100日の朗君様第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


100日の朗君様【第13話】の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で100日の朗君様【第13話】を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

100日の朗君様【第13話】のネタバレ!

会いたい気持ちを抑えきれずホンシムの元へとやってきたユル。

隠れていたホンシムに気付き、気持ちを伝えます。

そんなユルに対しホンシムは、2人の縁はこれで終わりだと突き放します。

駆け寄りたい気持ちを抑え、ホンシムの決意を受け入れるユル。

去っていくユルを一度は追いかけようとするホンシムですが、ムヨンの静止を受け泣き崩れます。

その後、宮殿に戻ったユルは明の使臣をもてなすため会議に参加します。

会議の中で臣下たちは記憶の有無を探ってきますが、ユルはそれを上手くかわします。

さっそく世子としてもてなしをするはずでしたが、会食を前に明からきた公子が姿を消します。

公子を見つけなければ、ユルの世子としての資質が問われることに。

しかし、偶然そのことを知ったホンシムがジェユンと協力し、公子を探し始めます。

公子が女性であることを見破り、公子を助け出したホンシムとジェユン。

そこに遅れてユルもやってきますが、ホンシムを優しく労わるジェユンの姿を見て2人に近づくことができません。

その後公子は無事王宮に戻り、ユルは世子として信頼を勝ち得ます。

そしてチャオンに気を付けるように、と忠告されます。

無事会食を終えたユルは、先ほど見たホンシムとジェユンの姿が忘れられません。

ついにジェユンに、ホンシムをいつから想っているのかと尋ねます。

邸下より前からだと答えるジェユン。

その後部屋に戻ったユルに、記憶のフラッシュバックが…。

その頃ホンシムは部屋でウォンドゥクの服を抱き締めていました。

辛そうなホンシムを見て、ウォンドゥクのことは忘れるようにと諭すヨン氏。

ホンシムは努力するけど忘れられないと泣きながら外へ出ていきます。

スポンサーリンク


一方、全てを思い出せなくても、断片的に記憶が戻りつつあるユル。

自分の私物がすべて処分されたという言葉を疑い、内官の1人を調べます。

その内官はこっそりユルの私物を燃やそうとしていました。

すぐさま静止し、箱の中を見るとそこには一本の髪飾りが…。

その瞬間イソとの思い出が一気に蘇ってくるユル。

ユルはイソを想い橋へと向かいます。

一方のホンシムも、飛び出したまま橋へと向かっていました。

イソ…と呼ぶ声に振り向き、驚きながらなぜ私の名前を?と尋ねるホンシム。

そこには記憶を取り戻したユルが立っていて…。

100日の朗君様【第13話】の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

100日の朗君様【第13話】のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で100日の朗君様【第13話】を観たいですよね!

U-NEXTを使えば100日の朗君様を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

100日の朗君様【第13話】の感想と考察

ついに!ついに!記憶が戻りましたね!!

このシーンを見るためにここまで辛い2人を見守ってきたと言っても過言ではないです!

もう本当によかった!

ついにイソとユルとして再会できた2人、ホンシムとウォンドゥクとしての時間があったからこそ初恋の相手というだけじゃない、感動的な再会のシーンでしたね。

2人とも頭では一緒にいられないとわかっていても、お互いがいないと生きていけないと苦しむ前半は、見ているだけで辛くなる切ない展開でしたが、ここにきて念願のイソを思い出す展開は最高だったと思います。

一方、陰でホンシムを助け支える、ムヨンとジェユンも何かしら報われてほしいですね。

ジェユンなんてユルの嫉妬をあおる当て馬要員にしか見えなくて辛い!

それと、これまでソヘとムヨンにただならぬ雰囲気を感じてきましたが、ソヘと何かあるとなるとムヨンはどうなるんでしょうか。

ムヨンは誰より辛い状況にいると思うので、お願いだからハッピーエンドにしてほしい…。

まとめ

以上、100日の朗君様【第13話】のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

14話を読んでいない方

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です