ある春の夜に第10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ある春の夜に第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ある春の夜に第10話のネタバレ!

ジホはギソクの姿を見るとジョンインを静止してギソクの元へ歩き始めます。ですが、危ない雰囲気を察知したジョンインが間に入り「私と話を」とギソクを遠ざけます。

ジョンインは「私がどこで誰と会おうととやかく言われたくない」とギソクに伝えます。ギソクは「父さんにも会ったのに?」と怒りますが「あなたとは結婚しないと言うために会ったの」と聞かされ唖然としてしまいます。

ギソクが「こんなヤツが好きか?ただの同情心だ」と言うと、それを聞いていたジホはギソクに詰め寄ります。なんとかジョンインがとバンドの後輩が止めに入るものの「先に車に」と鍵を渡されると、ジョンインは車に向かいます。

ジホが「諦めてください」と伝えるとギソクは詰め寄ろうとしますが、バンドの後輩に止められます。

「時間が必要と言ったのは心が広いからじゃなくて、先輩にも受け入れる時間が必要だからだ」とジョンインに話しかけます。ジョンインは「彼への配慮かもしれないけど、他人の目には私は二股した女で、あなたは略奪した男にしか映らない。それでも彼を気遣うと言うの?ならあなたとも会わない」と伝えます。

ジホは次の日ジョンインの仕事が休みなのを確認すると、実家のクリーニング屋に連れていきます。

クリーニング屋に懐かしい雰囲気を感じたジョンインは「初対面の時からジホさんは親しみやすかった」と伝えるとジホは「僕は違った。ざっくばらんで驚いた」と返します。「今は違うの?」と聞かれると「あの時の印象と違う」と答えます。

ジョンインは「一度しか言わないから忘れないでね。ジホさんに不満があるときははっきりいう。感情的になることもあるだろうし、攻撃的に責めることもあると思う。でもあなたを見下してるわけじゃないから」と告げます。するとジホは微笑み、ジョンインの手を握りました。「真面目に聞いてよ。絶対に忘れないでね。返事は?」というとジホはキスをしました。

その頃、ギソクはバンドの後輩を連れて飲みに行き「なんでジホなんかに…」など愚痴をこぼしていました。後輩がトイレに行くとギソクはヨングクに電話をかけました。ギソクは「僕はどうすればいい?ジョンインが父さんに話してたことをなぜ黙ってた。そんな話だっだとも知らず浮かれてたんだ。僕だけバカみたいだろ。なんで言ってくれなかったんだ」と不満を漏らします。

一通り不満をいうと最後に「何があっても結婚するから見てて。誰に邪魔されても必ずジョンインと結婚する」と告げると電話を切りました。

翌日、ジェインを呼び出したヒョンソンはジョンインの相手がどんな人なのか聞き出そうとします。ヒョンソンは「どうして言えないのかあなたが聞き出して」というと「相手に事情があったら反対する?どんな人なら反対する?」と聞き返されてしまいます。

悩んだ挙句ヒョンソンは「本気で反対する気はないけど心配なのよ」と答えました。

ソインはギソクに呼び出されると「ジョンインとうまくいってません」と聞かされます。その事をジョンインから聞いていたソインは「私に仲を取り持って欲しいという事ですか?」と聞きます。それに対しギソクは「最近他の男と会ってるようなんです。相手はシングルファーザーです。とにかく止めないと」と伝えます。

それを聞いたソインはすぐにジョンインを家に呼び出します。一連の話を聞いたジョンインは「ギソクさんと別れてもその人と付き合おうとは思ってなかった。でも、そのうち彼のことばかり考えるようになってた」と伝えました。

スポンサーリンク


ジョンインは「彼が好きなのかウヌへの母性なのかわからないけど、ウヌが愛しく見えるの。今まで黙っててごめん」と続けてソインに謝りました。

その言葉を聞いたソインは「妊娠してた。でも産むのを諦めようとした。しかも罪のない子を私への罰だと思ったの」と告げながら泣き出してしまいます。ジョンインはソインを抱きしめると「大丈夫よ、頑張ろう」と励ましました。

その帰り、ジョンインはソインを外で待っていたジホと会わせました。

翌日、ギソクはセフンに電話をすると「お義父さんが心配してたぞ。お前らの結婚のことで」と聞かされます。ギソクは「近々会いに行かないと」と答えました。

テハクがヨングクに昼食をご馳走になったお礼を言いに行くと「娘さんに好きな人ができたらしいな。そういうことだったのか。息子とは結婚できないと本人に言われたんだ」と聞かされてしまいます。驚いたテハクは「あの子に限ってそんなことはあり得ません。どこでそんな話を?結婚願望が強くないということです」と慌てて取り繕いました。

その夜、ジホとジョンインはお互いの同僚を連れて食事をしていました。酔っぱらったヨンジュは「私が風邪を引いて40度の熱を出しているのに、涼しい顔をして隣で映画を見ていたんです。ビールを飲みながら」と話し始めました。

それを聞いたジホが「薄情すぎます」というと「だから嫌だと?」と迫られてしまいます。ジホは「むしろよかった。僕が情に厚いから」と答えました。それを聞いたジョンインは笑みを浮かべます。

食事が終わり、ジホがジョンインを家に送るとテハクと鉢合わせしてしまいます。

ある春の夜に第10話の感想と考察

ギソクはジホとジョンインのデートを目撃してしまい、怒りに燃え始めました。自分一人じゃどうにもならないと考えたのか、ソインを利用しジョンインの事を丸め込もうと考えていたのでしょう。

ですが、ソインには断られてしまいギソクの思うようには行きませんでした。それでもまだ諦めた様子のないギソクは今後どのようにしてくるでしょうか。さらには、次はどのようにしてジホを陥れようとするのでしょうか。

そんな中でジホとジョンインの関係を応援してくれる人たちが増えてきました。自分たちの同僚やナムス、ソインという身内を味方につけたことで、どんどんと2人の関係は確かなものになっているように感じました。

お互いの同僚たちを連れて食事に行った時に、お互いの秘密を暴露されてしまいますが、それでもお互いに嫌いにならないということはそれだけ愛情が深いのでしょう。むしろ、お互いの本性を知った事で愛が深まったようにも見えました。

ジョンインはウヌに対して愛おしさを感じ始めていることも明らかになりました。ジョンインは何度もウヌと会っているうちに「自分がこの子の母親になるかも」という自覚を持ち始めているように感じました。ジョンインはそれだけジホとの結婚を本気で考え始めているのでしょう。

ジホはどんどんと積極的な行動をし始めました。手を繋いだり、ハグしたり、キスしたりと愛情表現をたくさんする事でジョンインを安心させようと考えたのだと思います。その効果もあってか、だんだんと2人は恋人同士らしさが増してきたように感じました。特にジョンインの笑顔が増えており、幸せそうな雰囲気を感じられました。

2人は幸せな時間を送っていましたが、とうとうジホとテハクが会ってしまいました。付き合っているとわかってしまう状況で会ってしまったジホはどんな行動をと売るのでしょうか。そして、ジョンインはどうするのでしょうか。

第11話も楽しみです。

まとめ

以上、ある春の夜に第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です