愛の不時着第5話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第5話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第5話のネタバレ!

スンジュンはダンを降ろすと「縁があれば会えるかも」という言葉を去っていきます。

市場からの帰り道、ジョンヒョクは「女がいる。結婚する相手だ」と伝えます。

セリに婚約者のことを聞かれるものの「ロシアに留学中だ。いるはずがない」と言い、家に帰ると、そこにはダンの姿が。

鉢合わせしてしまったジョンヒョクはセリのことを一緒に作戦を遂行している仲間だ、と紹介します。

ですが、セリに対するジョンヒョクの行動に違和感を感じます。

ジョンヒョクはダンを車に乗せ、平壌まで送ることにします。その車中、ダンは「結婚するんだから恋愛しないと。協力して」と言われてしまいます。

車を返してすぐに帰ろうと思っていたジョンヒョクだったが、夕食へ招待されてしまいます。

セリがジョンヒョクの帰りを待っていると村の女たちが家へとやってきました。村の女たちはジョンヒョクが二股していると勘違いをしており、セリを励ますためにやってきたのです。

ヨンエは「ジョンヒョクに不利益を与えるように伝える」と言いますが、ジョンヒョクに不利益が生じたら困るセリは「私は織姫と彦星の織姫です。愛しているのに運命に翻弄されています」と話します。

平壌からの帰り道、ジョンヒョクは実家に足を運びました。総政治局長を務める父親へお願いをしにやってきたのです。

セリはなんでも協力してくれると言うヨンエに「配慮星をもらったら良心の気持ちも変わるかも」と大佐に話を通してもらうように頼みました。

次の日の朝、ジョンヒョクが帰宅するとビールの缶で38度線と作り「この線を越えないで。越えたら戦争が起こるわよ」と朝帰りをしたジョンヒョクに怒りをあらわにします。

そんなセリに対して「国際陸上大会に参加する選手団に君を入れる。飛行機でヨーロッパに行ける」とセリが韓国に帰国するための手配をしていたことを告げます。

セリを逃そうとしていることを盗聴したマンボクはすぐにチョルガンにそのことを伝えに行きます。

マンボクは用件を伝え任務に戻ろうとすると「ムヒョクの時計だが、なぜなかったのかな」と聞かれてしまいます。

心当たりのあったマンボクが答えずにいると「万が一でもあれが彼の弟の手に渡ったら君も俺も終わりだ」とチョルガンに脅されてしまいます。

その頃、ジョンヒョクの部下たち4人は保衛部に呼ばれ、チョルガンから取り調べを受けていました。

どうにかしてジョンヒョクが何を隠していいるのかを聞き出そうとするものの、誰も答えないことに苛立ちウンドンを殴ってしまいます。

するとそこにジョンヒョクが現れ「真実を言えるのは当事者だけです」と部下を守ります。

そこに大佐から電話がかかってきます。その電話でトラック事件の容疑車両の運転手とチョルガンを召喚するという内容の通知がきたことを聞かされ、呼び出しを受けてしまいます。

韓国ではチーム長と保険会社のスチャンがパラグライダーの会社から連絡を受け向かうと、セリが北朝鮮側から発していたトランシーバーの音を受信していたのです。

その声を聞いてセリが生きていることを知った2人はデータを預かり警察へ向かいました。

セヒョンはスンジュンを逃した協力者を捕まえ、スンジュンにもらった10倍の金を払う、といい呼び戻そうとしました。

その日の夜マンボクは9年前に盗聴の仕事のせいで殺されかけていたところを救ってくれたムヒョクを思い出し、涙を流しました。

スポンサーリンク


電車で平壌へ向かっているとセリは「私がヨーロッパで行方不明になったら、あなたに迷惑がかかったりしない?」と聞きます。ジョンヒョクは両親には自分が責任を取ると伝えているものの、セリには大丈夫だと嘘を伝えます。

そんな話をしていると、停電のため電車が10時間以上停車するというアナウンスが入ります。

野宿で一晩明かすことになった2人は薪を囲み暖を取ります。

自分の言うことをなんでも聞いてくれるジョンヒョクをみたセリは「あなたはいい人。将来はいい夫やいい父親になる」と褒めるものの、ジョンヒョクは「将来は考えない。考えてた将来と違ったら悲しくなるから」と暗い表情を浮かべます。

ジョンヒョクがスイスに留学中、ムヒョクが殺されてしまったことを思い出していたのです。

悲しげな姿をみたセリは「間違った電車が時には目的地に運ぶ。思い通りに行かなくても将来を考えてみて。私が去った後もあなたには幸せでいてほしい」と励まします。

次の日やっと電車は動き出し平壌へ到着しパスポート用の写真撮影に向かいました。

撮影が終わり帰ろうとするジョンヒョクに「一緒に撮るのはどう?私が行ったらもう会えないから記念に」と誘うものの、断られてしまいます。

同じ電車で平壌にやってきたスンジュンはホテルにチェックインしますが異様な雰囲気を感じます。自分の身に危険が生じていることに気付いたスンジュンはロビーへと逃げ出します。

すると目の前に死んだと聞いたはずのセリの姿が。スンジュンはセリの手を握りエレベーターへ。

エレベーターが閉まる直前、険しい形相をしたジョンヒョクが乗り込んできます。

愛の不時着第5話の感想と考察

セリはダンと鉢合わせしてしまった時、悲しげな表情を浮かべていました。セリは心のどこかでジョンヒョクに本当に婚約者がいたことにショックを感じていたように感じます。

その思いがあるからこそ、ジョンヒョクが外泊した際に怒っていたのだと思います。その線を越えたら戦争が起こる、と言ったのは自分を放って置いたことにそれだけ怒っていたからでしょう。

それに対しダンも婚約したものの、7年ぶりに帰ってきて会いに来たのに女と歩いてくるジョンヒョクに怒りを感じていたように感じます。

マンボクはチョルガンに命令され、任務をこなしながらもジョンヒョクに対して後ろめたさを感じているように思いました。その思いはムヒョクに助けてもらった過去があるから感じているものだと思います。

またチョルガンとの会話中にムヒョクの時計のことが出てきましたが、その時計にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。また、ジョンヒョクはその時計を見つけることができるのでしょうか。

ジョンヒョクのことを調査していたチョルガンでしたが、逆に保衛司令部から召喚されてしまいます。ジョンヒョクが行ったことだと思いますが、どのような方法を使ったのでしょうか。

韓国側でもさらに後継者争いが加熱しそうな様相になってきました。セジュンの妻はジョンヨンに取り入ることに失敗してしまいます。さらにチーム長たちがセリの声を受信したデータを手にしたことで、新たな展開が待ち受けているように思います。

ジョンヒョクは自分の本当の気持ちに気づき始めているように思いました。すでにジョンヒョクの気持ちは婚約者のダンよりもセリの方に傾いているように思います。

スンジュンはセリと再会し、手を引いてエレベーターへ引き込みましたがスンジュンはどうするつもりだったのでしょう。

そしてものすごい剣幕で乗り込んできたジョンヒョクはどんな行動を取るのでしょうか。

第6話も楽しみです。

まとめ

以上、愛の不時着第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です