愛の不時着第11話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第11話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第11話のネタバレ!

セリはジョンヒョクがいることに驚き夢だと思ってしまいます。ですが「夢じゃないと保証する」と言われると思わずジョンヒョクに抱きつきます。

ジョンヒョクは昔掘られた金鉱を使いチョルガンが韓国に渡ったのを聞き、同じルートを使い韓国へ渡っていたのです。

カフェに行くと「チョ・チョルガン、彼がここに来てる。彼がここにきた理由は君だ」とジョンヒョクから聞かされます。

自分を守るために韓国に渡ってきたのか、と驚くセリに「彼は君だけでなく、君を利用して僕と父を攻撃する気だ。阻止しないと。君のためだけじゃない。彼を捕まえたらすぐ帰る」と伝えます。

すぐ帰ると聞かされたセリは落ち込んでしまいます。とりあえず、セリはジョンヒョクを家に招き入れることにします。

ジョンヒョクはセリが韓国に戻り家族とどうなったか心配します。セリは「仲良くしてるわ。いくら憎くても家族はやっぱり家族だった」とジョンヒョクを心配させないために嘘をつきます。

そんなところにセヒョン夫婦が訪れてきます。セヒョンは「僕が後継者になりクイーンズの代表に就いた。だから調子に乗るな」と警告します。

サンアはセリが北朝鮮にいた証拠を見せつけますが「助ける気はなかったの?帰って欲しくなかった?それとも死んで欲しかったの?」と逆に脅し返されてしまいます。

北朝鮮ではヨンエたちが占い師のところにきていました。占ってもらうと「この村に血の嵐が吹き荒れる」と不吉なことを言われてしまいます。

スンジュンが家で寝ているとチョン社長が慌てて荷造りをしにやってきます。何事かと聞くと「チョの罪がバレたそうです。俺たちもバレたら間違いなく殺されます」と告げられます。

急いで逃げようとするもののチョン社長は捕まってしまいます。

ジョンヒョクを韓国に馴染ませるためにデパートへ向かいました。セリはジョンヒョクのためにスーツなどを買い揃え、髪型も韓国風に変えます。

そのままジョンヒョクを連れて会社に行くとチーム長たちに声をかけられます。セリは「私のボディーガードのイ・ヒョクさん」と紹介します。

マンボクたちもセリの会社を訪れます。セキュリティーの捕まった5人は「社長に会いにきました」と伝えるものの「身分証をご提示の上で面会の申請を」と追い返されてしまいます。

チョン社長も逮捕され路頭を迷っていたスンジュンはダンに呼び出され、カフェへ向かいにいきました。

行くあてがないことを聞かされたダンはスンジュンをジョンヒョクと住むはずだった新居を貸すことにします。

ダンはすぐに帰ろうとしますが「お腹空いてない?ラーメン食べる?」とスンジョンに誘われ一緒に食べることに。

スンジュンは「ラーメンには社会的に与えられた意味がある。韓国ではラーメン食べる?とは誰にでも言わない。今後、他の男に言われたらきっぱり断るんだ」と教えます。ですがダンは「どうして断るの?私はいいのに」と答えます。

驚いたスンジュンは「いいって、何がいいのだ。ラーメンが?それともそう言う男が?もしくは俺が?」と質問するが笑われてしまい答えてもらえません。

韓国ではセジュンがジョンヨンにセリが北朝鮮にいたこと、そしてそのことをセヒョンが知っていて隠していたことを教えます。そこでオ課長と言う中国通がセリの帰還と関係あるのか調査をしているという事を伝えます。

スポンサーリンク


セリとジョンヒョクがオフィスにいると、ジョンヒョクの携帯に電話がかかってきます。ジョンヒョクが電話から戻ってくると「今夜行くところがある。ブローカーと会うらしいから確かめに行く」と告げます。

セリは一緒に行く、と言いますが断られてしまいます。「チョルガンを捕まえられたら僕は今夜ここを去る」と告げられたセリは「確かに状況が分からないからそうなるかも。だけど、声は聴かせてちょうだい」とジョンヒョクの携帯を借り、自分の電話番号とお互いの位置がわかるアプリを入れます。

その夜ジョンヒョクは予定通り聞かされた場所へ向かいます。ですが、そこにチョルガンはいなく敵に囲まれてしまいます。なんとか敵たちを制圧します。

セリは仕事が終わり車に向かうと、チョルガンが車に乗っているのを見つけます。それを見たセリは逃げ出すものの携帯を落としてしまいます。

ジョンヒョクがセリに電話をすると電話に出たのはチョルガンでした。「リ・ジョンヒョク。嬉しいな韓国で会えるとは。本当にくるとは思わなかった。俺は今ユン・セリと一緒にいる。長くは待てない。電話を切らずにこい」と呼び出されてしまいます。

駐車場に着くと「余計なマネをすると女の頭に銃弾をぶち込むぞ」と脅されます。すると電気が消えてしまいます。

電気が消えると「チョ・チョルガン、ホラを吹かないの。チョは嘘をついてる、銃も持ってるの。私は大丈夫だから逃げて」とセリの声が聞こえます。

すると急に口を塞がれてしまいます。驚くセリでしたが、目の前に立っていたのはジョンヒョクでした。

愛の不時着第11話の感想と考察

ジョンヒョクがセリを思う気持ちの強さを感じました。危険と言われながらも洞窟を通り韓国に渡る覚悟はかなりのものだったと思います。

セリにはチョルガンから守るためと伝えましたが、実際にはセリに会いたかった気持ちも大きかったと思います。

チョルガンの罪がバレた事で多くの人が逮捕されてしまいました。スンジュンも捕まってしまいそうになりましたが、ギリギリで逃げることに成功しました。ですが、今後彼は北朝鮮でどうなってしまうのでしょうか。

ダンには嘘をついていますが、いつバレてしまうのでしょうか。

また、スンジュンはラーメンを食べている時に言われた「どうして断るの?私はいいのに」と言う言葉に引っかかってしまっています。ダンはどのことについて答えたのでしょう。

セリはセヒョン夫婦が自分が北朝鮮にいたことを知っていたのに助けにこなかったことを知ってしまいました。後継者を争う中で、すでに自分が後継者だと主張するセヒョンと、セヒョンたちを蹴落とそうとするセリとセジュンたちが今後どう動くのか気になります。

マンボクたちも慣れない地でジョンヒョクのことを探し回りますが、見つけることができません。この5人はジョンヒョクたちと再会する事はできるのでしょうか。

チョルガンはセリを捕まえられそうなところまで行くものの、逃げられてしまいました。セリをどうにかして殺したいチョルガンと、どうにかして守りたいジョンヒョクの勝負は一体どちらに軍配が上がるでしょうか。

そしてジョンヒョクが落とした北朝鮮のバッジが韓国の警察に見つかってしまいましたが、ジョンヒョクたちは今後どうなってしまうのでしょうか。

今後の展開から目が離せません。

まとめ

以上、愛の不時着第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です