愛の不時着第3話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第3話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第3話のネタバレ!

僕の婚約者だと宣言するものの、チョルガンに「平壌市民書と特別通行証を見せろ」と言われてしまいます。

問い詰められるとジョンヒョクは「彼女は南から来ました。11課の所属です」と伝えます。11課は韓国で極秘の任務をする課で、情報は党の機密事項だからと、上手く切り抜けます。

11課と聞いて住民全員が黙り込んだのが気になったセリがジョンヒョクに聞くと「韓国で活動した特殊工作員やその家族だ」と聞かされてしまい、自分がスパイにされてしまったことにショックを受けます。

その夜、セリは昼に本棚で見つけたピアノの楽譜や公演のパンフレットが気になり「スイスに行った事があるの?あなたもピアノを?」と質問しますが、ジョンヒョクは質問に答えませんでした。

その頃空港にロシアに勉強しに行っていたダンが帰ってきました。車をジョンヒョクに貸したことを聞いたダンは「明日演奏会が終わったら私が取りに行きます」と伝えます。

ダンはジョンヒョクの本当の婚約者だったのです。

同じ飛行機でスンジュンも北朝鮮に到着していました。

チョルガンは盗聴室に向かい、マンボクに「ムヒョクの弟が前哨地に出ている。ジョンヒョクはムヒョクの弟だった」と伝え、監視をするように頼みます。

さらにチョルガンはセリが何か隠していると勘付いており、セリを使ってジョンヒョクの家族を一気に破滅させようと考えています。

マンボクは7年前にムヒョクを殺すためにムヒョクの乗る車を盗聴していたのです。

次の日、ジョンヒョクは部下たちにセリのことを婚約者として紹介したことを伝えます。驚く部下たちに一種の偽装戦術だと納得させます。

そして今夜セリを船で送り返す計画の最終確認をし、前日と同じように自分の家に工事に向かわせます。

マンボクはジョンヒョクの家の盗聴を始めるものの、ドラマの話をしているとは思わないマンボクは意味不明な会話内容に混乱してしまいます。

ジョンヒョクは、トラック部隊の調査をするために事故現場へと訪れていました。哨所長に話を聞くと「普通、大型トラックが3台も空車で往復しません。なのに出る時も空車でした」と不審だったことを聞かされます。

さらに「トラックに施された装甲は一般的なものではなく、特殊な金属のようだった。あれでぶつかったら即死です。整備所に行ってみてください」という有力な情報を掴んだジョンヒョクは今後は聞かれても黙っておくように伝え、さらなる調査を始めました。

チョルガンはスンジュンの家へと向かいました。スンジュンが到着するないなや死にそうな思いをした事について文句を言うと「俺は軍服を着た商売人だ。事がこじれたら契約を破る。お前を渡せば金はたくさんもらえる」と脅します。

セジュンとセヒョンはどうにかして後継者発表を遅らせようとユン会長に訴えます。さらには自分に後継者をしてもらおうとお互いに企てます。

そんな中、セヒョンの妻・サンアは「セリがいなくなったのだから、セリズ・チョイスを売却して資金を補填してはどうか」と提案します。

スポンサーリンク


セリは韓国に帰る前に、親切にしてくれたジョンヒョクと部下たちに感謝を伝える代わりに表彰する事にしました。

部下たちに表彰状を渡していくセリですが、ジョンヒョクの分はありませんでした。自分の分がない事に腹を立てたジョンヒョクが外に出ると、セリが追ってきて「これはスペシャルサンクス賞」といいトマトの苗を見せられました。

「トマトは嫌いだし、植物栽培に興味も才能もない」と伝えるが、「ペットだと思って愛情をかけて育てて。1日10個綺麗な言葉を」と言われてしまい無理やり育てさせられます。

ジョンヒョクとセリは船に乗るために移動を開始しました。別れを惜しむセリは「アフリカにも南極にも行けるのにあなたはよりによってここにいるのね」と悲しげな言葉を投げかけました。

予定通り港に着き送り出そうとするも、セリの不安げな表情をみかねたジョンヒョクは一緒についていく事に。

無事に脱出できたかと思ったら、巡視船に見つかってしまいます。船長が機転を聞かせ2人を船倉へ隠します。

ですが船倉を見せろ、と言われてしまいます。賄賂でどうにか難を逃れようとするものの、拒否されてしまいます。

危機的状況をなんとか逃れようと知恵を絞るジョンヒョクは韓国ドラマで危機一髪の時に使えるすごい方法があることを聞いた事を思い出したジョンヒョクはそれしかないと提案します。

「話はいいからなんとかしてよ」と言うセリにジョンヒョクはキスをしました。

愛の不時着第3話の感想と考察

第3話ではジョンヒョンの兄が昔事故で殺されていたことが明らかになりました。

その事件を仕組んだのはチョルガンだと思われますが、なぜチョルガンはそこまで執拗にジョンヒョクのことを潰そうと考えているのでしょうか。

チョルガンとジョンヒョクの家族との間に一体何があったのか気になります。

さらに新たな登場人物・ダンが登場しました。ダンはジョンヒョクの本当の婚約者のようですが、ダンは一体何をしており、どんな人なのでしょうか。今後の展開に注目です。

そんな中、韓国では後継者争いがどんどん白熱していました。お互いの夫婦がお互いのことを蹴落とそうとする中でユン会長は答えを出しませんが、どんなことを考えているのでしょうか。このままセリの会社は売却され、セリは後継者の座から降ろされてしまうのでしょうか。

セリはとうとう北朝鮮から帰ることになりますが、自分の立場を知らない中でも親切にしてくれたジョンヒョクやその部下たちとの別れを悲しんでいるように見えました。

特にジョンヒョクに対しては本当に恋心を抱いているように感じました。だからこそ、村の女たちに見せつけつためにジョンヒョクを見送ると言い出したように思います。

港に送ってもらう時にも、北朝鮮に住んでいるせいで今後会うことができないことを悲しんでいるように感じました。

そんな2人は最後船の中でキスをしてピンチを乗り切ろうとしますがどうなってしまうのか。そして、2人の関係性が変わることはあるのでしょうか。

これからの展開からも目が離せません。

まとめ

以上、愛の不時着第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です