と伝えます。ジホが「それでなんて答えたの?」と聞くとウヌは「いいよ、って」と答えたと言いました。

ジホはウヌをベンチに座らせると、ジョンインの元へ歩いていき「本気で僕やウヌと一緒になると?」と聞きました。ジョンインは「うん。いつまでも待てないわ」と答えます。それを聞いたジホはジョンインを抱きしめました。

テハクはポストに入っていた封筒を開けると、その中にはジョンインとジホがデートしている写真が。2人の関係を知ったテハクは怒りだし「今すぐ来いと、タダじゃ済まさないぞ」とヒョンソンに伝えました。

デートの帰り道、ジョンインの元にヒョンソンから電話が。電話に出ると「父さんに知られたわ。逃げなさい」と聞かされます。

ある春の夜に第13話の感想と考察

ジョンインは現場に耐えられなくなり、自分からジホにプロポーズをしました。ウヌを利用してプロポーズをしましたが、そのことによってウヌの承諾も得れたので良かったと思います。

ジホもプロポーズにOKしたことで、あとはお互いの両親への紹介を残すのみとなりました。ジホの両親はジョンインを気に入っており、すんなり受け入れてくれそうですが、ジョンインの両親にジホは受け入れてもらうことはできるでしょうか。

ギソクは2人がそこまで進んでいるとは知らずに、いまだにしつこくジョンインに付き纏います。ここまで来てしまうと未練ではなく執着といえるでしょう。

ギソクはジョンインと結婚したいという思いもありながら、それ以上に後輩のジホにジョンインを取られてしまったことがプライドとして許さないのでしょう。

その結果、ヨングクを利用しようとしたりテハクを利用したりと、外堀から埋めることに躍起になっているのだと思います。いつになったらギソクは手を引くのでしょう。

ジェインもシフンのDVを知ってしまいました。その後、ジョンインに「好きな人と幸せになって」と言ったのは、父親の言いなりにならずに幸せな結婚生活を送って欲しいと思ったジェインの心からの気持ちでしょう。

テハクはジョンインの好きな人と会ってみようとするなど、考えが少しずつ変わって来たように思いました。ヒョンソンに出ていかれてしまったりしたことで少しは娘たちの意見を聞いてみようという気持ちになったのだと思われます。

ですが、なぜジョンインとジホのデートをしている写真を見た途端にあんなに怒り出してしまったのでしょうか。実際にはまだテハクの考えは一切変わっていなかったのでしょうか。

ジョンインとジホの関係がとうとうテハクにバレてしまい、逃げなさいと言われてしまいましたが。ジョンインがこのまま逃げるとは思いません。ジョンインはどんな行動をとるのか楽しみです。

まとめ

以上、ある春の夜に第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です