愛の不時着第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第13話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第13話のネタバレ!

セリはジョンヒョクにマンボクとの話を聞いたことを伝え「お父さんをこれ以上困らせないで。もう行って。あなたの世界へ」と伝えます。

誕生日パーティーが終わりセリが部屋で休んでいると、ジョンヒョクがプレゼントを持って現れました。勿体ぶって中々プレゼントを渡そうとしないジョンヒョクの手を無理やり掴み、手の中を見るとそこにはペアリングが。

指輪をつけてもらったセリは「見てきた指輪の中で一番きれい。一生外さないわ。何があってもあなたを忘れない」とジョンヒョクを見つめ手を握ります。

北朝鮮ではミョンウンがダンのマンションを訪れると、そこにはスンジュンが。ダンがまた酔いつぶれて寝てしまっていることを聞いたミョンウンは怒りを隠せません。

ダンを怒ろうとしているとところにスンジュンが入ってきて一緒に夕食を食べることになります。

ミョンウンは突拍子もなく「ダンとはどんなリレーションシップを?」と聞きます。

スンジュンは「僕が一方的にダンさんに惚れています」と素直に伝えます。

ジョンヒョクはオ課長を捕まえ、「僕の質問に答えればいい」と問い詰めます。

その頃セリはマンボクからジョンヒョクが北朝鮮に帰るには選手団のバスに乗って帰るのが安全だということを聞きます。

その後セリはマンボクたちに恩返しをしようと「あなたたちがここを去る前に欲しかった物や食べたかった物、着たかった物を全部買って」をクレジットカードを渡します。

サンアは極秘でセリの会社の代表を交代しようと動き出します。

セリとジョンヒョクは仕事をサボりデートをしました。吊り橋を訪れるとジョンヒョクが「ある人が高い橋から飛び降りようとしてた。女性で僕のタイプだった」とスイス時代の思い出を語り始めました。

「写真を撮って欲しいと。怖がりながらカメラを受け取った。彼女が記憶に残った。時々思い出した、なぜならタイプだったから」と語るとボイスレコーダーをセリに渡しました。なんとその時の女性はセリだったのです。

マンボクがタバコを吸いに行くとチョルガンに捕まってしまい「現実から目を背けるな。祖国に帰ったら総政治局長が君を守ってくれると?」と子供の写真を見せられ脅されてしまいます。

マンボクは家に帰っても、チョルガンに脅されたことを思い出し悩み込んでしまいます。

ダンがスンジュンのもとを訪れると、そこにはヨンアたちの姿が。話を聞いているとスンジュンがジョンヒョクの家に行っていたことを聞かされます。

ヨンアたちが帰った後ダンはそのことについてスンジュンを問い詰めました。スンジュンは「実はジョンヒョクから連絡が来た。チョは死んだんじゃなくて消えたんだ。セリを捕まえてきてリ家を陥れようとしてる。それでリさんはソウルへ」と話します。

それを聞いたダンは泣き出し、その場から立ち去ってしまいます。

セリはスビンをチェ・ジウに会わせたり隊員たちに徐々に恩返しをしていきます。カードを渡したのにあまり使わなかった隊員たちにプレゼントを用意しました。

ジョンヒョクたちは帰る準備をします。

その頃セヒョンはジュンピョンに「近々株主総会を開く。潔く代表の座を返上するんだ」と怒鳴られてしまいます。そこにサンアが入ってきました。

スポンサーリンク


サンアは謝るや否や北朝鮮でセリとスンジュンが一緒にいた証拠の写真を見せ「20年前、お義父様が子強引に合併したクリョン物産のク代表がこの男の父親でした。素性を隠して私たちに近づいてきたのです」と伝えます。

ですが、信用を失ったセヒョンは「お前らが嘘をついているのかセリがクの一味なのか本人に確かめよう」と言われてしまいます。

セリを呼び出したセヒョンの元にはチョルガンの姿が。セヒョンはセリの家から実家までのルートが乗った写真を見せると「あとは任せるよ」と伝えます。

セリは運転して実家へ向かっていると車に囲まれ道を塞がれてしまい暴漢たちが襲いかかってきます。ですが、車に同乗していたマンボクたちが返り討ちにします。

マンボクはチョルガンに会ったことを話しており、チョルガンたちを出し抜いていたのです。

ジョンヒョクはオ課長に呼び出されたところへ向かうとそこにはチョルガンが。チョルガンの元へ向かうと周りにいた暴漢たちに襲われてしまいます。

ジョンヒョクが劣勢に立たされていると、そこにマンボクたち5人が助けにやってきます。

ジョンヒョク銃を構えチョルガンを追い詰めますが、マンボクが人質に取られてしまいます。暴漢に気を取られている間にチョルガンは外へ逃げてしまいます。

追いかけてくるジョンヒョクでしたが、行方を見失ってしまいます。そんな中、チョルガンが銃を持ちジョンヒョクのことを狙っているのを見たセリは身を挺して守ります。

ガラスの割れる音を聞いたジョンヒョクはすぐにチョルガンに向けて発砲します。さらにはマンボクも銃を放ちチョルガンを殺します。

ジョンヒョクはすぐに車のドアを開けると、セリは車から倒れ落ちてしまいます。

愛の不時着第13話の感想と考察

スイスでジョンヒョクの弾くピアノを聞いていたり、セリが自殺しようとしていたところに鉢合わせていたり、まさにジョンヒョクとセリは運命で繋がっていたのでしょう。

だからこそ、セリが北朝鮮に不時着した時にもジョンヒョクはセリの存在を隠していたのだと思います。

北朝鮮でよくしてくれた彼らに感謝を示すためにプレゼントをしたセリ。マンボクから話を聞き、帰国よりもセリを守ることを選んだマンボクたち。セリとマンボクたちの間にも深い友情が育まれているように思いました。

マンボクも難しい選択を迫られていました。自分の息子を選ぶかジョンヒョクを選ぶかの選択を迫られ、最終的にはチョルガンの脅しではなく、ジョンヒョクとムヒョンへの恩返しを選択したのです。

それだけマンボクにとってムヒョンを殺してしまった記憶が重く乗り掛かっていたのだと思います。

ダンはスンジュンからジョンヒョクがセリを助けるためにソウルへ行ったと聞くと泣いてしまいました。きっとダンはジョンヒョクのこと諦めきれておらず、自分よりもセリを選んだことが悔しかったのだと思います。

ダンの心が今後どう動くのか気になります。

後継者争いにも新たな展開がありました。セヒョンの悪事を知ったジョンピョンは株主総会を開きセヒョンを後継者から引きずり下ろそうとします。

セヒョンはセリを消し後継者の座を守ろうとしますが、守り切る事はできるのでしょうか。

チョルガンに復讐を果たすものの、セリはジョンヒョクを守ろうと自らが撃たれてしまいました。彼女の運命はどうなってしまうのでしょうか。

14話の展開にも注目です。

まとめ

以上、愛の不時着第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です