愛の不時着第12話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第12話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第12話のネタバレ!

ジョンヒョクがセリを助けると、そこに停電に気付いた警備員が現れます。チョルガンはセリの携帯を捨て逃げ出しました。

セリは知り合いの医者に頼みジョンヒョクの処置をしてもらいますが、「男がいる」セヒョンたちに伝えられてしまいます。

サンアは以前セリの家で見た男性用の靴が引っかかり「なぜ病院へ行かず往診の依頼を?男を家に招いたことなんてあったかしら」と不審に思います。

ジョンヒョクは自分の命を守ってくれたセリに「怖かっただろうに僕を守ってくれた」と感謝を伝えます。セリは「感謝してる?だったらケガが治るまでは帰らないで。お願いだからそれだけは約束して」とお願いします。それを聞いたジョンヒョクは頷きました。

翌日、セリはチーム長たちを連れてジョンヒョクが中国人たちに襲撃されたレストランへと向かいました。レストランへ向かう前にその地区の建物を全て購入したセリは中国人たちを集め「襲撃を指示した人物が誰なのか知りたいの。最も有力な情報をくれた方には今後ここの家賃と管理費を無料にいたします」と伝えます。

さらにチョルガンを見つけてくれた方にも謝礼を払う、と告げるとその場から立ち去ります。

マンボクたちはジョンヒョクかセリを見つけようと各自努力するものの、ニアミスばかりで中々出会う事ができません。

北朝鮮では韓国にジョンヒョクを目撃したと言う情報がチョルガンの元から届いてしまっていました。

夜、ジョンヒョクとセリは2人でお酒を飲むことにします。酔っ払ったセリを確認したジョンヒョクは「北に帰りたくない。君とここにいたい」と言い出します。

「ここで君と結婚して、君に似た子供も欲しい」、「またやる、ピアノを」と自身の夢を語りました。

セリも満更ではなく「ずっと私のそばにいてくれないと」と思いを伝えます。

スンジュンは体調を崩してしまい、ダンに助けを求めました。ダンは一度は疑うもののスンジュンの様子が気になり食料を持って家を訪れました。

ダンは慣れない手付きでおかゆを作りスンジュンに食べさせました。スンジュンは「塩辛いおかゆを食べてた頃を思い出した」と過去を語ろうとすると「またホラを吹くつもり?あなたが南で何をしてたか私が知らないとでも?」と問い詰められてしまいます。

ダンはスンジュンがセリと破談になり、次男の私有財産を奪ったことを知っていたのです。

ですが本当にスンジュンは家族みんなで食べた最後の夕食を思い出していたのです。「父は信じてた人に裏切られて会社が倒産し、家族みんなで移住したけど食事が口に合わないのが一番辛かった」と語りはじめます。

なぜ詐欺師になったのかと聞かれたスンジュンは「俺に言わせたらこれは復讐なんだ」と言います。スンジュンの父親はセリの家族によって倒産させられていたのです。

話していく中で段々と弱気になっていくスンジュンに「相手に泣かされたら、倍返しにしてやるのが真の復讐だわ」と復讐させようとします。

ダンはそのままスンジュンの家で寝てしまいました。ダンの姿がないことに気づいたダンの母親はミョンソクに頼みスンジュンのことを詳しく調べることに。

マンボクたちはセリの会社の展示会が行われる情報を手に入れ、忍び込もうと計画します。

上手く忍び込むことに成功した5人は買い物客を装い「代表に合わせてくれ」とどうにかセリに会うチャンスを伺います。

ですが怪しまれてしまいストーカーに疑われてしまいます。それに気づいた5人はどうにか逃げ出すことに成功しますが、ウンドンが会場に靴を忘れてきてしまいます。

スポンサーリンク


ベンチに座り一息ついていると5人の目の前にウンドンの靴を持ったジョンヒョクが現れました。

5人を見つけたジョンヒョクは「南に来るなんて。危険なのに。どういうことだ」と部下たちを抱きしめました。

その頃、展示会に訪れたセジュン夫婦は「私たちで力を合わせましょう。セヒョンさん夫婦を叩き潰すの」と提案します。さらに「母さんは俺を応援するそうだ。お前も協力しろ」と言い出します。

それを聞いたセリは「セジュン兄さんとお母さんが協力して私を後継者にして」と言い返し席を立ちます。するとジョンヒョクから電話が。

ジョンヒョクから電話を受けたセリはすぐにマンボクたちを迎えに行き、ついに再会を果たしました。

セリの家に招かれた5人はあまりにも違う韓国の生活に驚きを隠せません。

マンボクは楽しむ他の隊員たちを他所に悩み込んでしまいます。そしてジョンヒョクに総政治局長に頼まれて連れ戻しにきたことを伝えます。「リ中隊長には時間がない」と急いで帰国するように頼みます。

次の日、ジョンヒョクとマンボクの会話を聞いていたセリは「ケガが治るまでは帰らずにいてくれた。だから急にいなくなったとしても驚かない」と告げ仕事へ向かいました。

ジョンピョンが裏で身元引き受けの手続きをしセリが帰国したことを知ったジョンヨンは「セリが北にいたことを知ってたのね」と問い詰めます。

ジョンピョンはセヒョンがお金で人を雇いセリの帰国を妨害していたことを知らされます。

その頃、オ課長はセヒョン夫婦とチョルガンを合わせていました。セリを殺そうと考えるチョルガンの意見を聞き呆れて帰るセヒョンでしたが、サンアはチョルガンに情報とお金を提供することを約束します。

セリが家に帰ると部屋は真っ暗でした。ジョンヒョクが帰ってしまったのだと思いセリは号泣してしまいます。

すると急に電気がつきます。それと同時にジョンヒョクたちが目の前に現れ誕生日をお祝いしてくれたのです。

驚いたセリは家を飛び出してしまいます。ジョンヒョクはセリを追いかけ後ろから抱きつきました。「来年も、その次の年も幸せな日になる。僕が思ってるから」と囁きました。

愛の不時着第12話の感想と考察

ジョンヒョクとマンボクたちがなんとか韓国の生活に溶け込もうと頑張っている姿がとても印象的でした。慣れない環境の中で情報を仕入れ、ジョンヒョクを見つけ出すことのできたマンボクたちの行動力は素晴らしいと思います。

ダンはジョンヒョクとの縁談が破談になったことで、段々と恋愛経験豊富なスンジュンに惹かれはじめているように感じます。積極的にアプローチをかけてくるスンジュンを放っておくことができないのでしょう。

スンジュンとダンの恋の行方にも注目です。

セリはジョンヒョクとの生活を楽しんでいましたが、マンボクとの会話を聞いて現実に引き戻されてしまいます。

ジョンヒョクも北に帰りたくないと口にしてしまいますが、戻らなければならない日はいつかきてしまいます。

別れの時がきてしまう2人の恋は一体どうなってしまうのでしょう。

12話ではセリと母親の間にあった確執が明らかになりました。実の子供じゃないからと捨てられそうになったセリ。そのことを申し訳なくジョンヨン。2人が和解できる日は来るのでしょうか。

サンアは独断でチョルガンと手を組むことにしましたが、2人の作戦はバレずに完遂する事はできるのでしょうか。

さらなる展開に期待です。

まとめ

以上、愛の不時着第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です