愛の不時着第10話のあらすじネタバレ&感想考察!

愛の不時着,第10話,ネタバレ

スポンサーリンク


愛の不時着第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

愛の不時着第10話のネタバレ!

セリは韓国に戻ると会社へ出向き「ユン・セリが帰ってきたと早く噂を広めて」と観衆に伝えました。

その噂はすぐに広まり、セジュンやスチャンたちの耳にも伝わります。

セヒョンの妻サンアはセリの会社の緊急理事会に参加していました。「今後クイーンズ・グループが吸収合併する予定です」と発表し代表がサンアに変わってしまいそうになったその時、セリが現れます。

驚くサンアに「生食が好きでしたよね。でも会社まで丸呑みしようとしないでね。私の会社よ」と釘を打ちます。

その頃ジョンヒョクはセリに「会いたいと心から願えば、会いたい人に会えるかな」と言われたことを思い出していました。

夜、ジョンヒョクの前にマンボクが現れます。

マンボクは「17の頃から自分のことなど語らない人生でした。でも数年前初めて語れる人と出会えたうえ、誕生日には贈り物までもらいました」ともらった財布を見せ、その中に入っている手紙をジョンヒョクに手渡します。

その手紙にはムヒョクの名前が書かれていました。

マンボクは10年前、マンボクの子供が高熱でうなされているところをムヒョクが助けてくれた事。その数年後、チョルガンに脅されムヒョクのことを盗聴し、殺してしまった事。今までにあった事を全て話ました。

マンボクは「自分を責め続けても無駄でした。朝目覚めた時も眠る時もざんげしました。彼の命を奪った事を。罪を償いたいんです」と謝罪しました。

そしてムヒョクがチョルガンの悪事をまとめたデータを隠した時計と音声テープを手渡しました。

そのテープには死ぬ直前にムヒョクがジョンヒョクの事を自慢していた音声が入っていました。それを聞いたジョンヒョクは「ごめん、許してくれ」と泣いてしまいます。

セリは実家へ向かい、ジョンヨンと再会します。セリは「私に帰ってきてほしいと思ってた?」と尋ねます。何も返答がないジョンヨンを見て「価格が暴落した株を大勢が買い集めてたわ。一番多く買ったのはヘジさんで、次がお母さん。お母さんの子供たちではなく私の会社なの。会社まで奪いたかったの?」と問い詰めます。

それでも何も言わないジョンヒョクに「死んだと思って嬉しかったでしょ」と告げます。

ジョンヒョクはマンボクから受け取ったムヒョンの時計を分解し、チョルガンの不正についてのデータを発見します。

スンジュンが不審者に間違えられているところをダンに助けられます。2人きりになるとスンジュンは「ところで予定通りやるの?結婚式。非武装地帯に入ったならリさんは当分戻れないぞ」と尋ねます。

そのことを聞かされていなかったダンは「ジョンヒョクさんから聞いた?」とスンジュンを問い詰めます。

ジョンヒョクはセリを逃すためにスンジュンに迎えにきてほしいと協力を頼んでいました。頼みを受けたスンジュンは渋々ながらも引き受け、2人を開城まで送っていたのです。

それを聞いたダンは「つまり彼が急に勤務交代を申し出たのは彼女のためだと?」と落ち込みます。すると「君の初恋を終わらせたかったから。彼はセリさんを命懸けで守ろうとしてるんだ。もう終わってる、君も忘れるべきだ」と言われてしまいます。

スポンサーリンク


その頃裁判所でチョルガンの裁判が行われていました。数々の証拠を提出され、窮地に陥ったチョルガンは「捏造です。この男は南のスパイをかくまって11課の対象だと嘘をつきました。嘘を見抜いた私を陥れようとしているのです」と訴えますが、社会から隔離された区域で生涯強制労働に従事する無期の労働教化形に処す、と判決されてしまいました。

チョルガンは暴れながら「1つ見落としたな。そのせいであの女は死ぬだろう」とジョンヒョクに伝えます。

その言葉が忘れられないジョンヒョクは何度も資料を見直します。すると密輸した量と押収された量に差があることに気づき、他にも工場があるのではと考え始めます。

次の日、ジョンヒョクが仕事場へ向かうとデスクの上に「ユン・セリ代表死亡」と書かれた新聞記事が置かれていました。するとそこに一本の電話が。電話の相手はチョルガンでした。

「贈り物は届いたか?弱いムヒョクとは違って俺は簡単には死なない。俺は今からあの女を殺しに南朝鮮に行くところなんだ」と聞かされます。

セリは韓国でいつもの生活に戻ったものの、時々北朝鮮での生活やジョンヒョクのことを思い出し虚無感に襲われていました。

ベッドで寝ようとするものの、なかなか寝付くことができません。睡眠導入剤も切れてしまったので散歩に出ました。

ふと目の前を見ると韓国にいるはずのないジョンヒョクの姿が。セリは驚き固まってしまいます。ジョンヒョクは以前聞いたセリの住所を頼りに探しにきていたのです。

マンボクとジョンヒョクの部下4人はチュンリョルに集められていました。チュンリョルはジョンヒョクが韓国へ行ったことを告げます。

「君たちに頼みたいことがある。ジョンヒョクを連れ戻してくれ」と依頼されます。

愛の不時着第10話の感想と考察

セリは韓国に帰国してすぐに仕事を再開しましたが、ジョンヒョクたちとの生活が染みついてしまって物足りなさを感じているように見えました。

きっとセリは家族の仲も悪かったことから、誰かと一緒に暮らすことに楽しさを覚えていたのかもしれません。

戻ってきてからチーム長たちにも優しくなったのは、北朝鮮での生活を通じて思いやりの大切さを学んだからでしょう。

セリが戻ってきたことで後継者にも影響がありそうです。最終的に後継者は誰の手に渡るのでしょうか。

ジョンヒョクが敵とも言えるスンジュンにセリを逃すのに協力を求めていたのは意外でした。そこまでしてでもセリをなんとか韓国に返してあげたいという気持ちが、そのような行動をさせたのでしょう。

ジョンヒョクはチョルガンを追い詰めることに成功したものの、何者かの手によって逃げられてしまいます。チョルガンを裏で操っていた黒幕は一体誰なのでしょう。

ダンはとうとうジョンヒョクを諦めるように言われてしまいます。スンジュンに言われた、愛ではなく執着だ、と言われた一言が的を得ていたのでしょう。

婚約者を失ってしまったダンは今後どのようになっていくのでしょうか。

ジョンヒョクはセリを追いかけて韓国へ渡ってしまいます。さらに部下たち4人とマンボクもジョンヒョクを連れ戻すために韓国へ渡りました。

この6人は今後韓国でどのような生活を送っていくのでしょう。第11話も楽しみです。

まとめ

以上、愛の不時着第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていので、読んでいない場合はこちらから!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です