愛の不時着第9話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第9話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第9話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第9話のネタバレ!

セリはクリスマスプレゼントを持ち、家へ向かっていると目の前に3人の男が。銃口を向けられ誘拐されてしまいます。

セリは指示された通りジョンヒョクに電話し、別れの挨拶を済ませます。電話を切ろうとしないセリが男と揉み合いになっていると、銃が誤発してしまいます。

その音を聞いたジョンヒョクはセリが撃たれたのだと思いショックのあまり落ち込んでしまいます。

そんな中、家へ帰ると人だかりが。話を聞くと、保衛部が家を捜索しており、セリのことを探していると聞かされます。

チョルガンは「11課の特別管理対象はどこに?連行しに来た」と告げます。理由を聞くジョンヒョクに続けて「あの女は11課でも特別管理対象でもない。お前と父親、家族まで潰せる証拠にすぎない。拷問すれば…」と言い放ちました。

怒ったジョンヒョクはチョルガンを殴り飛ばして逮捕されてしまいます。

翌日セリが目を覚ますと、どこかの部屋に閉じ込められていました。セリは「なぜ殺さずに、なんのために?」と考えます。

留置場に入れられたジョンヒョクは部下たちに頼み、ダンを呼び出します。

ジョンヒョクは「彼女が消えた。何か知ってるのだろ」とダンを問いただします。ダンは「結婚を控えてる人が他の女性の心配をして悲痛な顔をしている。結婚式の日までここにいて」といい立ち去ろうとします。

ジョンヒョクは「僕の父か?もしかして僕の父にあったのか?父が彼女をさらって…」と聞くと、殺したわ、と返されてしまいます。

誘拐犯が父親だと確信したジョンヒョクは「もし彼女を傷つけたなら、次男まで失うだろう」と伝えるように頼みます。

マンボクは息子からセリが落とした箱を渡されます。開けるとそこにはムヒョンの時計が。

ジョンヒョクは部下たちにダンを呼び出す他に、自分が総政治局長の息子だと広めるように頼みます。

その噂は瞬く間に広がり、大佐の耳にも入ります。

セリは起こされるとチュンリョルと面会します。セリはダンの父親だと思い込んでおり、自分が韓国で会社を経営している善良なソウル市民だと身元を明かしてしまいます。

チュンリョルはジョンヒョクはただ助けてくれただけ、というセリに「2人の仲はそれだけか?」と聞きます。

セリは正直に「私はリさんのことがとても好きでした。好きになってしまってすいません」と謝ります。そしてチュンリョルに権力があると感じたセリは「私の無事帰還のために力を貸してください」とお願いをしますが、その場では返事をもらえず、屋根裏へ戻されてしまいます。

心配した母親のユニはジョンヒョクの部屋で寝るように案内します。本棚を見たセリは自分がジョンヒョクの実家にいることに気づきます。

セリはユニが作った料理を食べさせてもらっていました。ユニは「もともと温かい子だったのに冷たくなったの。誰にも心を開かず冷淡にね」と聞かされます。

翌日、大佐が勾留所長に働きかけジョンヒョクは無事に釈放されます。解放されたジョンヒョクは急いで実家に向かいます。

セリの行方を尋ねますが「お前は自分の将来を考えないのか?」と言われてしまいます。ジョンヒョクは「考えてるからこうしてるんです。この先今日のことを後悔したくありません。二度は嫌なんです」と反論します。

スポンサーリンク


それを見ていたユニは黙っていられず「息子を地獄には落とせない」とセリを引っ張り出します。

夜、ジョンヒョクと2人になったセリは「昨夜、私が弾いた曲だけど知ってるかしら」とピアノを弾き始めます。

なんとその曲はジョンヒョクがムヒョンのために作った曲だったのです。セリはこの曲をスイスで弾いているのを聞いてから気に入っていたのです。

誰の曲か聞いてくるセリに「兄のために作った曲の最初で最後の演奏をあの湖でしたんだ」と説明し、続きを弾いて聞かせました。

「あの時本気で死のうとしたわ。誰にも迷惑かけずに消えようと思った。なのにあなたがそこにいたのね。あなたは気づかないうちに私を助けてくれた」とセリは語りかけます。

するとジョンヒョクは「よく聞いて。明日君は家に帰る」と告げます。

チョルガンから報告を受けた軍事部長はすぐに総政治局長の家へと向かい、セリの捜索を始めます。

しかし、セリの姿は見当たりませんでした。

その頃、ジョンヒョクは大佐に頼み前哨地勤務に緊急交代をしてもらうことで、セリを韓国に返すことを計画し、部下たちと共に非武装地帯の民家へ移動していました。

夜になり韓国へ向かうために2人で歩くジョンヒョクとセリ。ジョンヒョクは「男に会ってもいいし、何もなかったように過ごしてもいい。その代わり、孤独にはなるな。僕がいるから。いつまでも幸せでいてくれ」と気持ちを伝えます。

軍事境界線に着くと、セリは泣きながら韓国側へ歩きて行きます。ジョンヒョクはセリを追いかけ韓国側へ入ってしまいます。「1歩くらいはいいだろう」というとセリを抱き寄せキスをしました。

ジョンヒョクが実家へ帰ると本が並び替えられており「愛してる。リ・ジョンヒョク」となっていました。それはセリが残したメッセージでした。

愛の不時着第9話の感想と考察

セリはジョンヒョクの父親の手によって誘拐されてしまいましたが、ダンとの面会でジョンヒョクは自分の父親の仕業だと確信しましたが、ジョンヒョクはなぜ気づくことができたのでしょうか。

ジョンヒョクの母はセリに優しく対応します。セリとチュンリョルの会話を聞いていた時に、本当にジョンヒョクのことを大切にしてくれているということに気づいたからでしょう。

ジョンヒョクがセリを探しに来た時も、隠れようとするセリを引っ張り出しました。ジョンヒョクが幸せになってほしいという気持ちからできた行動だと思います。

セリとジョンヒョクがスイスで以前会っていたというのには驚きました。スイスでも偶然出会い、さらに北朝鮮でも会ったことを考えると本当に運命が2人を結びつけたのかなと感じます。

マンボクは息子からセリが落としたムヒョンの時計を受け取り、ジャケットのポケットに隠しましたが、その時計は一体どうなってしまうのでしょうか。

また、ジョンヒョクを潰そうと考えたチョルガンの計画も不発に終わってしまい、次は自分の立場が危うくなってしまいましたが、一体どうなってしまうのでしょう。

とうとう韓国に帰ることのできたセリ。離れ離れになってしまった2人ですが、この2人はどのようになっていくのでしょうか。

それぞれの今後の展開に注目です。第10話も楽しみです。

まとめ

以上、愛の不時着第9話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です